本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

おととい、昨日と雨が降ってしまい残念でした…。
雨の日は本を買いに行く人少ないですよね。
今日は良いお天気なので、出かける方も多いでしょう。

さて、神保町へ来て本屋さんへ行くのは当たり前?なので、
ついでに行くところを御紹介しましょう。

神保町近辺のわかりやすい地図はこちら

さぼうる通り
…って名前があるのかどうか存じませんが、神保町駅A7出口を出て、右手にあります。三省堂の裏口に突き当たるまでの本当に短い路地です。ここには…

さぼうる
今さら説明するまでもない、神保町の看板喫茶店。ここだけ中央線沿線っぽい…。

福果
さぼうるの並びの木造一軒家の2階にあるギャラリー。貸しギャラリーだそうですが、いつも素敵な展示です。

六法
さぼうるの並びです。
昼はリーズナブル。全くメニューが置いてないのでビビリますが、一見さんもOK。ちらしずしがおいしいです。

ビッグボーイ
これもさぼうるの並びにあるジャズ喫茶。外からかなり丸見えなのが気にはなりますが、良い曲をかけます。

白山通り
神保町A5出口を出たところ、本屋街から見ると、神保町交差点を水道橋方向に渡るエリアです。ここから白山通りに沿って水道橋駅まで歩くことができます。白山通りから脇道に入ると、小さな書店や古い教会、御茶ノ水駅方面に上がる坂など、ぶらぶらするにはちょうどいい場所がいろいろあります。AMULET(場所がちょっと移動しました)など、かわいらしいお店もありますので探してみてください。

幹線道路なのに良い感じなのは、両脇に高いビルがないせいかもしれません(現在は)。神保町も長らくこういう雰囲気でしたが、最近はどんどんビルに建て替えられてしまって、こぢんまりした居心地の良い街が変わってしまい残念です。どこも大手町みたいにする必要はないのにね…。とはいえ、春日駅の方からどんどん高いビルが押し寄せて来ていて心配ではあります。
[PR]
by silverspoonsjp | 2007-10-28 09:08

【神保町】お昼ごはん編

さて、神保町攻略、続きましてはお昼ご飯。
基本的に女子向けで御紹介しております。殿方の皆様、お許しを。

まず、プランニングの基本は、

平日12時~12時30分の間に飲食店に入ろうとしない。

ことです。この時間はものすごく混んでます。でも1時になればほとんどのお店は空いているので、ちょっと待ちましょう。

もう一つ申しますと、日曜日はファミリーレストランかファストフード店、ホテル内にある店、スターバックスなどチェーンのコーヒー店(休むところもあります)くらいしか開いていません。

さて、こういった状況を考え合わせてオススメなのは…

ロー・バジェット派
・オープンエア(?)でランチ
実は私がいつもコレです(笑)。スポットとしては、
・明治大学のキャンパス
・錦華公園
・皇居のお堀端
・J-City前広場
がございます。特にJ-City前は座れるように、ベンチや腰掛けられる高さの台がたくさん付けられていて、気兼ねなく過ごせるので天気が良いときにはオススメです。
ここで、
・「すずらん通り」の「おにぎり小林」(以前はフルーツ小林だった)の出来たておにぎりを食べれば地元民度アップ!
・ちょっとリッチに「笹巻きけぬきすし」をテイクアウトするのも可(せっかく行ったら、ニコライ堂も参観しましょう)
であります。

ちなみにJ-Cityは神保町駅A9番出口を出たところ(そこがJ-Cityの建物なんですが、建物沿いに歩いていくと広場がある)か、靖国通りを三省堂前の駿河台交差点で右に入り、ずーっとまっすぐ皇居に向かって歩いていくと右側にあります。
・買っていくのが面倒くさい人は、広場の前がタリーズコーヒーなのでそこで何か買ってください。           
・せっかく神保町までいらしたのなら、ぜひ和菓子の「ささま」にお立ち寄りください。

ちょっとリッチ派
お昼はお店で食べたい、という方に、いくつか御紹介しましょう。

エル・チャテオ・デル・プエンテ 
秋葉原から御茶ノ水に向かう線路沿いにある、スペイン料理のお店。JRの高架下です。喫煙席の方が神田川に臨む良いお席。わざわざここを目当てに行くほどでもないけれど、昼はとてもお得。

味噌鐵カギロイ
全国各地の味噌を使った料理。ちょっとわかりにくいですが、非常に神保町らしい一角にあります。

Folio
神保町らしいといえば、本屋がやってるこのお店。コーヒーはおいしいんだけど、ランチがね…運が良いとおいしい。悪いと最悪。ここは運だめしでどうぞ。

三幸園 すずらん通り店
ここを人に紹介する日が来ようとは、という店ですな…。中華です。真っ昼間なのに入るとホストクラブのような雰囲気。そう、女子に大人気な訳はそこにあったのでした。ランチはお得です。でも私がいつも注文するのは五目やきそば(笑)。12時から13時は激混みなので避けましょう。

スヰートポーズ
餃子のお店。定休日が日月なのでお気をつけください。しばらく行かないと無性に行きたくなるお店。本場の味です。私は、焼き餃子と言えばここの以外は食べません。マジです。水餃子と包子はまあまあかな。あ、店名はスイートですが、甘いものとは何の関係もありません。

松翁
・神田のそば屋とか言って、神保町近辺にはロクな蕎麦屋がありませんが、ここのはちゃんとしてます。「まつや」は遠いしね…。

スタイルズカフェ
生パスタが食べたいときはここ。遅めに行って、良い椅子に座ってゆっくり本を読む、というのもいいかも。近くに上島珈琲店が2つあるんだけど、どちらも落ち着かないので。
カフェについては、ブログ内にほかにもいくつか御紹介しております。

雰囲気重視派
Latin(ラタン)
味でいうと、同じ建物に入ってる和食の「二色(にしき)」の方が好きなんですけど、ここは洋館好きの皆様には雰囲気を味わって頂きたいところ。同じ建物にある中華「紅楼夢」はちょっと変わった個室になってるので、何人かで予約して行きましょう。味は普通&ちょっと高めですが、ま、雰囲気雰囲気。

クイーンアリス・アクア
竹橋の近代美術館のテラスにあるお店。まさに雰囲気のみと言っても過言ではない(?)んですが、天気の良い日は出かけたくなります。サービスの悪さで有名な神田近辺の中でも札付きです(少しは改善されたんでしょうか)。寛大な気持ちで出かけましょう。
[PR]
by silverspoonsjp | 2007-10-24 23:50

【神保町】お泊まり編

神保町へいらっしゃい♪第2弾は神保町の宿泊場所、オススメのホテルのご案内です。

わざわざ泊まりがけで来る…という方も少ないでしょうが、念のため。

まずは、一番近くてイチオシなホテルはずばり、こちらです。

サクラホテル

さすがに泊まったことはないんですが、一階のコーヒーショップは旅人のたまり場になっていて、いつも楽しそうだな~と思いつつ、前を通っております。海外ではよくこういうホテルに泊まるんですが、日本にもちゃんとあるんですね。一人旅の方が友達が出来やすい、というのはこういうホテルに泊まるからなんですよね。街のど真ん中なので、あまり静かとは言えないと思いますが、話のタネに。

バックパッカーじゃないから個室に泊まりたい、という方にオススメなホテルはこちら。

学士会館

会員のお友達がいるとかなりお得かも。内装、外装ともクラシックなホテル。
似たタイプのホテルの九段会館もお勧めです。こちらは一駅先の九段下になりますが、靖国通り沿いはずっと古本屋街ですので、神保町まで歩いてどうぞ。お堀側に泊まれればラッキー!

会員優先なので予約はちょっと取りづらいですが、KKRホテル東京も実は徒歩圏内にあります。近代美術館散策もついでにどうぞ。

さて、いきなりランクアップしますが、次は有名どころ。
山の上ホテル
でございます。こちらは文士が缶詰めになるので有名。泊まれないまでも、お茶してみるのは良い思い出になるかも(高いけど…)。

少し離れたところでは、
アグネスホテル
がございます。こぢんまりしていて、神楽坂散策もついでに楽しめます。

リーズナブルかつ便利なのは
東横イン春日文京区役所前

東京ドーム至近なので日によっては予約が取りづらいですが、リタイヤされた方には特別の料金設定があり激安なので必ずお勧めしてます。部屋も綺麗でコストパフォーマンスがとてもいいホテルだと思います。都営三田線に乗ると神保町まで2駅ありますが、歩いても20分くらいです。

2駅乗るといえば、こちらの
レム日比谷
もオススメです。宝塚劇場の向かい、帝国ホテルの横にあり、気軽に入れるし使えるカフェが入ってるし、はっきり言って帝国ホテルより私は好きですね。

意外な穴場としてはこちら、
日中友好会館ホテル
特にシングルのお部屋はとっても落ち着く内装です。飯田橋駅から近いので、同じく神楽坂散策や後楽園の庭園も楽しむことができます。

おっといけない、忘れてました。まるっきりビジネスホテルですが近いといえばこちら…。

ホテル・ヴィラフォンテーヌ

が神保町からの距離としては一番近いです。

それから、オススメは致しませんが、一番安く泊まれる方法としてはこちら、
Spa施設ラクーアに一晩居る、という手があります。泊まるというよりは椅子で休憩、という雰囲気ですが格安です。スーパーやコンビニ、カフェ、レストラン、ショッピングモール完備なので、便利さだけから言えばイチオシかも。

最寄りが春日ですので駅としては神保町まで2駅ありますが、隣の水道橋駅までは白山通りを歩けば本当にすぐですし(道路を通らず、後楽園遊園地の園内を経由しても行けます)、水道橋駅を過ぎると両側が書店やビデオ屋さんになるので、きょろきょろしてるうちに着きますから、お時間があれば面白いかもしれません。春日駅周辺にはビジネスホテルや旅館も多数あります。

そうそう、後楽園内には東京ドームホテルもありましたね。

その他、日比谷、大手町、銀座のホテルは電車で10分以内ですし、新宿・渋谷からも乗り換えなしで来られます。前後に予定をくっつけて、ぜひ遊びにいらしてください!
[PR]
by silverspoonsjp | 2007-10-23 00:36
2007年10月26日より、いよいよ「神田古本まつり」が開催になります。

ということで、今週はちょっとヨーロッパ編を中断して、せっかくおいでの皆様に、神保町近辺の話題をお届けいたしましょう。

さて、まずは神田古本街と言いますが、場所はおわかりでしょうか?
わかりやすい地図はこちらにあります。

(↑リンク先の地図をご参照頂ければすぐわかると思いますが、下にAAで略図を描きます。ズレませんように…)
最寄りは近い順に東京メトロ神保町、都営地下鉄小川町、東京メトロ竹橋、JR御茶ノ水、水道橋です。
神田駅からは20分以上かかります!
JR御茶ノ水からは徒歩15分くらいでしょうか。
中心になる場所は、靖国通り、すずらん通り、白山通り、さくら通りになります。
                     
                     東京メトロ 御茶ノ水/新御茶ノ水       
    水道橋           JR御茶ノ水===========秋葉原
                     ||                     
                     || 
                     ||                 神田
                     ||                          
           東京メトロ   
           都営地下鉄  ★
 九段下===== 神保町      ==========小川町
                 
                     ||
                     || 
                     ||
                竹橋
               
お間違えなく…。
近い順に、都営地下鉄新宿線(神保町駅)、都営地下鉄三田線(神保町駅)、
       東京メトロ半蔵門線(神保町駅)、東京メトロ東西線(竹橋駅)、
       JR御茶ノ水駅、東京メトロ千代田線(新御茶ノ水駅)、
       東京メトロ丸の内線(御茶ノ水駅)、JR水道橋駅
となります。

ということで、大手町、新宿、渋谷、日比谷までは乗り換えなし。御茶ノ水から歩いてくるなら、池袋、東京も乗り換えなしで、いずれも30分以内に着きます。

意外に交通の便が良い神保町。皆様のおいでをお待ちしております。




[PR]
by silverspoonsjp | 2007-10-21 23:58
a0003079_0292040.jpg


イタリア編の続きです。

いかにも重厚な構えの本屋さん。中に入ると、上から下まで作りつけの木の書棚が彫刻的で素晴らしかったです。商談中だったのでお邪魔しちゃ悪いと思って、写真を撮らせて頂かなかったのですが、今思えば、待っててお願いすれば良かった…

a0003079_0331574.jpg

a0003079_0334032.jpg
[PR]
by silverspoonsjp | 2007-10-18 23:50 | 書店めぐり海外編
a0003079_2226646.jpg


イタリア編の続きです。

美術館での楽しみの一つは、関連書籍を売ってるスペースに立ち寄ることです。ヴァチカンの美術館とかフィレンツェのウフィッツィ美術館とか、大きな美術館・博物館はもちろん、単体の遺跡でも観光スポットではだいたい本を売ってました。

ピサの斜塔も例外ではなく、きちんとしたウンチク本が、各国語版で売られていました。日本語のは残念ながらなくて(日本のお客さんは買わないんでしょうか…いえ、きっと売り切れたんですね。そうに違いない)中国語版を買いました。

A6サイズくらいのハンディな本ながら、斜塔の歴史からときおこし、倒れそうな斜塔を救うため、これまでどんな手だてが考えられてきたのかを、豊富な図版で解説している本です。物理学的にはとっくの昔に倒れているはずの塔がなぜ倒れなかったのか、修復するならなぜ真っ直ぐにしないのか、などなど、いろいろ紹介されています。何かの役に立つってわけでもないのですが、ご当地グッズとしては面白いです。

ISBN887781831 X
Valeria Caldelli、Giuseppe Meucci共著
Pacini editore 2006年
[PR]
by silverspoonsjp | 2007-10-17 22:39 | 書店めぐり海外編
a0003079_23471432.jpg
フィレンツェから列車に乗ること1時間で、ピサの町につきます。まさか斜塔を見に行くことになるとは夢にも思ってませんでしたが、ガリレオ・ガリレイが実験をしたという、理系にとっての聖地なんだそうです。

遠目にはずいぶん小さく見えたので、世界三大がっかりに登録か?と思ったら、近づくにつれて巨大に見えます。その傾きっぷりたるや、斜塔というより、明日明後日にも倒れるのでは?という感じなんですが、これで何百年も立ってるだから不思議なものです。

斜塔広場でゲットした参考書の紹介は後日に致しまして、本日はピサで通りかかった本屋さんを御紹介しましょう。

a0003079_002780.jpg
la Feltrinelli Librerieというお店で、入り口は何の変哲もない街の本屋さんですが、入ると↑写真のように、奥に木の茂る中庭が広がっています。

a0003079_23584962.jpg
テントが見えますが、その後ろはアルノ川で、とても素敵なロケーション。木陰にはベンチも置かれ、静かに本を読む人の姿が見られました。

ピサは大学もあるせいか学生が多く、とても居心地の良い街でした。本屋も大繁盛で、急いで通り過ぎちゃったのが残念です。
[PR]
by silverspoonsjp | 2007-10-11 23:53 | 書店めぐり海外編
a0003079_23404080.jpg
ボローニャという街は、フィレンツェとヴェネツィアの真ん中へんにあります。
ということは、ローマ→フィレンツェ→ヴェネツィアに行く予定だったんだから、途中に寄れば良いんですね、普通はね。
ところが、サン・マリノに寄りたいという連れの強い希望がありました関係上、先にボローニャに行ってフィレンツェに戻るというムダな旅程になりました。

で、夕方から翌朝までほんの半日滞在の予定だったので何の期待も予習もしてなかったボローニャでございますが、一番おいしいレストランと一番オイシイ本屋さんに当たったのがこの街でした(旅行とは得てしてそんなものです)。

レストランといったって、教会の脇にある、ピザーラが外に椅子出してます程度の店だったんですけど、パスタもピザもすごくおいしかったです。ただ、この店が特においしかったのか、ボローニャの店はどこもおいしくてここはまあまあだったのかはナゾですが…。わざわざ行くほどじゃないと思いますけど(たぶんここだと思う)。

で、おいしいご飯を食べおわって、8時を回ったので軒並みシャッターを閉めてる商店街を歩いていくと(イタリアのたいていのお店は夏期は7時半までなのです)、明かりのついた半地下の書店があり、通りから見えるウインドーに50%何とか!(←何とか!の部分はイタリア語)とベタベタ貼ってあります。しかも店番のあんちゃんはずーっと携帯でしゃべってる様子。

安売りの本屋に良い物が置いてあった試しがない…とスルーしようとすると、連れがずかずか入っていくではありませんか。仕方なくついていくと、あるわあるわ、美麗装丁本の山が…。

こちらもレストラン同様、イタリアの本はみな装丁が良くて、ここが特別良い本を置いてた訳ではないのか、それともそれなりに選んだ本を並べてたのかはよく分かりませんが、並製本で洒落たデザインのものがたくさんありました。建築、美術はいうに及ばず、フェンシングの教本なんて、図版がいっぱいでちょっとレトロな色遣いの本もありました。

日本でいうとクレストブックスみたいな薄手のシリーズで、でも各冊違う、ちょっと和紙っぽい紙を使った装丁のシリーズもありました。世界の文学シリーズでしたが、日本の作品では石川啄木と小林多喜二が入ってました。イタリアは共産党が強いと聞いてたけど、プロレタリア文学のシリーズなのかしら…??

ここで買ったらあと何日も本をかついで歩かなきゃいけないので、買うのはやめとこうと思ったんですけど、どうしても欲しい本が見つかってしまい、結局買っちゃいました。

「I Luoghi Della Memoria Scritta」という本で、メディチ家や大学の図書館などいろいろなところに収蔵されている本を紹介したものです。
50ユーロのところ、半額の25ユーロ。

a0003079_23412192.jpg
しかしイタリア語が読めない(&常識のない)私は、よその国で出た何かの本の翻訳かもしれないと思い(英米の本ならイタリアで買う必要ないですもんね)、買う前に一応、携帯で電話してた兄ちゃんに確認してみました。すると
「これは国立の機関で編集したものですよ(印刷造幣局とか言うらしい)。良い本を選びましたね」
と言ってくれました。うーん、このセリフ!お世辞だろうけど、本を買おうとしてる人には嬉しいですよね~。

私はかねがね、イタリアには

マフィアのパシリ風
マフィアのボス風

の2種類の男子しかいないと思っていたのですが、そういえばこのお兄さん、上のどちらにも当てはまらない、文学青年っぽいイタリアでは珍しいタイプの人でしたね(偏見)。
お店でかけてる音楽も面白かったので、これイタリアの曲ですか?と聞いたら、
「いや、フランス。パリ・コモってグループの」
と言ってたので、帰国したら探そうと思ってたんだけど見つかりません。ご存じの方がいたらぜひ教えてください。よろしく!

書店の名前はEdison-Il Portico。チェーン店みたいです。

ISTITUTO POLIGRAFICO E ZECCA DELLO STATO
ISBN 88-240-0351-6
504ページ オールカラー
[PR]
by silverspoonsjp | 2007-10-10 23:52 | 書店めぐり海外編
a0003079_018656.jpg

お次はヴァチカン市国へと参ります。
さすがに本屋は見かけませんでしたけど(?)
ここの美術館は凄かったです。

イタリアの美術館で有名どころに入るのには大行列と聞いていたので、いくつか日本から予約して行きました。現地HPから申し込み、予約番号の入ったwebページをプリントアウトして持って行くという仕組みです。
ただ、やりとりに結構時間がかかり、ヴァチカンの分だけ、最終の返事が来る前に出国してしまいました。

ローマについてから問い合わせると、クレジットカードが上手く認識できなかったので予約はできてませんとかで、結局、行列に並ぶ羽目になってしまいました。朝の10時から延々1時間半…(今日わかったことですが、海外から勝手に料金を引き落としていると疑ったカード会社の人が、良かれと思って止めてくれたらしい。それも困るんですけど…おかげで、市内あちこちからメールにアクセスする羽目になり、時間もお金もかかりましたよ…しかも、メールを盗み見られたのではという心配もあるし)

さて、それはともかく、ようやく美術館に入ってから、私と連れの直行した場所はずばり、「初期キリスト教美術の間」。どうも皆さん、ラファエロやミケランジェロ以外は興味がないらしく、大行列して入った美術館なのに、何とここは(警備の人を除けば)二人っきりの貸し切り状態!

何といっても、ローマは初期キリスト教美術の地。出土した石棺だの墓碑だのが、これでもかこれでもかと展示されている様子はまさに圧巻であります。レリーフには文字が刻まれており、稚拙なものからアンティック風の美しい書体までよりどりみどり。文字デザインに興味のある方、ヴァティカンにいらしたら絶対外さないでください!あっ、こんなのもあるあんなのもある、と大興奮で走り回る私たちを、警備の人たちはうさんくさそーな目つきで見ていましたっけ…(良い子は美術館で走ったりしてはいけません)。

このために何ヶ月も前から「ラテン語のしくみ」でラテン語を勉強しておいた甲斐がありました(感激っ)!そんなヒマがあったら現代イタリア語を勉強すりゃいいのにという声も聞こえてきますが、その辺はまあ、いいじゃないですか。

ここに2時間近く使ってしまったおかげで、走りましたよ、この後のシスティーナ礼拝堂までの全道程を…(良い子は礼拝堂で走ったりしてはいけません)。
[PR]
by silverspoonsjp | 2007-10-09 23:53 | 書店めぐり海外編
a0003079_22355779.jpg
皆さまこんにちは。

ワールドコンで家を空けたと思ったら、今度は旅行に出かけていました。
はい、すみません。来年からまた忙しい(らしい)んです!
たまりにたまった代休の一部を消化させて頂きました。

旅程は
イタリア→スイス→オランダ→ベルギー。
本当は後半の2か国へ行きたかったのに、連れがどうしてもイタリアへ行きたいと煩いので、こんな中途半端な計画になってしまいました。

ベルギー以外はあまり本とは関係ない旅行だったので、通りかかった面白いお店を中心にご紹介いたします。

さて、まずはイタリア編。遺跡めぐりが中心だったので、残念ながら本屋さんにはあまり行かれませんでした。が、以前、イギリスに行ったときに可愛い本を見つけて以来、イタリアのブックデザインには惹かれるものを感じておりました。
ただし、今回は移動が多いかったので、本を買わないようにかなり気を付けなきゃいけなかったのです。いえ、、なーるーべーくー本を買わ……

最初はローマ、テルミニ駅。
イタリア国鉄のターミナル駅です。駅の中にカフェやスーパーはもちろん、美術館まで揃っています。本屋も当然入ってます。ただしお目当てはローマのバス路線図。ふつう駅や空港にあるお店って旅行ものをメインに置きません?なのに、なかなか見つかりません。

なにせ、私が通りかかったときの平台メインはなんと、「よしもとばなな」ですよ。
海外でもよく読まれているとは聞いていたけど、奈良美智の装丁でずらりと並んだサマは壮観でしたね…。そういや、ローマのタクシーはフィアットでしたが、後ろにルパン三世のステッカーを貼ってる運ちゃんがいました。出来すぎだと思ったけど…関係ないか。

さて、店舗はメゾネットで、上階と下階は透明なエレベーターと透明な階段で結ばれているという、なかなかおしゃれな作りです(お店の様子は↓のURLでみることができます。といっても、写真は1枚きりですが)。本は買いませんでしたが、書店のオリジナルグッズを売っていて、なかでもトートバック↑がしゃれてたのでつい買ってしまいました。本は買わなかったから許して…。

Borri Books
サイトはこちら…ですけど、ひょっとしてトップページしかないのね?
[PR]
by silverspoonsjp | 2007-10-08 22:31 | 書店めぐり海外編