本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

男の掃除

なんかアヤシいタイトルだこと。(爆)

ようやく衣替えしたので、お掃除し放題だなあ…(ぞうきん候補がたくさん出来た)と秘かにチャンスをうかがっております。

先般、横長の窓の裏側を拭いてみたのですが、手が短いせいかこんな感じにこっちから→ )
と、こんな感じにこっちから                                     (←
しか拭けず、真ん中が )( 拭き残しになってしまいました。

毎日通る場所なので気持ち悪い!でもこの歳になって、そうそう腕は成長しません。
(ムリだって。)

一週間我慢した挙げ句、しかたないので、棒の先に雑巾をつけて拭こうとしたら、雑巾が下に落ちただけでした。
(私ってバ○?)

まるで「まこ」のような恨めしそうな顔で拭く前より汚くなった窓を見ていると、家のワニが通りかかってさんざん私をコケにしたあげく、窓を外してホースで洗い、ほいと嵌めて立ち去ってゆきました。

私の一週間は何だったんでしょう?

***

私んちのやかんはガラス製です。そのままサーバーになるらくちん仕様なので、ついつい茶葉を入れて沸かしてしまい、取っ手周りが茶渋でシマ模様になっております。

何かこのシマ模様、嫌だなあ…とグチったところ、家のワニがそれを聞きつけて、またもやさんざんに私をコケにしたあげく、取っ手を分解して本体をざぶざぶ洗い、ドライバー一丁で取っ手をつけて立ち去ってゆきました。

いいんですよ、別に。徹底的にやったって。

でもね、分解して掃除するって反則だと思いません、女子の皆さん?
[PR]
by silverspoonsjp | 2007-11-30 00:16 | プチ日記 | Trackback | Comments(4)
皆様こんばんはー。

勝手に1年のまとめモードに入っております銀の匙です。
(っていうか、画像のアップロードが異常に重いためヨーロッパ編が投稿出来ないので、単につなぎ記事だったりする)

さて、今夏までご愛顧頂いておりましたワールドコンも無事終了し、先日、記録の残し方についての会議がありました。今はwebという便利なものがあるから、お金を使って報告書をまとめなくてもいいのは助かりますよね。それに、誰でも参照できますし。

そういえば、期間中に考えたこともいろいろありました。書きとめとかないと忘れちゃうなあと思い、この機会に備忘のためにエントリーします。

題して、今後ワールドコンをやりたい方のために。
もとい
不特定多数の参加者のあるイベントを運営するための覚え書き。

今回、誘致が決定してから運営に参加したので、期間は都合1年ちょいでしたし、手伝ったのは主に翻訳で実務はアシスタント程度でしたが、それでも得たものはたくさんありました。Nippon2007は1回きりですが、今後、類似の事をするときのポイントは、大体似てると思います。

1 会には会長の他に、事務局長を置くべし。

・当たり前みたいですが絶対必要です。意外に置いてない準備会って多いですよね。
 会長はカリスマ性があればOK。で、内部のしきりは誰か別の人がした方がいいです。
 特に、ミーティングがある会だと、会長がいつも参加できる訳じゃないので、代わりが出来る人がいないと困ります。

2 最初に記録について考えておくべし。

・何かイベントをしたとき、記録を残すことは大事です。記録係を任命するか、参加者に記録してもらえるように、段取りつけといた方がいいですね。日本SF大会の参加申し込み書を見たとき感心したんですけど、予め、記録を取ったり公表したりする旨、断り書きがきちんと記されてます。後から許可を取るのは大変ですからね~。

3 まずは通訳の確保を!

・海外からの参加者が多い会をするつもりなら、まずは英語の出来る人をかき集めておくべきです。そうすれば日本語が出来ない人もスタッフとして参加しやすいし、日本語しか出来ない人も参加しやすくなります。今回は当日たくさん助っ人が来てくれて嬉しかったけど、準備段階で集まれば、もっとコミュニケーションが取れたはずなので残念です。逆に言うと、イベントの種類にもよりますが、英語ができる人のスタッフ参加があまり見込めない場合には、イベント自体が時期尚早なのかも…。

4 会議運営の注意点

・予め議題のレジュメを告知する。
ボランティアベースの場合、準備会の機会自体が少ないので、何を話し合うかは予め告知しておく必要があります。来られない人も意見が出せますし。
運営の中心メンバーが議題を出すならそれでも良し。
広く募るなら、○日前までに議題を送れ、と予告しておかないと、まとめる人がキレますので要注意。

・参加表明をする。
特にイベント開催が近くなってくると、誰が会議に来るか把握するのは結構重要。
私は、スタッフになるなら例会は絶対出席、というような会は、どうせ出席できっこないので最初からパスしてますが(そういう体育会的な雰囲気も苦手だし…)
参加のハードルが低いと来ない人も多いので、最低、数日前に、出席か欠席かを告知する、参加表明を出してもらうようにするといいんじゃないかなと思います。

また、イベント開催日が決まっているなら、準備会議の日程と場所も、すべて押さえて知らしめておいた方が、参加する側にはたすかります。


・議事録を取って、公開する。
スタッフ全員ミーティング強制参加の場合は必要ないかも。後から記録にはなりますけど。

・日本語ができない参加者がいる場合は、通訳をつける。
 議事が多少遅くなっても、少数者に配慮すると会の雰囲気が良くなります。
 貴重な意見も聞ける。

・責任者は会議に遅れない。
 私は全く人の事は言えません、ハイ。が、何の会議でも議事進行係が遅刻するとだれることは事実。そのために、進行係は複数作っとくのです。

5 情報公開

・ささいなことでも、こまめに告知をするのが良いと思います。公のイベントだと、決まるまでは発表できないこともたくさんあると思うんですが、参加費を徴収してるとなれば、徴収された側は細かい事にも敏感になります。「○月公表を目指して確認作業をしています」だけでも良いんですよね。この係にマメな方や時間が取れる人が入るだけで、運営自体が変わってくるのは不思議なものです。

・さすがだと思ったのは、お仕事で広報をされてる方が、イベントが終わった後の御礼について言及されてたことです。確かに、イベント終了後すぐにお礼の挨拶が来ると、すごく心証が良くなりますよね。

6 メーリングリスト

・メールの使い方というのはまだ統一ルールがないので、難しいですよね…。イベントの実施が近くなると大量のメールが飛び交うんですが、中には個人宛のが混じってたりします。個人アドレスを知らない場合もあるので構わないんだけど、そういうときは○○様宛、とか件名に書いてあると助かります。

・メーリングリストの一番困るところは、メールを書いたら書きっぱなしになって、誰も処理しないということです。それが証拠に、メールに「この件についてご意見お待ちしてます」と書いて、意見が出た試しがありません(苦笑)。

掲示板なら管理人さんがいるんだけど…。メーリングリストだけなら、メールマスター(?)が必要なのかも。

7 イベント当日について

・今回は、参加予定人数に対してスタッフの数が少ないというのが最大のネックでした。交代シフトも敷けないし…。「300」状態になるとやはり討ち死にモードに入りがちです。なぜこうなったかは個別の問題だと思うので触れません。ですが、スタッフの数に見合った規模のイベントにするしかないので、規模が膨らみそうなら、死にものぐるいでスタッフを集めるしかないんでしょうね…。先に入場して買い物できるとか、入場費割引とか、何らかの特典があれば、人も集めやすいんでしょうけど、ワールドコンの精神に反するので今回はやりませんでした。

仄聞によれば、イベント当日、本部とは別に「すぐやる課」みたいな緊急対処チームを置くイベントもあったとか。
・会場が広い場合には、誰がスタッフかが遠目で分かる工夫はやっぱり必要ですね。

8 その他

・会の規模が大きくなるほど雑音も入るし、面倒ごとも必ずと言って良いほど増えます。責任者の立場は辛いところです。そういうときの対処の仕方に個性がでるなあと思います。

上手く対処する人もいれば、パニックになる人もいるし、投げ出したくなる人もいるだろうし…。

私はイベントでまとめ役になったことはないけど、別の機会でなったときの経験からいうと、細則は柔軟に、でも軸はぶれないように、を基本にするのが良かったみたいです。軸の部分で人を説得するのは難しいものがありますが、後から振り返ってみて、譲ってはいけない部分を譲ったり妥協すると、結局後悔するし、全体に上手く行かないことが多いです。

そのときこそ、事務局長とか副会長とか、そういう立場の人が的確に意見を言える人だと良いですね。

役に立つのか立たないのかわかんないエントリーですが、まずはこの辺で…。
[PR]
by silverspoonsjp | 2007-11-27 23:54 | プチ日記 | Trackback | Comments(6)

ゲルマン魂

もう今週末は12月ですねえ…

再来週くらいまでは繁忙期なので、世間様とも接触なくほとんど隠者のような生活を送っているのですが、今年は第九を歌うことにしたため、週に1回だけは練習に出ています。

しかし、久しぶりに歌う身に上の「」は辛いですね。その直前は上のラがたっぷり12小節分。一体ベートーベンは何を考えてるんだ…

本番はオーケストラの指揮者が指揮をするんですが、練習時には合唱を指導する指揮者が別にいます。合唱団は素人なので、あまり専門的な指導はありませんが、それでも十分面白いです。

「ここはね。1人で飲んでるところに2人来て3人来て、やあ、一緒に飲もうや!って感じなの。今のだと1人で飲んでるところに次のパートが入ると「来たのかよ!?」って感じですよ」

「それだと一区切りごとに音楽が止まる各駅停車だな。ずーっとレガートでもってって新宿~♪行きたいところが代々木上原ぁ…で止まっちゃう」

「今のままだと、ディーゼン クッス デル ガン ゼン ヴェルト、100円、100円、100円、100円、ハイ100円。そうじゃなくて、音楽的には100円、120円、150円、500円、最後は1万円!にもってって貰いたい」

これだけ聞いてると一体何の講義??って感じですがトドメはコレ。

「日本はワールドカップに出てようやく盛り上がるけど、ヨーロッパじゃサッカーの試合1回勝って、もううわーーーーって大騒ぎでしょう。ここはそういう人たちが歌うとこなの。地響きがするわけ。まあ、刺身とみそ汁食べてきました、って言うのも構わないんだけど、ここはゲルマン魂を持って歌って欲しい!!」

せ、先生、そんなムチャな…

かくして、平均年齢70歳くらい?な合唱団に、今夜もゲルマン魂が注入されてるのであります。
[PR]
by silverspoonsjp | 2007-11-26 23:45 | プチ日記 | Trackback | Comments(6)

クレーの旅

a0003079_2345070.jpg

自分が、作品としての絵画というのを初めて意識したのは、クレーの絵ではないかと思います。母の趣味で、実家の玄関先に額装(って言ったって、ポスターですけど)したのが無造作に置いてあったのです。そして私は子ども心にこう思っていました。

こんなデクノボーみたいな絵のどこがいい?!

で、今は違うよね、と言われると、うっと詰まる自分がいるのですが、ま、何ですよ、残念ながら、趣味が合わないんでしょうね…念のために言いますが、抽象画が嫌いな訳ではありません。クレーが気にくわないだけです。それもたぶん、美術の課題でクレーの絵を示されて、貼り紙細工をやれとか言われたせいだと思います…(憎)

で、そんなクレーの本をつい買ってしまうあたりに人生の悲哀を感じて頂きたい訳なのですが、それはさておき、

「詩を書くことと 詩人であることとは 別なのだ」

とクレーは日記に書いているそうです。クレーは画家ですから、単に絵を描くという段階から画家になるという段階があるわけですが、その契機になったのが北アフリカ、チュニジアへの旅でした。

本書は、ほとんどを占めるクレーの作品と、わずかな解説文と、クレーの日記、手紙、クレー研究家へのインタビューからなる非常にあっさりした作りの本です。ある意味、クレーばりにフラグメントから出来ていると言えなくもありません。しかし、ごたくばかり並べてある研究書に飽き飽きしている者にはすがすがしく読めました。

新藤信 文
コロナ・ブックス
1600円
平凡社
[PR]
by silverspoonsjp | 2007-11-07 23:53 | 素敵なヴィジュアルの本 | Trackback | Comments(0)

縁起かつぎ

今日から家のものが入院いたしまして、ちょっと見舞いに行っておりました。

東京はベッド数が足りないため、手術でも日帰り入院なんてことがあるのに、鼻づまりを直すくらいで何日も入院が必要なので驚いております。
しかもよりによって、この手元不如意な時期に…

最近建て増ししたのでタワーマンションかと思うような、縦長の病院へ入っていって、部屋を聞くと13階だそうです。

にゃにお~!ホテルだって13階がないのに、縁起でもない…と思いながら表示を見ると、13階は耳鼻科と眼科です。やっぱり、命に別状なさそうな(たぶん)科が配置してあるんだろうなと改めて気配りの大事さを痛感した次第であります。

そういえば4階が何だか確認するのを忘れちゃった。
[PR]
by silverspoonsjp | 2007-11-05 23:55 | プチ日記 | Trackback | Comments(4)

来年の手帳は…

a0003079_22442479.jpg

気の早い年は10月から、
そうじゃない年でも11月の声を聞くと、
来年の手帳はどうしようかなーと、自分の中の手帳虫が騒ぎ出します。

去年も申しました通り、私は手帳に多くは求めてないんですが、記憶容量の関係上、結構手帳に頼っておりますので、例年、使いづらさを我慢しつつ、既製品を使っておりました。

ちなみに、私が手帳に求める条件はコレ。

1.月間スケジュールのみでOK。ブロックタイプ。
2.月ごとにタスクを管理したい。
3.メモがいっぱい書けるけど分厚くないもの。
4.大きさはA6。
5.ビニールポケットがついている。
6.表紙の内側に付箋が貼れる。
7.できればメモは方眼紙。
8.筆記用具がセットできる。
9.きちんと開いて書き込みがしやすい。

今回旅行に行って、改めて、書き込みやすい手帳を持っていることの利点に目覚め、ついに来年からは、自作手帳で行くことにしました。そう、愛してやまないRollbahn手帳↑のカスタマイズに取り組んだ訳であります!!

どうだ!

a0003079_22444179.jpg

って割にはショボイですかね?

しかし、これ、条件4以外は全て満たしているんですよ。
巻頭に、見開きを6つ分残し、その日、その週、その月、いつかやろう、ということと、読もうと思う本や気になる場所なんかを付箋で貼るスペースを確保してあります。
続く見開きは月間スケジュール。ブロックを書いて、次の見開きはメモ。これを3ヶ月分+それ以降の予定、のページを作って、あとは全てフリーメモなんです。ちょっとした日記を書いたり、映画の感想をメモしたりと便利に使っています。3ヶ月ごとに1冊使う勘定になりますが、メモをいっぱい取るし、過去のスケジュールを参照することはあまりない(仕事の記録は会社の日誌に書いてある)ので、スケジュール手帳としては、これで十分。

Rollbahnは最後にビニールポケットがついてるし、軽くて持ち運びやすい。
180度開くし、リング部分にペンがさせます。何より、本文用紙が方眼だし、表紙が厚くて台代わりになるので、外出先でも書きやすいんです。

ビニールカバーがないので、表紙にはフィルムを貼りました。これで多少の雨でも大丈夫です(と思いたい)。

A判じゃないので、A4の紙を折った資料を挟み込みにくいのが欠点。A6判出してくれないかなー。
[PR]
by silverspoonsjp | 2007-11-04 23:04 | プチ日記 | Trackback | Comments(4)