本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

お待たせしました!世界SF大会(ワールドコン)お勧め企画の第二弾は、ちょっと敷居が高い?英語オンリーの企画です。

しかし!せっかくリアルタイムで世界のSFの最先端が実体験できるのですから、ここは冷やかしでも参加してみない訳にはいかないでしょう。

なお、こちらに御紹介したプログラムは変更/中止の可能性があります。
必ず、下の↓タイムテーブルをチェックしてください。また、当日は場内で配っているニュースレターを見て変更をチェックしてくださいね。

それほどSFファンって訳でなくても楽しめるかも…というのが選定基準ですので、もっともっとディープな企画もたくさんあります!詳しくはタイムテーブルまで。

当日チケットもありますから、興味のある方は諦めずに会場まで!

・カフェクラッチェ
 世界の有名作家とのお茶会

・サイン会
 誰がいつやるかはタイムテーブルをチェック。

・リージェンシーダンス
 イギリスの1800年代のダンスが習えます。きっと面白いと思う。

・必然のGoogleパネル(The Inevitable Google Panel)
すごいメンツが冗談半分に予測するグーグルの未来。

・ファンタジーとSFでの階級社会(Class-Based Societies in F&SF)
言われてみれば何でSFは階級社会が好きなんだろ?
セシリア・ダート・ソーントン、 エドワード・ジェイムズ、 ハイディ・リショルによる豪華ディスカッション

・ファンは速く読めるのか?:速読ワークショップ(Do fans read faster? A Speed-Reading Workshop)
SFファンは一般の人より本を読むのが早いのか?って…SFの本と筆記用具と紙を持っていけば、その答えがわかる!

・キラー・B・パネル(The Killer B's)
これはワールドコンらしい企画ですね…。アシモフの続編を任されたブリン、ベンフォード、シルバーバーグの3人によるロボットと未来の予測パネル。

・ハッブル宇宙望遠鏡から見た宇宙の最新プレゼンテーション
(The Universe as Seen from the Hubble Space Telescope)
これはかなり面白いと思います。プレゼンテーター、インジ・ハイアさんも面白い。

・たわごと
Gibberish
エルフ語みたいな人工言語に関するディスカッション。

・SFとファンタジーに対するケルトとイギリスの影響(Celtic and British Influenced SF and Fantasy)

・自由意思か?神経科学か?(Free Will? Or Neurochemistry?)
要は「時計仕掛けのオレンジ」系の話かなと想像してるのですが…。

それでは、ワールドコンでお会いしましょう!
[PR]
by silverspoonsjp | 2007-08-24 00:13 | センス・オブ・ワンダーの本
2007年8月30日(木)~開催の世界SF大会(ワールドコン)のタイムテーブルが発表になりました。
詳細はこちらです。

すごい数なので、どのプログラムに行っていいのやら…と迷っていらっしゃる方向けに(たぶん)外れないだろうと思われるオススメ企画をピックアップしてみました。
SF大会の常で、変更・中止もありますので、会場内で配られているニュースレターでチェックしてくださいね。

なお、私自身は下記のプログラムのいくつかと、今後出版予定の書籍のプログラムとか、翻訳関係のプログラムとか、ハードSF関係のプログラムを見に行こうと思ってます。

なお、英語のみのプログラムはこちらに情報があります。
当日参加者に配布されるプログラムには企画内容の日本語訳があるはずですので、英語はわからないけど行くだけ行って見るか…という勇気のある方はご参照ください。

では、行きますよ!

◎通し企画
・カフェ・サイファイティーク
 メイドカフェの男性版。マッドサイエンティストがお相手するそうです。
・カフェクラッチェ
・サイン会
海外の作家さんとのお茶会やサイン会。誰が来るかは
http://www.nippon2007.us/program_participants.phpをどうぞ。
・アートショー(展示ホールA)
・ファンジンアレイ(日本のSF関係の同人誌を発売します。)

【8月30日(木)】
1600 ・Music of 伊福部昭
1700 ・知られざる日本のアニメ、漫画
1900 オープニング
     あっと驚く趣向がある…かもしれない。

【8月31日(金)】
1000 ・小松左京ほかのディスカッション
     ・コミックマーケット協力企画1 コミックマーケットとは何か
     ・異世界ファンタジーと大長編世界
      テリー・プラチェットとひかわ玲子が集結します
     ・エンタの神様は沈黙せず
      と学会の山本弘氏による語りの会。毎度大盛況の人気プログラム
1200
     ・Basics of Book Design and Publishing
     ・手塚治虫はこうして生まれた」
      夢枕獏登場!
     ・現代日本SF展望
      てっとり早くトレンドを知りたい方はこちら。高千穂遙や谷甲州などゲストも豪華。
1400
     ・SF翻訳というお仕事
      浅倉久志など日本を代表する翻訳家と海外作家のコラボ。
     ・デンキネコ それなりにおおきめの上映会プラス
16:00
     ・ファンタジーと伝承音楽
     演奏あり。

【9月1日(土)】
    ・ベンフォード氏と語る
     ホントー!?
1000
    ・A Scanner Darkly 上映
1200
   さあー困った、この時間帯は分身の術を使うしか…
   ・シルヴァーバーグ氏と語る
   ・サイバーパンクの部屋
    アイリーン・ガン登場!
   ・SF系必殺技研究所
   ・中つ国上級公務員試験2007
   ・Regency Dance
    1階ホワイエでの通し企画
1300
   ・日本におけるトールキンの翻訳について
   ・V for Vendetta 上映
1600
   あっ、ここも分身の術を使うしか…
   ・SF奇書の世界
   ・バルバラ異界とポーの一族のはざま
   萩尾望都先生来場!!
   ・すごい科学で守ります! 東映スーパー戦隊SF考察
    人気企画。戦隊ものファンの方は是非。
1800
   ・ヒューゴー賞授賞式
   メンバーシップを買って入場した方のみ参加可。
【9月2日(日)
1000
   ・日本特撮の映像快感
   特撮好きの皆さん、このプログラムを見ないで、何を見る?
   大人気、池田憲章によるプログラム
   ・対談パネル 天野喜孝×ボブ・エグルトン
   人気イラストレーター2人の対談
   ・Guest of Honor David BRIN 通訳付き。デビッド・ブリン講演
  ・Gibberish
   ・遂に上映禁止! 河崎実監督が語る日本以外全部沈没のヤバイ話!!
   ・ショートーカン・カラテ・ワークショップ(1階ホワイエ通し企画)
1200
   ・ゴジラ2007
    アメリカのアーティスト兼ゴジラおたく、ボブ・エグルトンが語り倒す!(予定)
   ・押井守×高橋良輔 対談
    おっ、これは海外の人にも人気ありそう
   ・SFセミナー:ディスクワールドことはじめ
   ・星雲賞授賞式
1400
   ・円谷プロ協力企画 どうして怪獣は現れるのか?
   ・Upcoming Books from Tor(トーブックスの新刊予定)
   ・涼宮ハルヒの秘密
1500
   ・SFセミナー:テッド・チャンインタビュー 
   ・マスカレード
   要はコスプレ大会ですが、大会のハイライト。海外のは本格的(のはず)。しかし…トール 
   キン・オクソンムートで見たときは眠かったけど…
1600
   ・テスラ・ガーンズバック連続体」
    テスラコイルの実演あり。
   ・メカデザインと監督のおもしろさ
1845
   ・ドンブラコン
   公式クルージング。ゲストも多数参加。別途料金が必要です。まだ申し込みは大丈夫だと思いますが、Nippon2007の公式サイトをチェックしてみてください。

てなところで、お楽しみにー
[PR]
by silverspoonsjp | 2007-08-19 00:59 | プチ日記
こんばんは。暑いですね。
暑いからつい、グチっちゃいます。

私事でございますが、エアコン付けっぱなしで寝るとすぐ風邪を引きます。
これまで、住まいが新宿区だろうが渋谷区だろうがエアコンを付けませんでした。ヒートアイランドも何のそのです。

それが可能だったのは、家を借りるときに、絶対に並行して窓があることをチェックしてから借りてたからです。

今度の家は、きっちり対向ではないものの、風の流れそうな方向に窓があるので大丈夫だろうと思ってました。実際、春に引っ越してみると、それなりに風も通り、こりゃ年中エアコン知らずだ♪と喜んでおりました。

あにはからんや、ここに伏兵があろうとは!
(↑使い方合ってるでしょうか?)

なんと、ご近所さんが皆エアコンの室外機を拙宅に向けて付けているため、熱風&騒音地獄で窓なんか開けて寝られやしないのでした。

うちなんかよりずっと通風いいはずなんだからエアコンなんか使わなければいいのに…とは思えども、他人様の家の事情に口出しもならず、何だか非常に理不尽に感じつつも、今夜もエアコン付けて休むことに致します。嗚呼。

皆様お住まいの地域では如何でしょうか。
[PR]
by silverspoonsjp | 2007-08-11 23:55 | プチ日記
最近、恐れ多くも芭蕉の句を中国語訳する機会があり、日本の短詩についてちょっと考えさせられました。他の言語に訳してしまうと、「だから何だ」って感じになっちゃって、難しいんですよ。

試訳したのを見てもらうと、「漢詩の起承転結の4行のうち結の行だけしか書いてない」みたいな印象を与えてしまい、難渋しました。切りつめたミニマムな表現というのは、余白のある絵と一緒で、書いてない部分があるということを察してくれない読み手に当たると困っちゃうんですよね…。

しかし、まだ芭蕉の方がやりやすかった、というのが、川柳を読んでみてわかりました。詩の訳は難しい。でもコメディはもっと難しいんですね、これが。

川柳といえば、私あたりがすぐ思い出すのはサラリーマン川柳。でももうこの辺でも、翻訳してわかってもらうのは難しそうだし、世相をあまりにも良く反映してるせいか、10年もしたら日本人にもわからなくなりそう。

と思っていたところ、ちょうどこのサラリーマン川柳が始まったくらいの時の本を読む機会がありました。田辺聖子さんが編んだ「川柳でんでん太鼓」という本です。

川柳がそういうものなのか、あるいは選んだ人によるものなのか、気取りがないけど、俳句とはまた違った視点ではっとさせられます。

「賞のないのが川柳の栄光」という精神がいかにも大阪らしいです。大阪弁がまた良く合ってるんですよね~。

「命まで賭けた女てこれかいな」   松江梅里

「院長があかんいうてる独逸語で」  須崎豆秋

 後のなんか、東京弁だったらシャレにもなりません…。ただ言葉の違いだけじゃなくて、編者いうところの「人や世間を見るその心の底に、愛というか、批判性というか、人生への見識がなくてはかなわない」という点を良く押さえてありますよね。

ゆるくカテゴリーに分けた編集になっていて、動物を詠んだものがお気に入り。

「悪い事と知ったか猫もふり返り」  岸本水府
「籠を出たうれしさに鶏けつまずき」 上松爪人
「溝まで来て ひよこ一ぺん考える」 刀三
「水すまし思案は少し流れてみ」   東野大八
「立ち話長うて犬も坐り換え」     橘高薫風


あるあるある…。かと思えば人間様も

「社長と昇ったエレベーターは遅刻の日」竹志
「人間を変えられないで職を変え」植松美代子

だの
「酒ついであなたはしかしどなたです」橋本緑雨
「落ちぶれてまだ鍵だけをたんと持ち」吉川雉士郎

だの…。

解説文も川柳にふさわしい内容なのが嬉しいです。
ちなみに私が一番好きだったのはコレ。

「言いますけど大屋政子に勝てますか」 忠三郎

え。大屋政子を知らない?んーそりゃ困った…

講談社(現在は文庫に入ってます)
[PR]
by silverspoonsjp | 2007-08-09 23:27 | センス・オブ・ワンダーの本
この短編集にはタイム・トラベルらしきものが出てくるので、カテゴリーとしてはSFに入るんでしょうが、どちらかといえばアメリカ文学の伝統というか、そんなものを感じます。

ごく普通の小市民が主人公であり、不可解とはいえ、まあそんなこともないとは言えまい、くらいのいきさつがあって、どこか読み手をほっとさせる結末があって終わる…。

プロットや語りの面白さだけで読もうとすると、大したことはない話と読み飛ばしてしまうかもしれません。だとしたら、あと10年くらい経ってから、読み直して見ると良いかもしれません。

この種の物語に込められた機微を理解するには、自分が似たような境遇に遭ったという経験か、そうなったらどうだろうと思う想像力か、どちらかが必要なようです。

ということで、全ての方にお勧めとは言えませんが、映画で言えば…そうね、オシャレじゃないウディ・アレンのような、そんな感じですね。

95年に亡くなっておられるので、ワールドコンでお目にかかれないのは残念ですが…。

早川書房 2000円
[PR]
by silverspoonsjp | 2007-08-07 20:20 | センス・オブ・ワンダーの本

遺す言葉、その他の短編

もうワールドコン開催まで幾日もなくなってしまいました。
本読むヒマもないというこの矛盾した状況。しかし、企画に名前が挙がってる人はきっと来日するだろうから予習しておかねば!

ということで本日はアイリーン・ガン。何せこの本のカバーの「略歴」のコーナーに、2007年横浜で開かれる世界SF大会に参加予定って書いてあるんだもん(来日しなかったらすみません)。

しかしカバーに刷るとは大胆な、絶対来年までに増刷する見込みがあるのねH川書房よ!
あ、いえ私たちが買って増刷して頂くんですね、すみません(低姿勢)。

非常に遅筆だということと、創生期のマイクロソフトに勤めていた、というので知られている作家です。

短編集なので内容を書くと必然的にネタバレになってしまうので書きませんが、自分の一部を何か(傍目にはつまらないもののために)に明け渡してしまう、という話を読んでいると、●イクロソフトっていうのは怖ろしい会社だったのかなーとぼんやり考えてしまいます。

鳥好きとしては、「コンタクト」が嬉しい作品です。
「時間は一方にしか流れないが、精神はおもしろいことにそれを超越する」かどうか、まずは読んでみてください。

1800円
早川書房
[PR]
by silverspoonsjp | 2007-08-06 23:27 | センス・オブ・ワンダーの本

うさぎが来た!

今日は風が強いなと思ってたら台風の影響らしい。しかも名前は「ウサギ」…。
確かに、2000年から呼び名が変わったのはここで知ってましたが、
聞き慣れない単語ばかりであまり気にしてなかったのに。

リストを見ると、神様の名前とか地名とか、それなりに台風の名前らしい各国と比べて、
日本は星座の名前って何考えてるんだろう。
しかも星座名と言ったって、「すばる」とかじゃなくて「コップ」「てんびん」「とかげ」…

台風「トカゲ」による壊滅的な被害。

受けたくない。

台風「コップ」で行方不明7人。

……。

次にネーミング会議が召集されたら、
「スシ」「トウフ」「ヤキトリ」「スキヤキ」などを提案した方がまだマシなのではないでしょうか。「非常に勢力の強い台風スキヤキは北北西に進路を変え」(もうええっちゅうねん☆)
[PR]
by silverspoonsjp | 2007-08-01 22:22 | プチ日記