本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

皆さん ドブリ ビーチェル!

覚えた表現は骨までしゃぶる、銀の匙です。
感心にもまだロシア語を勉強しています。(←誰も褒めてくれないので自分で言っとく)

何事にも面倒くさがりなので、地道な外国語学習なんか大嫌い。
別に作家や通訳になる訳じゃなし、
そこに行きさえすれば、私が必要な程度の外国語なんて
簡単に覚えられるのですから(これは私だけではなく、たいていの人が)。
これまでもこうしたズルをして、すっかり味をしめているので、
なかなかこのらくちんな方式から思考回路が抜け出せません。

しかしまあ、社会人ではそうそうワガママも言えません。
ロシア語を勉強したいからって、さくっと旅行に行けるでもなし。
次のチョイスは語学学校だけど、お金がかかるし。
日本にいるロシア人の日本語の勉強をジャマする訳にもいかないし。

仕方ないので、ラジオのロシア語講座を使うことにしました。

昔、ラジオ講座だけで英語を覚えた!みたいな人の話は
イマイチ信用していませんでした。だって、ラジオは一方通行だし、
自分が言い間違えても直してくれないからです。
(私は、外国語が上達する唯一の方法は、自分で言い方を考え、
間違えて、直されることだと思っています。子どもはみんな、
そうやって覚えてますよね…)

第一、ラジオ講座の教材が、あまり面白くなくて…。
しかも、だいたいがリスナーをナメてるのか、簡単過ぎます。
ナニ威張ってるのかって?じゃー証拠を見せましょう。
ホラ、ラジオ講座のページにある、中国語レベルテスト。
a0003079_23574944.jpg


見て下さい、1位ですよ。(って同順二百数十人いるけど、でも
1位は気持ち良いですよね、あっはっは)っていうか、
こんなにたくさんの人が100点取ってて
レベル分けの役に立つわけ?

…とまあ、これまで歯牙にもかけて来なかったラジオ講座ですが、
全然知らない言葉には、今さらながら、かなり役に立つことに気づきました。
名付けて、絨毯爆撃方式。

1.ラジオの語学講座は本放送というのが毎日15分くらいあります。
これは、今書店で売られているテキストを見ながら聴くもの。
今年の講師は八島雅彦先生。ソフトな語り口で、ロシア語が好きでたまらない!という雰囲気を醸し出しているのが何ともGood。ゲストとのやりとりも軽妙です。簡単な内容の割に練習問題は手応えがある内容。
ただし、(私にとっては)聴きづらい時間に放送されているので、
直接聴くことが難しいし、今年の内容は表現中心で文法はあまりやってない。

しかし、ありがたいことに、この放送は「ストリーミング方式」で、
翌週1週間、ネット上で聴くことができます。1周遅れになりますので、
私はこれを復習に使うことにしました。

2.まいにち放送されてる語学講座にはもう一つ、
「アンコールまいにちロシア語」というのがあります。
これは2010年度(つまり2年前)に放送された内容と同じで、
全部通したテキストを売っています。

残念ながらCDはもう入手できません。なので、音声はラジオで聴くか、
らじる☆らじる」というネットラジオで聴きます。これを1日1課、録音し、
家に帰ったら必ず聴きます。つまり、これを本放送のように使っています。

2010年度の講師は柳町裕子先生で、あまり立て板に水でなく、しかも
とっても親しみのもてる解説で毎日楽しく聴いています。スキットも後半はとても自然で、使えそうな表現がたくさん出てくるし、初心者の苦手そうな内容は必ず繰り返してくれる親切設計でありがたいです。日本、しかも新潟を舞台にしているという点も物珍しく、また、ゲストのトークや文法の説明もよく練られていて、オススメの内容です。

3.そして、実はもう一つ、ラジオ講座を使っています。
それは去年(2011年)のバックナンバーです。
基本的にロシア語講座は半年で講座が修了し、
次の半年は再放送になるので、本は6冊、CDは6枚買えば済みます。
チリもつもれば結構なお値段ではありますが、教室に行くよりは安いと思って、
思い切って買いました。

NHK出版は今出てる号の1年前の1つ前の号までしかバックナンバーを
置いていないので、今からだともう4月号(5月号もたぶん)は買えません。

ですが、4月号なら、中味は10月号を買っても一緒です。
以下、5月号は11月号、6月号は12月号…と同じなので、
10月号から翌3月号まで揃えれば、一通りOKです。
2011年度は表紙がとても可愛く
(特に4月号と5月号が可愛かったんだけど…)、
CDとセットで持っていると、何ともいえず幸せな気持ちです。

また、2011年の講師は源貴志先生で、
文法がきっちり整理して示されているので、
後々役に立つと思います。
私はCDを録音して持ってあるき、スキマ時間に聴いて、
地道にコマ数を稼いでいます。

つまり、

3を2ヶ月先の内容まで-1を1週間先の内容まで-2を1日1課

進んでいるので、何気なく2回復習することになり、
しかも文法事項は同じなのに、テキストも単語も異なるので、
飽きずに続くという仕掛けなのです。
(実際には、この前ご紹介した「初級ロシア語文法」
復習にもなっているので、
ほぼ同じ文法内容を4回学習することになります)

そして、3が全部終わったら、同じく源貴志先生がこの年のテキストを
中心に編んだという、「ロシア語練習ドリル」NHK出版に手を付ける
予定です。実は、それぞれの文法事項が終わった時点でちょっと
やってみたんですが、今の私には例文が難し過ぎる…。
でも、半年が終わった時点ならちょうど良いくらいだと思います。

ということで、果たしてどのくらい効果が上がるか、半年後のお楽しみです!
[PR]
by silverspoonsjp | 2012-04-24 23:55 | その他のことばの本 | Trackback | Comments(0)
さて、夏も近づいて参りましたバタフライ。

いつもの講座の時間に出られなかったため、2回ほど、別の講座に出席。
そこは別のコーチなので、教える順番が違っていて結構とまどいました。

前のときは、手は最初から最後まで伸ばしたまま(初心者用訓練)だったんですが、
今度のコーチは最初から完成形で教えるらしく、手の曲げ方から入ります。

まず、けのびの状態で手を伸ばしますが、

・手を左手10時、右手2時の方向に伸ばします。
・その場で、肘を内側に曲げてきます。手のひらは下。
・手を体側にそってぐぐっと伸ばします。
・手のひらを返しながら、左手8時、右手4時の方向に伸ばしきります。
・小指を下にして水面に出し、そのまま水面を通って、
 最初の位置まで持ってきます。
・親指から着水

あとは繰り返しです。

確かに水の抵抗は受けづらいですが、
力が入らないので初心者はぶくぶくと沈みます…。
沈みつつも、これにキックを2回、付けねばなりません。
いや、沈むのがイヤなら、キックして身体を浮かせるしかないのです。

しかし、このキックのタイミングというのが、コーチによってバラバラ。

もう独りのコーチの方は、初心者に合わせて易しいやり方でまず教え、
徐々に補正する方針らしい。

ということで、キックはもうちょいハッキリするまで書かないでおいて…。

バタフライの泳ぎ方の基本は、体幹を使った上下のくねくね運動です。
コーチの模範動作を見ていると、本当に水中でイルカがうねうね泳いでいるような感じです。
手やら足やら付けるとついこれを忘れがちになりますが、
手の力や足の力で前に進もうとしてはいけません!

見てると実にカンタンそうなんですが、自分でやるとさっぱりできません。
他の受講生の人を見ていると、手やキックに頼りすぎていて、スゴイ水しぶきがあがったり、
ばちゃんばちゃんキックの音がしていますが、それは間違い。

音もなくすいすい泳げる日は来るのか?!

ということで、次回に続く。

備忘録4へ続く
[PR]
by silverspoonsjp | 2012-04-22 14:31 | プチ日記 | Trackback | Comments(0)