本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2010年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

パリ 地下都市の歴史

久々に面白い本を読んだなーという感じでした。

巨大な都市の地下には実は別の都市があって、妙な生き物が住んでいる…といった都市伝説は聞いたことがありますが、この本はノンフィクション。真実は小説より奇なりを地でいく、花の都パリの地下空間のルポルタージュです。

すでにローマの時代から採石場だったパリの地下は、実は空洞だらけ。地上に巨大な教会を建てると突如崩れるなんて事故も頻発したそうです。逆に、地下の空間を利用してちゃっかりワインセラーを作ったり、果ては墓を作ったり、はたまた、異端派やレジスタンスの隠れ場になったりと、歴史の影の主役になるときもありました。

地下への幻想の頂点が例の「オペラ座の怪人」。この物語とパリの地下との接点を探る話も面白いです。


現代でも空洞は遺されていて、調査してみるといろいろ面白い事がわかります。●コの遺骨が大量に出てきた場所があり、何だろうと調べてみると、地上には昔、有名なウサギ料理店があった…とか(タ●じゃないですよ)、興味は尽きません。地下探検ツアー、行ってみたくなりました。危ないし、怖そうだけど…。

東洋書林 2009年
[PR]
by silverspoonsjp | 2010-08-25 01:18 | センス・オブ・ワンダーの本

ついに…  !!

お盆の間もどこへも行かず、ひたすら働いておりました勤労者…もとい、勤労食器、銀の匙でございます。一日中座りっぱなストレスがそうさせたのでしょうか、はたまた「定価の半額」以下という殺し文句にうかうかと乗ったのがいけなかったのでしょうか、ついポチッと…

してしまいました…






a0003079_2238165.jpg


ご紹介しましょう、ルンバくんです!

こんな贅沢品(半額以下とはいえ、やはり良いお値段)、うちみたいに狭いところに必要なの?とか、本体が半分以下のサイズになったら買っても良い、と、わにを叱り続けること幾年月、敵の、これがあれば鼻炎が治るかも…朝早く起きられるかも(一体何の関係が?)…家が綺麗になるかも…(ならなきゃ困るんですけど)…等々のサブリミナル作戦が奏功したようでございます。

届いてみると直径38センチというのは巨大で(あくまで、狭い部屋での話です)座布団1枚余計に置いてあるような感覚です。

操作は大変簡単で、真ん中のボタン(写真では充電中なので赤いランプのついている箇所)をポチッと押すだけ。これで、30分、または1時間、勝手に掃除を続けてくれるのです。

手前にバンパーが着いていて、障害物にぶつかると向きを変えたり、少しずつ障害物を押しのけたりして(!)進みます。

その有様は、まさにリアルピンボール。ピンボールおたくの私はもう夢中になってしまい、掃除しているルンバくんを充電器(ドック)から出て充電器に戻るまでじっと見守ってしまいます。一生懸命働くルンバくんと、見守る私。まるで、シンデレラに掃除させてるイジワルなお姉さんみたい…(これこれ)

電気が足りなくなると、いそいそと自分でドックに戻るところがまた萌え…(これこれ)

狭いところに入れないから、部屋の真ん中だけしか掃除できないんじゃ?と思っていましたが、本体から回転ブラシが10センチ近く外にはみ出すため、入り込めないところもかなり掃除してくれます。段差2センチまでは乗り越えるので、掃き出し窓の桟も掃除します。基本的にはブラシでかき出して吸い取るという単純な動作なのですが、ウワサ通り、びっくりするほど床が綺麗になりました。

段差2センチ以上の場所には行かないので、階段を転げ落ちるというようなことはありません。

おうちでペットを飼ってらっしゃる方などは、明らかな効果を実感できると思いますが、うちのような狭小部屋の場合、はっきり言って、ルンバくんを買って家が綺麗になった第一の理由は、ルンバくんが通れるように、床の上にモノを置かなくなったということかと思います(爆)

ま、取りあえず、私としては機能よりも、家事ロボットが居るということが面白くて、その点、大変満足しております。

欠点といえば、3回くらい使ったら、ネジを外したりして本体を掃除しなくちゃいけないことでしょうか。ホコリも出るし、結構大変です。あ、オチはもうわかったって?はいはいそうです。ルンバくんを掃除してくれるルンバくんが居ればいいのにな~ってことですね(爆)。
[PR]
by silverspoonsjp | 2010-08-21 22:57 | プチ日記