本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

文房具にムダ遣い

a0003079_2204816.jpg

ちょっとでもヒマが出来ると、すぐその辺をぶらぶらするクセがあり、去年も(ヒマではなかったのに)ぶらっと渋谷のピカソ347(現在は改称してcocoti)へ立ち寄りました。

ここの1階には「TOMORROWLAND(トゥモローランド)」という私の好きな店があり、用もないのに覗いてしまいます。海外旅行へ行って、あ、いいなあ…と思ったものが、帰国すると置いてあるので驚きます。でも、しっかり渋谷値段になっているので、見るだけで買えません(T T)

オープンしたてのころに、ここでシックなポストイットケースをみかけました。が、ポストイットケースに3000円かあ…と考えてしまい、お給料出たら考えよっと、と店を後にしたのが運のつき。たちまち品物は売れてしまい、お店の人に絵まで描いて説明したのに、さあ…バイヤーが買い付ける1点モノだから、もう入らないと思います、と冷たいお返事。

で、先日、話題の表参道ヒルズの近くまで行ったのでついでに覗いたところ、中のショップに売ってるじゃありませんか!
a0003079_2212623.jpg


私が観たのはこれの4分の1強のサイズだったような気がするけど、これで買わなかったらまた困るかも、とぱっと買ってしまいました。ポストイットケースに3000円ですよ…。

ようやくメーカーが「L'Atelier des Tuileries ラトリエ・デ・チュイルリー」社のものとわかったので検索してみたら、日本でも輸入されてたんですね。(写真はそのサイトから)。なあんだ…。

待てよ、tomorrowlandの人はイタリア製って言ってたから、他のもあるのかな(いい加減にしなさい!)
[PR]
by silverspoonsjp | 2006-04-27 22:14 | プチ日記
a0003079_2147261.jpg忙しいときって、なぜか時間を喰うことをやりたくなりませんか?絵を描いたり、編み物をしたりしていると、なぜか時間が止まったような気がして好きなんです。折から、私の住んでいるエリアの書店では手芸本が大ブーム。近くの喫茶店では手芸カフェ(ある一定の時間、カフェで手芸をする)などの催しを始めたところもあります。

不器用だと、手芸というよりただ素材をダメにしてるだけなのが勿体なくて(泣)、なかなか手が出せないのですが、その点、かぎ針編みなら簡単。

かぎ針だけで数十冊の本があるので、選ぶのは大変です。私は、白か生成の糸しか使っていない儚げな作品が好きなので、表題のこの2冊を選びました。

a0003079_21474336.jpg
「オーガニック…」の方は、コースターやボレロ、ポーチなど、27作品が作り方付きで出ています。

a0003079_21461569.jpg
こちらはレース編みのパターンブック。これも作品はほとんど白一色です。アイリッシュモチーフ(立体的な花の形になるもの)、エジング・ブレード(布のヘリに縫いつけるヘリ飾り)など、いろいろな種類の部品が30点作れます。単体でも使えるし、組み合わせてショールなどの大きな作品にすることもできます。

作ってどうするの、と言われると困るんだけど…たいていはまたほどいて、別の作品を編んじゃいます。私にとっての○ンテンドーDSみたいなものかな?

オーガニックコットンのやさしい手編み 雄鶏社 940円
はじめてのレース編み 花のレースパターン 朝日新聞社 1400円
[PR]
by silverspoonsjp | 2006-04-24 21:58 | 素敵なヴィジュアルの本

プラハアート案内

a0003079_2215823.jpgちょうど忙しい時期と重なっていたので、雑誌「Luca」が休刊していたことに全然気づいていませんでした。この本は雑誌の特集をまとめたとのことでしたので、去年チェコへ行く前に読んでおけば良かったなあ、とちょっと残念。、まあ、ガイドブックがなかったので、逆に行き当たりばったりの楽しさがあったのも事実ですが…。

今は現地在住の方が発信するブログの方がタイムリーだし面白いので、事前にガイドブックを見ることもほとんどなくなってしまいました。わざわざ書籍を買う場合、体験談や直接役にたつものより、一介の旅行者では会えない人にインタビューしていたり、普通では経験できないことに焦点を当てて書いているものに惹かれます。この本はチェコのアニメーターや絵本作家へのインタビューがあって面白いです。

インタビュアーが「ミナ・ベルホネン」のデザイナーさんだというのも考えたなと思います。東欧文化の専門家による詳しい本は意義あるものではありますが、あまり現地の文化に詳しい人が案内役だと、かえって拾い損ねることもあるのかも、と何となくチェコっぽく見えない(?)カラフルな図版を眺めております。

エスクァイアマガジンジャパン
1365円 
詳細はこちら
[PR]
by silverspoonsjp | 2006-04-21 21:59 | 素敵なヴィジュアルの本

成分分析 on web

すみません、本じゃないんですが関連ってことで。

ラッコ庵日乗さん、foggyな読書さんを通じて知りました名前の成分解析

名前を入れるだけで分析できるんですって。

面白いから「ロード・オブ・ザ・リング」のメンツでやってみませう。

まずは、アラゴルン。

アラゴルンの71%は犠牲で出来ています
アラゴルンの11%は歌で出来ています
アラゴルンの7%はマイナスイオンで出来ています
アラゴルンの6%は濃硫酸で出来ています
アラゴルンの5%はミスリルで出来ています

なるほど、歌ね(爆)!

グリマなんてどうかしら

蛇の舌の89%は宇宙の意思で出来ています
蛇の舌の8%は蛇の抜け殻で出来ています
蛇の舌の3%はマイナスイオンで出来ています

んー言いような悪いような。

じゃ、この人は?

サウロンの51%は嘘で出来ています
サウロンの37%は白い何かで出来ています
サウロンの7%は濃硫酸で出来ています
サウロンの5%はミスリルで出来ています

結構ミスリル率高いな(笑)

旦那様はどうかな?

旦那の64%は大阪のおいしい水で出来ています
旦那の19%は気の迷いで出来ています
旦那の7%はマイナスイオンで出来ています
旦那の6%は言葉で出来ています
旦那の4%はミスリルで出来ています


つ…次行ってみよう!

アンダーヒルの48%は汗と涙(化 合物)で出来ています
アンダーヒルの38%は白い何かで出来ています
アンダーヒルの9%は気の迷いで出来ています
アンダーヒルの4%は理論で出来ています
アンダーヒルの1%は言葉で出来ています

何だか言い得て妙…でも白い何かって何さ!
はっ…まさか白いあのしとに
取り憑かれているのかしら…?
じゃ、これでどう?

山の下

山の下の77%は微妙さで出来ています
山の下の9%は成功の鍵で出来ています
山の下の8%はミスリルで出来ています
山の下の6%はマイナスイオンで出来ています

びみょ~。さすがミスリル成分は多いのね。

お次はレゴラスいってみよう!

レゴラスの60%は大人の都合で出来ています
レゴラスの23%は株で出来ています
レゴラスの8%は気の迷いで出来ています
レゴラスの7%は濃硫酸で出来ています
レゴラスの2%は心の壁で出来ています


大人の都合…大人の都合…って?

そして、一番ミスリル率が高かったのは…。

執政の45%はやさしさで出来ています
執政の34%はミスリルで出来ています
執政の9%は気の迷いで出来ています
執政の6%は着色料で出来ています
執政の6%は鉛で出来ています

何やってんだか、自分…
[PR]
by silverspoonsjp | 2006-04-12 02:12 | 「指輪物語」関連の本

雨柳堂夢咄

a0003079_215165.jpg
時は明治の末あたり、東京は根津の界隈にある雨柳堂という骨董屋さん。祖父の代わりに店番をする蓮青年の元へ、今日もいわくありげな品々がやってくる…。

長い年月を経ると物にも魂が宿るといいますが、持ち主の強い想いがこもった骨董は、想い人のところへ帰ろうと店を勝手に抜け出したり、絵から出て行ってしまったりとやりたい放題。蓮はいつもため息をつきつつ、その後始末に追われます。

「泉鏡花」か「聊斎志異」かと言った趣も少しありますが、大部分のエピソードは英国モノも描いている著者らしい、ロマンティックなストーリーに彩られています。

何か面白いマンガないかなー?と聞いたら、この道のプロたる茶道具商の娘さんが貸してくださった本なので、内容的にも確かなはず(^^)。ちょっと絵にはクセがありますが、ストーリーを追っている分には気になりません。

なんて少女趣味なお話なんでしょと呆れつつ、涙グズグズになってしまいました(喫茶店で泣きながら読んでるのは我ながらマズイと思ったけど)。
早く続きを借りなくちゃ…。

波津彬子 朝日ソノラマ
590円
[PR]
by silverspoonsjp | 2006-04-11 23:07 | センス・オブ・ワンダーの本
a0003079_23495373.jpg

まだいろいろ片づいていないのですが、リハビリ代わりにエントリーしてみます。

すごーく久しぶりに本屋さんに入ったら、山積みに成っていたので買いました。

いずれもビジュアル系雑誌としてはよく知られたものを取り上げているので、
情報としてはそれほど目新しくはないかも…。

ただ、雑誌特集というと、まずは手に取れないような特殊なものが小さな図版で紹介されているというのが定番で、この特集も残念ながらそういうページが多いけれども、雑誌を買える古本屋さんが紹介されているのが嬉しいです。

雑誌は書籍と違って、次の号が入荷するときには入れ違いに返品されてしまうので、買い逃すと後々探すのに非常に苦労します。ネットや図書館でもここ1,2年のものしか手に入らないことがほとんど。バックナンバーを置いているところの情報は有り難いです。

阪急コミュニケーションズ
600円
[PR]
by silverspoonsjp | 2006-04-10 00:02 | 素敵なヴィジュアルの本

す~み~ま~せ~ん~☆

皆様こんばんは。ネタは細切れにご用意しておりますのですが、気持ちが落ち着かずなかなかまとめられない今日この頃、どうぞお許しください。うう…今日で一件落着と思ったのに、東京○スとクリーニング屋の○カ~!!

以下私信。
>foggyかおる様
バトンお待たせしております。願ってもない題材、腕が鳴る!(いえ、大したネタはございません…)のですが、画像を集めてからと思っておりますのでもうちょいお待ちくださいませ。
[PR]
by silverspoonsjp | 2006-04-08 01:35 | プチ日記

Vは新入生のV(え?)

皆様こんばんは。とってもご無沙汰しております。何かやり出すと他のことが手に付かない単線配列でお許しください。早くゆっくりブログを書く生活に戻りたいですーT T

さて、そういいつつも、用事の合間に皇居へ桜を見に行ってみました。
土曜日ということもあり、花見客で大にぎわい。

北の丸の武道館では

「國○院 水で割ったら 国○舘」

という有名なコピーで知られる(ケッサクだと思うけどダメ?)
某大学の入学式も行われておりましたが、招かれざるこんな客も…。

a0003079_19351081.jpg


つまり…。

a0003079_19352363.jpg


わかる人にはわかるという意味あるようなないような宣伝でしたが(プラカードくらい持っとけ!)、きっと映画「V フォー・ヴェンデッタ」(VはヴェンデッタのV、くらいの意味?)
の宣伝なんでしょうね~。

海外評価じゃBマイナスもくらっておりますが、ヒューゴさんが出るならC級だろうと見る!…つもりです。ずっと仮面をかぶりっぱなしという噂もありますが、アンディ・サーキスのファンならゴラムちゃんやキング・コングも見るでしょ?見ますよね?
[PR]
by silverspoonsjp | 2006-04-02 19:43 | プチ日記