本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
療養中のお友達に、何か面白い読み物をと思って、本屋に駆け込みました。

それにしても、初めて入る本屋さんって、他人様の台所以上に勝手が分からないものですね。どこから手を付けて良いのかわからないので、まずはごく最近、「指輪物語よもやま」のたかなしさんに勧めて頂いたヤマザキマリさんのマンガ、『イタリア家族』を探しました。

お昼休みの時間帯には(迷惑になるから)やりたくなかったのですが、結局店員さんに尋ねて、さんざん検索して頂いた挙げ句、結果は「お取り寄せ」。『テルマエ・ロマエ』を面出しするくらいなら一緒に並べておかんかい!と突然コワイ人になりたくなる気持ちをぐっと堪え、他に何かないか物色する羽目に。しかし、マンガは全てビニールがかかっていて、どれが面白いんだか素人にはさっぱり。これで書泉なら店員さんにオススメを聞くところだけどここは御茶ノ水○善だし(あ、言っちゃった)困った…。

と、振り向くと、そこに何か私をぐっと惹きつけるオーラを放つ、新刊書の山が!

なになに、坂田靖子先生の「ベル デアボリカ」、美しき魔物…?(って意味だと思うけど、間違ってたらゴメンなさい) 

中味が見えないから何とも言えないけど面白いかも、とお会計しようとしたけど、これは第2巻。聞けば案の定第1巻は置いてない(怒)。取りあえず2巻を買って読んでみて、それから1巻を買おうか…でも、私の「この本面白いはずですよ」アラームが振り切れているし(3分間しか点滅しないけど)…

もう時間もなかったので、速攻神保町まで行って、三省堂で買いました(「イタリア家族」もちゃんと売ってた)。
(で、最初の店に後日行ってみたら、全然別の場所に1巻が置いてあることがわかって激しく脱力…)

ということで、前置き長かったですが入手した坂田靖子先生の「ベル デアボリカ」。つまんないものをお見舞いで渡すのもどうかと思って開けて読んでみたら、面白いのなんのって(いつもマンガを読みつけてる方ならとっくにお読みになってるでしょうけど)、まだ自分の勘も捨てたもんじゃないとちょっと嬉しかったりする今日この頃でございます。


設定はまあ、ありがちといえばそうなんですけど、とある小さな国の年若い領主が、周りがさんざん諫めるのも聞かず、国防上重要な場所に居座る魔法使いを、邪魔なら殺す位の気持ちで捉えて幽閉してしまう。

ところが、一国の軍隊を全滅させた無慈悲な魔物という噂の大魔法使いは、一見弱々しい少年にしか見えず、殺すこともできなくなった領主は途方に暮れてしまいます…。

一筆書きみたいなシンプルな線で書かれた絵なのですが、それがまた何となく中世の絵巻物みたいで、とても雰囲気が出てるのです。

この本が単行本で出るまでには、いろいろといきさつがあったらしく、今はweb上で連載されていて、第一話と最新話はココで無料で読むことができます(ぜひ、第一話から読んでみてください)。

自分の心の自由のためには、人を殺すことも厭わない魔物-何だか、芸術家を彷彿とさせますが、そんな孤高の境地に少しずつ変化が現れるという繊細な描写が何とも良いんです(人はそれをツンデレと言う)。更新が2ヶ月に1回なのが何ともじれったいですけど…。ただ、この本を読んでから時間が経つのが遅く感じられるようになりましたので、アンチエイジング効果は抜群だと申し上げておきます(爆)

さて、大変気に入ったのでもう一回読もうかと、週明け○善に行ってみたところ、まるで魔法のように、デアボリカ山はなくなっていました。つまり、数日違えばこの本に偶然出会うということはなかったって事です。洪水のように新刊書が出るとは知っていましたが、しみじみ実感しました(ちなみに、山はかなり低くなって、別の場所に移動していました)。

しょうがないので、ネットで最新話を反芻することに。

そして顔を上げると、現実とは思えない怖ろしい現実のニュースが。どうぞこれ以上、犠牲が増えませんように…!
[PR]
# by silverspoonsjp | 2011-03-14 23:24 | センス・オブ・ワンダーの本

大地震が…!

皆様こんばんは。
お騒がせいたしましたが、取りあえず退院いたしました。
そして、生活はまた退院前に逆戻りです。少しは休ませて…(泣)

本日、東北で大地震があり、東京でも大きな揺れを感じました。
最大の揺れがあったときは新築なった社屋で打ち合わせ中だったのですが、
見る間に壁に亀裂が入り、窓が曲がったのを見てお客様としばし沈黙…。

結局10時過ぎ頃仕事を終え、歩いて先ほど、帰宅いたしました。
安否をお尋ねくださいました皆様、ありがとうございます。
無事です!あ、また余震が…。

夜の10時を回っても、都内の道は帰宅する人で混み合っており、
まるで銀座の歩行者天国のようなありさまでした。

それにしても、なぜこのような日に車に乗るバカ者が居るのでしょうか。

緊急車両が通れなくなるってことぐらい、分からないのでしょうか。

大渋滞している道路をふさいでいる車の中をのぞき込むと、
大事な荷物を運んでいるわけでも急病人がいるわけでもなさそうです。

どうかひとこと言わせてください。

地震のときに車に乗るなー!!


ぜぇぜぇ…失礼いたしました。
[PR]
# by silverspoonsjp | 2011-03-11 23:53 | プチ日記
ついに買ってしまいました、Amazon Kindle第3世代。軽い、小さい、超便利!Amazon謹製の読書ライト付きブックカバーもセットして、久々に良いお買い物であります。

まだAmazon.comからしか買えないのが玉に瑕ですが、日本語も読むことが出来ます。洋書を読むために買ったのに、なぜこの機能が大事かというと、それは英辞郎を使いたいからです(苦笑)

匙流Kindleの使い方はというと…それは当然、歩く指輪図書館(呆)

Lord of the Rings 全巻とHistry of MiddleEarth、教授の手紙等々、指輪関係で電子版や自作デジタル化したデータは全て突っ込んでも容量的には余裕綽々。こんなに入って、見た目は文庫本が一回り大きくなったくらいのサイズ。画面が見やすいのはもちろん、知らない単語にカーソルを合わせると、別途購入した英辞郎の語釈がポップアップで出るように設定してあります。これがとても便利。気になるところを抜き書きしたり、しおりを付けたりできます。

さあ、これで明日から2週間の入院期間も絶対退屈しないことでしょう。では、皆様どうかお元気で。
[PR]
# by silverspoonsjp | 2011-02-04 00:22 | 本にまつわるエトセトラ
皆様こんばんは。長のご無沙汰でございました。
今年はちょっとウチのが病に倒れた上に、再発を心配しすぎたあまり私まで倒れ、本当に自分でも何やってんだかなーでございました。心配したって治るわけじゃないのにね。おかげでアレコレと滞り、ご迷惑をお掛けした皆様、申し訳ございませんでした。

と言ってるうちに、もう今年も最終日ですが、有終の美で、
今回は一番好きな本で締めたいと思います。

動物のことばが話せる獣医さん、ドリトル先生シリーズの1冊です。
小さい頃、井伏鱒二訳でお読みになった方も多いことでしょう。

このシリーズの英語版は、いろんな出版社からいろんな種類のものが出ているのでどれを選ぶか本当に迷うのですが、今年読んだのは、
Bantam Doubleday Dell Booksから出されたバージョンです。

ペーパーバックでお安い本なのですが、
きちんと原作者ロフティングの挿絵がページいっぱいに使ってあり(←これ重要)、一見分厚く見えますが、驚くほどサクサク読めます。

厚い本だと途中でイヤになっちゃうことあるでしょ?
この本は2見開きか3見開きで1章が終わるように、
原文を上手く圧縮したり、レイアウトを工夫して作ってあり、
そんなに短い割に、どの章もわかりやすく、続きが読みたくてしょうがないような感じにまとめてあります。
これがサクサク読める秘訣なのです。

どの程度オリジナルと近いのか、比べてみようと思っていたのですが、
いまだオリジナルが手に入らずにいます。
第一、ネット書店の書誌情報では、どれがオリジナルなんだか今ひとつハッキリしません。
確実に著者によるイラストが入っているのがどれかも分かりづらいし…。
復刻版というのは間違いがなさそうですが、日本語版の底本になっているのは、そのバージョンではなさそうです。

説明を読む限りでは、オリジナルが書かれた当時の描写に差別的な内容があるために、いま普通に流通しているものには、多かれ少なかれ、手が入っているのだそうです。
だからといって、挿絵を全面的に差し替えなくてもいいと思うんだけど、ああ、挿絵にも差別的なものがあるんですね、きっと。

こういう場合、オリジナルを変更すべきという意見、変えるべきではないという意見、どちらの立場も分かるので、コメントは控えさせて頂きます。
巻頭にエクスキューズを置いて、文章はオリジナルというのは妥当なようですが、子ども向けの本という性格を考えるとベストなのかどうか…

前置きが長くなりましたが、いくつになって読んでも、本当にこの本は面白いですね。

私は、いつも抜群のアイデアを考えついてドリトル先生の窮地を救う、オウムのポリネシアが大好きで、他の登場人物はすっかり忘れていましたが、そういや本の語り手はトミー・スタビンズ少年だったんですよね…。

読んだ年より上の設定だったので(しかも今読んでもすごく大人びてるし)、
自分にとってはドリトル先生と同じくらい遠い世界の人に感じてました。
今の方がむしろ、スタビンズ少年の目を通して物語を見渡せるような気がします。
貧しくて学校にも行かれなかったスタビンズ少年ですが、
音楽を愛するお父さん、優しいお母さんに大切に育てられたというあたりが、
お話のトーンに大きく影響しています。

それにしても、お母さんの英語の丁寧なこと、オリジナルでもこうなんでしょうか…。

英語版の全編でいちばん興味深かったのはこのシーン。
スタビンズ少年が、自分も動物のことばが話せるようになるかどうか、
ポリネシアに尋ねるシーンです。

“Do you think I could ever learn the languages of animals?”
“Well,it depends,Are you clever at lessons?”
“I don't know” 

スタビンズ少年は学校に行ったことがないので、
授業についていけるのかどうかわかりません。
ポリネシアは学校に行ってるかどうかは大した差ではない、
と少年を慰めた後、こう聞きます。

“Are you a good noticer?
Being a good noticer is terribly important”


物事を観察する力があるかどうか…博物学者になるには、
確かに大切でしょうけど、ことばを学ぶにも、大事な能力なんですね。
さすがポリネシア!

と、まあ、簡単な英語で結構深い内容のこのお話、
懐かしい皆様にも、初めて読む皆様にも自信を持ってオススメ致します。

ということで、皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

N.H.Kleinbaum編
4.5USドル
[PR]
# by silverspoonsjp | 2010-12-31 23:11 | 英語の本

パリ 地下都市の歴史

久々に面白い本を読んだなーという感じでした。

巨大な都市の地下には実は別の都市があって、妙な生き物が住んでいる…といった都市伝説は聞いたことがありますが、この本はノンフィクション。真実は小説より奇なりを地でいく、花の都パリの地下空間のルポルタージュです。

すでにローマの時代から採石場だったパリの地下は、実は空洞だらけ。地上に巨大な教会を建てると突如崩れるなんて事故も頻発したそうです。逆に、地下の空間を利用してちゃっかりワインセラーを作ったり、果ては墓を作ったり、はたまた、異端派やレジスタンスの隠れ場になったりと、歴史の影の主役になるときもありました。

地下への幻想の頂点が例の「オペラ座の怪人」。この物語とパリの地下との接点を探る話も面白いです。


現代でも空洞は遺されていて、調査してみるといろいろ面白い事がわかります。●コの遺骨が大量に出てきた場所があり、何だろうと調べてみると、地上には昔、有名なウサギ料理店があった…とか(タ●じゃないですよ)、興味は尽きません。地下探検ツアー、行ってみたくなりました。危ないし、怖そうだけど…。

東洋書林 2009年
[PR]
# by silverspoonsjp | 2010-08-25 01:18 | センス・オブ・ワンダーの本

ついに…  !!

お盆の間もどこへも行かず、ひたすら働いておりました勤労者…もとい、勤労食器、銀の匙でございます。一日中座りっぱなストレスがそうさせたのでしょうか、はたまた「定価の半額」以下という殺し文句にうかうかと乗ったのがいけなかったのでしょうか、ついポチッと…

してしまいました…






a0003079_2238165.jpg


ご紹介しましょう、ルンバくんです!

こんな贅沢品(半額以下とはいえ、やはり良いお値段)、うちみたいに狭いところに必要なの?とか、本体が半分以下のサイズになったら買っても良い、と、わにを叱り続けること幾年月、敵の、これがあれば鼻炎が治るかも…朝早く起きられるかも(一体何の関係が?)…家が綺麗になるかも…(ならなきゃ困るんですけど)…等々のサブリミナル作戦が奏功したようでございます。

届いてみると直径38センチというのは巨大で(あくまで、狭い部屋での話です)座布団1枚余計に置いてあるような感覚です。

操作は大変簡単で、真ん中のボタン(写真では充電中なので赤いランプのついている箇所)をポチッと押すだけ。これで、30分、または1時間、勝手に掃除を続けてくれるのです。

手前にバンパーが着いていて、障害物にぶつかると向きを変えたり、少しずつ障害物を押しのけたりして(!)進みます。

その有様は、まさにリアルピンボール。ピンボールおたくの私はもう夢中になってしまい、掃除しているルンバくんを充電器(ドック)から出て充電器に戻るまでじっと見守ってしまいます。一生懸命働くルンバくんと、見守る私。まるで、シンデレラに掃除させてるイジワルなお姉さんみたい…(これこれ)

電気が足りなくなると、いそいそと自分でドックに戻るところがまた萌え…(これこれ)

狭いところに入れないから、部屋の真ん中だけしか掃除できないんじゃ?と思っていましたが、本体から回転ブラシが10センチ近く外にはみ出すため、入り込めないところもかなり掃除してくれます。段差2センチまでは乗り越えるので、掃き出し窓の桟も掃除します。基本的にはブラシでかき出して吸い取るという単純な動作なのですが、ウワサ通り、びっくりするほど床が綺麗になりました。

段差2センチ以上の場所には行かないので、階段を転げ落ちるというようなことはありません。

おうちでペットを飼ってらっしゃる方などは、明らかな効果を実感できると思いますが、うちのような狭小部屋の場合、はっきり言って、ルンバくんを買って家が綺麗になった第一の理由は、ルンバくんが通れるように、床の上にモノを置かなくなったということかと思います(爆)

ま、取りあえず、私としては機能よりも、家事ロボットが居るということが面白くて、その点、大変満足しております。

欠点といえば、3回くらい使ったら、ネジを外したりして本体を掃除しなくちゃいけないことでしょうか。ホコリも出るし、結構大変です。あ、オチはもうわかったって?はいはいそうです。ルンバくんを掃除してくれるルンバくんが居ればいいのにな~ってことですね(爆)。
[PR]
# by silverspoonsjp | 2010-08-21 22:57 | プチ日記

つくば

a0003079_001871.jpg


久々に、暦通りきっちり休んだゴールデン・ウィーク。1冊の本を読むこともなく、のんびり過ごした1週間でした。
遠出はしないつもりでしたが、1日だけ、市場が開かれるというので茨城県のつくば市に行って参りました。

ここは研究所や大学が集まる学園都市です。以前は交通があまり便利でなかったため、気軽に遊びに行くような感じではありませんでしたが、今は「つくばエクスプレス」という電車が新設され、秋葉原から45分と大変アクセスが良くなりました。

その駅前で、毎月1回、「つくいち」という朝市が開かれています。お天気も良いのでピクニックがてら出かけてみました。

駅前のターミナルのど真ん前だというのに、こののどかさ。木立の向こうにロケットが見えるのが(笑)、なんか萩尾望都ワールドっぽくて和みます。地元の雑貨やさんや農家、パン屋さんが出店していて、ちょうど疲れないサイズ。ただし、GWだったせいか人気の屋台は大行列になっていました。

取りあえず、何の行列だかわからないまま、人の多いところに並んでみました(典型的な関東人の行動パターン…汗)。かなり近くまで来てようやくここがdavid pain という、フランス人のパン屋さんと判明。他でサンドイッチも売ってるし、でも並んじゃったしなぁ、でも何でこんなに買い物に皆時間がかかるんだろう、と前の人を見ててビックリ。平気でバゲット3本とかクロワッサン10個とか買っていくんです。

そうか、買いだめに来てるのね…まさかつくばってパン屋さんがないんじゃ…?と一瞬思ったけど、つくばにパン屋が多いのは有名な話なので、それはありえません。

せっかく並んだからと、バゲットとクロワッサンなどをいくつか買ってみました。家に帰って夕飯どきに食べたらビックリ!こんなおいしいバゲットやクロワッサン、初めて食べたかも。うう、しまった、もっと買ってくれば良かった…。HPを見たら発送もしてるみたいだから注文しちゃおうかな…?でも、翌日には当日ほどの感動がなかったので、食べる日に買うのが一番良いんでしょうけどね…。

この他にも、朝詰みのいちごとか、壺入りのキムチとか、取れたてのたけのことか大収穫で、わざわざ来た甲斐があった楽しいひとときでした。

つくば周辺はきちんと計画通りに整備されていて、(私的には)ちっとも面白くないだろうし、住民も移住組ばかりなんだろうなと勝手に想像して足が向きませんでしたが、駅から10分も歩くと昔ながらの茨城らしい農村が広がっていて、とても良いところでした。私は気取ってなくてラテン系な(人が多いと思いません?)、茨城の人が大好きなんですけど、この辺りもそんな茨城の良さが濃厚に漂っています。

すっごい立派な和風の農家に無理やり出窓付けてる家があるかと思えば、一番良い前庭の真ん中にどーーーんと栗の木一本だけ植えてる家があったりと、茨城らしいお茶目さ満開、散歩するだけで嬉しいところです。皆様も、施設めぐりに飽きたらぜひ、地元の地区をご覧くださいませ。
私ゃホントに好きです、茨城が…。

そしてああ、もう連休も終わってしまいました。悲しいよう…。
[PR]
# by silverspoonsjp | 2010-05-06 00:00 | プチ日記

六義園の桜…より団子?

a0003079_22463749.jpg

土曜日も仕事があり、近くまで行ったので、時間調整で入ってみました六義園。7分咲きでした。2時過ぎに入ったときはスイスイだったのに、1時間後に出るときには長蛇の列が出来ていました。

見頃は4月初めくらいでしょうね…

入り口は駒込駅からすぐのところと、少し本駒込寄りに歩いたところと2箇所にあり、後者の方が若干空いています。その近くに、新規で「LANI」というカフェが出来ていました。

この辺りではコーヒーがおいしく、店が可愛いと超有名な「カフェ・クラナッハ」のすぐそばです。
文京区らしい商売の仕方というか何というか、クラナッハは店を週末開けないようになってしまい、ちょっと悲しく思っていたところでした。

a0003079_2247661.jpg

マンションの1階の小さなスペースですが、中も外も緑がいっぱい。昼のランチメニューはとてもおいしそう。女性3人で切り盛りしていて、いかにも手作りなおにぎりやパイがおいしかったです。ごちそうさま~♪
[PR]
# by silverspoonsjp | 2010-03-28 22:56 | プチ日記

春の気配

a0003079_21362986.jpg
寒い日が続いておりますが、皆様お元気でしょうか。
 さて、月に一度、日課ならぬ月課で、植物園に散歩に行きます。ようやく福寿草が顔を出しました。…と思ったら、梅もそろそろ満開。
a0003079_21364414.jpg


そして、なぜか桜まで参戦。

北国では、一度に花が咲くと聞いたけど、東京はいちおう、福寿草が最初で、次が水仙、そして梅。梅が終わったら桃(だっけ?)、桃が終わったら桜、の順なんですけど…とよく見たら、やっぱり寒桜でしたね。もう蜂がわいわいたかってました。メジロは盛んに花をむしってるし。
a0003079_2137876.jpg

ということで、そこまで来ている春の、小さなレポートでした。
[PR]
# by silverspoonsjp | 2010-02-21 21:48 | プチ日記
ひごろ(SF以外の)小説はほとんど読まず、(SF以外の)小説を読むとなったら重箱の隅をつつくようなところばかり熱心に追求しているのでございます。

世間にお仲間は少なくないと見え、小説に出てくる何ソレを取り上げて一冊にした、という本は探せば結構あります。まあ、普通はレシピとか、小説の舞台になった場所とか、そんなものなんですけど、もう少し考現学的な部分に注目した本を面白く読んでます。以前、インテリアで読むイギリス小説という重箱隅本をご紹介しましたが、あんたも好きね、の類書がこちら、イギリス「窓」事典でございます。

こちらは前者よりさらに隅度がアップしており、登場する窓の用語は300以上、取り上げた小説は187におよびます。も、ち、ろ、ん、「指輪物語」も取り上げられています(マニアックな箇所ですが)。

しかし、気になったから「窓」を集めただけなら、単なる趣味の本ですけど、思うに、インテリアが英国の人の内面を表すものだとすれば、外との境界であり、しかも自分は中にいながら、あたかも外とつながっているかに思わせてくれる「窓」というものが、小説の中でどのように使われているかをテーマに据えるのは、なかなか上手い着眼点ではないでしょうか。

「上げ下げ窓」(sash window)の説明を見ると、この窓の細部の名称から、材料も含めた歴史的な変遷、なぜこの窓が珍重されたか(換気のしやすさや窓辺に花を飾るときに邪魔になりにくいなど)の考察、「まだらの紐」を含む、このタイプの窓が登場する小説の一節が紹介されています。

「フランス窓」(French Window)の項目を見ると、サキの「開いている窓」の引用があり、このタイプの窓でなければならなかった理由が解説されています。

ただ、名称の説明の項目では、この「フランス窓」のように、なぜ小説中に登場するのが「そのタイプの窓」でなければならないのか解説しているのは例外で、ほとんどは窓自体の説明と、小説の引用だけで終わってるのはちょっと残念です。紙幅の関係もあるんでしょうけど…。ただし、映画で窓が出てくるシーンについて言及している時は、割合突っ込んだ解説が載っています。

特に面白く読んだのは補遺の「窓の歴史」以降で、windowの語源(「風」の「目」)から始まり、ガラスがなかったころの窓、ガラスの窓…と続きます。

そうそう、日本の窓もガラスの前は「紙」だったんですよね…家に和室がないから忘れてましたけど。イギリスではリンネルや油紙、牛の角を薄く切ったものなどが使われていたそうです。ガラス窓は高価で、留守の時は取り外して保管し、引っ越しの時は外して新居にもっていったとか。18世紀になってもまだまだ貴重なものでした。

そんなに高い贅沢品なので、窓には「窓税」という税金がかけられていました。取り付けられた窓の数に応じて税金がかかる仕組みで、しかも所有者ではなく居住者から徴税したため、税金を払えない店子が窓をレンガでふさいでしまった跡が今も残る建物もあります。税金対策のためか、検査が入るときだけ窓をふさぐという荒技もあったという話は、今も昔も変わんないなーといったところでしょうか。

しかし、一番ビックリしたのは、この信じられない税金「窓税」、名前こそ「窓銭」ですが、中世・近世のニッポンにもあった、というくだりでした。

こういう本、持ってて悪くないと思うのですが、お値段がビックリ税込9600円、まさか窓税included?(ああっ!ガラスを振り回さないでくださいっ!!)個人で買うにはちょっとした勇気が必要です。470ページもあるし、良い紙を使っているので法外とは言えないけど、それにしてもねえ…。

三谷康之著
日外アソシエーツ
A5判 470ページ
4816920757
[PR]
# by silverspoonsjp | 2010-02-13 22:37 | 素敵なヴィジュアルの本