本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ズドラストヴィーチェ!

ちゃんとロシア語も勉強している、銀の匙です。(勉強方法はこちら)

ラジオは聞いているだけなので、さっぱり出来た気がしていませんでしたが、現在の「ロシア語」ラジオ講座本放送のテーマ曲(グリンカの「忘れない、あの美しいひととき」という、とても素敵な歌曲)がインストなので、歌曲版のCDを借りたら、歌詞に意味の分かる単語がかなりあったうえ、知らない語でも発音が分かることに気づき、狂喜乱舞!

ロシア語、続けてよかった…。

さて、この放送を聞くにあたり、すでに「アンコール」と去年のテキストを6冊買った私は、かなり考えました。やっぱりテキストがないと、文字で見たとき解読できないし、買った方がいいのでは…でも、すでに2種類のラジオ講座で相当部屋の体積を喰ってるし、ワニに怒られそう…

この葛藤を解決すべくネットをさまよっていると、Fujisanで講座テキストのデジタル版の取り扱いがあるではありませんか。

読めるデバイスはiPhoneしかもってないのですが、逆にいつも持ち歩くからいいか、と思って購入してみました。

デジタル版のいいところは、場所をとらない(プリントアウトができるというのも利点かも)ということに尽きるので、以下はちょっとよくないところを。

買うのはクリックするだけだから簡単なんですが、そのあとが少々面倒。一番初めに雑誌を開くときは、Fujisanへのリンクから開かなければなりません。ログインするのが面倒だし、当初は骨董もののXPパソコンだったので、画面が開くまで待つことしばし。

一度開いてしまえば、次はそこから開けられるので楽ちんなんですが、雑誌データがダウンロードできるわけではないのが一番問題でした。

おそらくFujisan側のサーバーにデータがあるので、ネット環境必須。ネットの切れ目が縁の切れ目なわけなんです。私は主に自宅で使うので問題ないんですが、モバイル派の人は腹立ってるでしょうね、きっと。。。

ただし、iPhoneでは、アプリ経由という面倒くささはありますが、オフラインでも読むことができます。そのため、私は外ではiPhone版を使っています。画面が小さくてすごーく鬱陶しいですが…。一回お金を払えば、複数のデバイスで読めるのは実用的なサービスですね。

そして、これはデジタル雑誌の仕様の問題かと思いますが、NHKテキストはデジタル目次みたいなものがついておらず、先の方を読もうと思うと、サムネイルから飛ぶしかないんですね~。○月○日のテキストをみたい、と思ったら、サムネイルのだいたいその辺をえいやっ!とクリックして、前後へ戻るという、まさかデジタル時代に、ツメのない辞書で引きたい語を一発頭出しみたいな技を磨くことになるとは夢にも思いませんでした。

でも、発売日になると、読める雑誌のリストに、ひっそりと最新号が付け加わっているのを発見するのは、なかなか乙なものです。

NHK語学テキストのデジタル版はいくつかのデジタル書店からダウンロードできます。Fujisanを選んだのは定期購読と印刷ができ、海外にいても購読できるという、私にとっては一番付加価値の高いサービスだったからです。逆にAndroid対応のものが良かったりすれば、ほかのサービスが良いかもしれません(この編の情報については、NHKテキストのページに説明があります)

ただ、半年やってみて、こういったテキスト関係はやはり紙の方がしっくりくるなーと思うようになりました。感想の域を出ませんが、なんだか情報の定着度が違う気がして…。実証研究ができたら面白いかもしれませんね。

そういうわけで、続きのテキストは紙版を、これもFujisan経由で取り寄せています。Amazonでは雑誌を扱ってないので、つい頼ってしまいますが、そっけないけど(きっと利幅薄いんだろうな、と思ってしまいます)確実なFujisanが結構気に入ってる私です。

それでは、パカ~♪
[PR]
by silverspoonsjp | 2012-08-25 00:31 | 本にまつわるエトセトラ
もういい加減、夏も終わって赤とんぼが飛んでいるし、まだバタフライなのか…と肩胛骨付近に哀愁が漂う今日この頃なのですが、そうですよ、必死にバタフライの練習をしていたら、肩胛骨が動かせるようになったんですよ!

ここまでの歩みはこちら→バタフライの泳ぎ方 その4

これだけでも、バタフライの練習をした価値があったのでは?と宅のワニに慰められております。ああ、それはどうせ出来ないんだから諦めろってことね…とやさぐれながら思う晩夏の夕暮れ。

「…なんて、黄昏れてるヒマがあったら練習した方がいいですよ」

ハイ、すみません。

「だいたい、いつもどういう練習してるんです。ちゃんと復習しました?」

あ、はい、マジメに泳いでます。

「泳ぐって何を」

バタフライですよ!

「えっ、他の練習しないの?」

コ、コーチ、タメ口になってますよ。

「ダメじゃないすか、他の泳法の練習もしないと。バランス悪くなりますよ。はい、それじゃまずクロール。泳いでみてください」

ちょちょちょ、ちょっと待ってくださいよ!私はバラフライを習いに来てるんですよ。クロールなんて泳ぎたくないんですけど。

そういえば、バタフライを習いはじめてから、一回もクロールを泳いだことなかったわ…。

だいたい私はプールでクロール泳いでる人がキライです。だって、いつも人をどかそうとするんだもん。っていうか、狭いプールじゃクロール以外の泳ぎは邪魔なだけですね。バタフライ=邪魔。世間の常識とはそういうものです。

「息継ぎしないと死にますよ」

あ、すいません。私、右手の方からだけしか息継ぎできなくて。こんなもんでいいでしょうか。
するとコーチは、はははは、と爽やかに笑って、

「思ってたよりマシでしたね、クロール」

だって。どんだけ下手だと思ってるんだか、失礼な…ああ、いえ、確かに私のバタフライから推測されるのは、ヘタレクロールでしょうとも…。

クロールは何とかOKでたものの、次に泳がされた平泳ぎは悲惨のひと言。前は、プールに来るとほとんど平泳ぎだったのに、…どう泳ぐか、忘れた…

「足、ドルフィンキックになってますけど」

だあああー!平泳ぎ忘れたーーー!アンビリーバボー!!

「はい、今日の練習はここまでです。平泳ぎ思いだしといてください。じゃ、また来週」

コーチにもすっかり見放され、しょんぼりとプールで平泳ぎの練習…なんてやってられるか!バタフライの練習をするのよ!!

あ、あれ…?

手がバタフライで足がカエルになっちゃった…??

こんなマヌケな受講生が世の中にいるのだろうか、と思いつつ、バタフライは一歩も進まないまま、次回へ続く!

(いい加減にしろ、というのは私も同感です)


いやがおうにも続く!
[PR]
by silverspoonsjp | 2012-08-24 23:43 | プチ日記
皆さん、こんばんは。

ついにバタフライが完成しないまま、海ではクラゲが舞い踊る季節となりました。何てこった…。
(ここまでの練習の歩みはこんな感じです。)

備忘録1
備忘録2
備忘録3

しかし、懲りずにバタフライの練習は続けているのであります。
何ていっても、海よりも、屋内プールの方がカッコいいですから、
バタフライで泳いでると!

私が行っているプールは、コースが片道泳ぐ人と往復泳ぐ人にゆるく別れているのですが、(そして当然、往復の方に上級者が集まってるわけですが!)、私が下手くそなバタフライを練習していると、なぜかしばらくして、それらのエライ上級者様たちが、下手くそ用レーンに移動して来られます。

そして、息も絶え絶えに片道泳いで休んでいる私を押しのけて、バタフライで泳ぎ始める訳なんですよ。

ほほーー!!これはどういう心理なのでしょうか!?

しかも、そういう上級者様に限って、手足がバタバタと大きく音をたてる、いわゆる「バタ」フライになってるのです。

しかーし!ここまで読んでおわかりの通り、上手いバタフライはイルカのようにうねうね泳ぐのですから、バッシャンバッシャン、音なんかしません。何かこう、つつーっつと水面に出たかと思うと、すいーっと潜ったりして、実に静かな泳ぎなんです。

だいたい、足が必要以上に外に出てるから大きな音がするわけで、うるさい泳ぎ方はハッキリ言って間違っています。

それが証拠に、他の泳法ならグルグル往復で泳げる上級者様も、ことバタフライになると、片道泳いだらターンできません。全身力の入れすぎで、疲れちゃってそれ以上泳げないのです。本当に上手い人なら、バタフライはかなり楽々長距離を泳げるらしいので、推して知るべしです。

と、自分のことは棚に上げて意地悪なことを書いてるのですが、ご存じの通り、自分の練習はさっぱり進んでおりません。

下手っぴいなクセに、ダメな箇所は上級者様そっくりです。

どこを直せばいいのか?

まあ、特定できないほど直すべき箇所はいっぱいあるんですが、足がうるさいのと、息継ぎができないのとは、実は理由が一緒です。そこを直すと、かなり良い感じで泳げるようになります。

何がダメなんでしょうか、コーチ。

「それはですね、泳ぎが浅くなってるんですよ」

泳ぎが浅い?

「人間の身体は潜ると自然に浮き上がるようになっています。だから、浮き上がって息継ぎしたければ、しっかり潜ることです。潜ってから、視線を上に向けると、自然に水面の上に身体が向かいます。勝手に浮き上がる、というのが自分で感じ取れると思いますよ。

そのとき、すかさずぴょんっ、と腕を後ろに掻く力と、キックを補助にして、水面に顔を出すんです。真上ではなく、斜め前に向かって。

呼吸が終わったら、沈んでいくと同時に手を前に回してきて、またぐんっと潜ります。

毎回手を回して来るたびに水面上に出て呼吸していると、疲れるし遅くなるので、3回に1回にすると良いでしょう。」

つまり、ヨコからみると、

1 まず、斜め前に向かってぐん!と潜る
          
  =======   ←水面
頭  */  \ 足
     手
 
 手は下に向かってハの字に伸ばし、足は潜る動作を助けるように、
揃えて斜め後方にすばやく、小さくドルフィンキック。
 手を斜め前下方に向かって伸ばす動作を継続。この、伸びている間が、
距離を稼いでいるのです。身体全体の姿勢としては「へ」の字のままです。
(への字は前が浅いですが、実際は手の方が足より深い位置に潜っています)

2. 伸びたら、手の掻きを開始。掻き方は習ったコーチによってまちまちなので、もう少しハッキリしたら書きます。

いちおう、今のコーチのやり方だと、
・肩幅よりやや広く手を広げ、親指を下に、手の甲を向かい合わせになるように入水
・心持ち、左右の腕は外側に広げます。(左右に向かって、水を押しのける感じ)。
・両腕のポジションは、先に広いハの字になっています。
・肘は固定し、前から胸の前へ水を集めるように、
 手を進行方向と逆に向かって、内側に掻いてきます。
・水を集めたら、水を押すように、両腕をぐっと体側に伸ばします。
・最終的に、小指が上向きになります。 

掻きつつ、潜っている場所から、水面を見上げる。身体が浮上しはじめます。

3.手を後ろに伸ばす勢いで、息を吐き、キックの補助で水面に出る。
 ここで息を吸います。沈んだ勢いで上がってくるので、キックは強くは蹴りますが、
補助的な役割です。


  頭 *
      \ ←手のひらが上で伸ばしている)  
  =======
      \ 足 (足は揃えて、斜め下に、補助するように蹴る)
  
4.呼吸が終わったら、トビウオのように、斜め前に向かって落ちていきます。
顔からバッシャン!と入ったらイタイに決まっているので、手を先行させ、
頭を両腕の間に優雅に落とし込むように入水します。

つまり、息を吸う、手を素早く、体側から水面に出し、肩胛骨を寄せつつ、
左右に広げた後、頭が入る前に、手の甲は向かいあわせ、肩幅より少し広げ、
親指を下にして斜め前方に差し込んでゆきます。

また、斜め下に潜る動作に戻るわけです。

これがバタフライの息継ぎです。ヨコからは
への字→ 左上スラッシュ→ 襲いかかる広重津波の図→への字
 
と何だか手ぬぐいの図柄のように進行いたします。

これを見てお分かりの通り、キックが水面に出るチャンスはありません。バタバタうるさいバタフライはキックが水面に出ているせいです。つまり、ちゃんと潜っていないのにキックしているので、水面に足が出ちゃうのです。…などと受け売りで偉そうなこと書いていますが、自分はまだまだです。

なので、記述に間違いもあるかも知れません。ご指摘お待ちしております。


ほ、やっと息継ぎまで来た!

そしてバタフライの5へ続く!

[PR]
by silverspoonsjp | 2012-08-13 00:22 | プチ日記