本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:バトン ( 4 ) タグの人気記事

カラーバトン

ガンコ寿司のネタより頑固な性格を「旅とこもごも」のElfarranさんに見切られ、頂戴しました白の「カラーバトン」

ん十年前は色を見るとすぐCMYKで割ってしまう職業病を有しておりました。いまだに灰色を見ると「銀鼠」とか「「ダークグレー」などの名前と対応せず、アミ10%とか20%とか反射で言ってしまいます。しかし、もはやRGB全盛時代、活版手組技術同様、お払い箱の危険を刻々と感じる今日この頃でございます…。
さあ、気を取り直して行ってみよう!

好きな色は?
強いて言えば、単色だと、DICの186番とか?(^^;)…少し紫の入った透明な青が好きです。好きな青に一番イメージが近いのは、青い花でしょうか。デルフィニウムムスカリブルーベルヤグルマギク…そうそう、愛読書もノヴァーリスの「青い花」でございます。ただ、私は色は単体より組み合わせが好きなので、家にも青の小物はほとんどありませんし、青い服も持っていません。

さて、せっかくバトンを頂いたので、大日本インキさんが日本橋でやっている、色関係のイベントにお邪魔してみました。

アメリカあたり、いろいろな肌や髪の人がいるところでは、「黒~茶色の髪」=赤、というのがパターンになってて、コートは赤が似合うとかセーター赤にしろとか指導されたものでございます。むかし「大草原の小さな家」で茶色い髪のローラはいつもピンクの服でむくれていたと書いてあいましたが、未だにそうなんですね~。

イベントでやってた「パーソナルカラー診断」はそれにちょっと似ていますが、単体の色を決めるわけではなく、その人が持っている個性に合わせて、色のトーンを決める、というものです。イメージしやすいよう、「春」「夏」「秋」「冬」の4タイプに分かれています。ちなみに、私が好きなのは、ほぼ全て「秋」に属する色。実際に似合う色はどうなのか、料金500円ナリで、10分ほどで診断してもらえます。すると驚くべき結果が!

なんとソフトで淡い「夏」タイプらしい(つまり、黄色がかって濃い「秋」とは全く正反対)。ワードロープは反対のタイプの服ばかり、こんな色一枚もございません!私の性格にも合わないし(お嬢様でも上品でもない)。この結果、ホントなの~!?(号泣)

こんな地獄を見てもいいから御自分でやってみよう、という方はこちらの説明がわかりやすいし、判断結果も正確なようです。

ちなみに、「パーソナルカラー診断」イベントについてはこちら。会期は2月1日までですので、ご興味をお持ちの方はお早めに。

キライな色は?
淡くて上品な中間色(憎)…いえいえ、単体だとペパーミントグリーンとか大キライなんですが、焦げ茶との組み合わせはとても好きです。

携帯の色は?
黒です。当時は欲しい機種が黒しかなかったので。

あなたの心の色は?
灰色ですかね…一番似合う色だって言われたし。「鬼太郎キャラ占い」とかあったら、ねずみ男なのよ、きっと(大号泣)

次の五色の似合う人にバトンタッチ
オレンジ 、緑、黒 、白 、ピンク


う~ん。青があったら絶対crannさんに振ったのですが。
緑のエルさんからはバトンを頂いちゃったし、ピンクのTitmouseさんへは渡っちゃったし、黒なんてメーテルの色だし。

foggyかおるさんはワインレッドのイメージだしなあ…(困)でも、ショッキングピンクが似合うと書いてらしたので、ピンクでお願いしてもよろしいでしょうか?

wataさんはblogの水色のイメージだけど、何にでも効くビタミンのイメージにこじつけて、オレンジということで、お願いできませんか?

うーん、お忙しいと思いますが、「大福帳」のゆきみさま、ブログ名にちなんで「白」をお持ち致します。ご無理でしたら納戸に片づけて頂いて結構ですので、よろしく…。

のちほどお願いにあがります。

面白いなと思った方、どうぞ拾っていらしてくださいね。
[PR]
by silverspoonsjp | 2007-01-30 00:43 | バトンいろいろ
■自分の知っている管理人様の連想バトン■

なんかスゴイタイトルですこと。
foggyかおる様より頂戴いたしましたので、早速挑戦してみましょう。

当てはまる管理人様の名前を記入して下さい(何回でも可)
名前を記入された管理人様は必ずバトンをやること。
一度やった管理人様はやらなくていいです。


えっ、そんな指令を下されても…。
ほとんどの方はもうバトンを受け取っていらっしゃると思いますし、あまり気になさらないでください…。

『まずは貴方』
せめて貴女にしてくださいまし。

▼名前(HN)
銀の匙。「指輪物語」から取りました。

▼知人に言われた性格
大陸的。いまだにどういう意味かわかりませんが、褒められてるとはとても思えません(核爆。

『連想(知人管理人さんのお名前)』

▼カッコイイ
私呼んで「歩くソリューション」、「まぞむ雑記」のwataさん。仕事の出来る女(ひと)は永遠の憧れです。頼りがいもあるし…。いつもお世話になってます。ありがとうございます。

▼可愛い
「末つ森でひとやすみ」の柚子緑さん。切れ味鋭い文章をお書きになるけれど、御本人は性格もビジュアルも、とても可愛らしい方なんです。

▼乙女
「Dalmatian Dot-matrix printer」のeticaさん。ただラブリーなだけじゃなくて、喜怒哀楽すべてが揃っている、全方位乙女なのが素晴らしい。

▼優しい
「マゾムがいっぱい」の北国のあきさん。コンテンツからも、コメントからも、優しいお人柄が伝わってきます。

▼楽しい
「sextans 好奇心のコンパス」のcrannさん。「ラッコ庵日乗」のラッコ庵さん。
話題が豊富で、いつも楽しませて頂いてます。お邪魔するとホッとします…。

▼個性的
個性的というのは、私の中では最高の褒め言葉なんです。
で、お名前を挙げさせて頂いた皆さん全員が個性的なので、取り立ててどなたがっていうのは難しいですね…。

▼天然
天然ボケの方じゃなくて、ナチュラル志向の天然ということでいうと「旅とこもごも」のElfarranさんかな。
丸ごとサンクチュアリのような、ステキなおうちにお住まいなのです。

▼腹黒
腹黒ね~。おぬしもワルよのぉ、といったら「指輪物語」ではグリマと相場が決まっているのですけど、私の知ってるHNがグリマさんは可愛い人です。お洋服のセンスもいいしね。

▼変態
こりゃ私だわ…。巻き毛の人を見ると、オートドライブで目線がついて行ってしまいます。友達だと手を出してしまいます。危ない危ない。

▼子供
「いむろす めるいの薔薇」のmogさん、「See Songs」のTitmouseさん。
お二人が子供っぽい、という意味ではなく、まったく反対で、
子供の話題が出ると反射的に、良きお母さんであるお二人を思い出すのです。

▼大人
「foggyな読書」のかおるさん。HNがオババ様だから…という訳ではございませんで、コメントの付け方とか、ご自身ではそっけないと分析してらっしゃいますけど、大人だなーって感じ。

▼ツンデレ
ツンドクなら「積ん読帳」の丸面チカさんなのですが、惜しいっ!
お会いしたことはないのですが、いつもお忙しくはあっても、ツンデレということはないと思います(ですよね?)。

▼萌え
「大福写真帖」のゆきみさん。えー、だって聖セ◎スチャンとか、萌えツボをいろいろ教えて下さったじゃありませんか。おかげで、海外の教会へいくとお祈りする前に、胸に矢が刺さってる人を探すようになってしまいましたよ。
どうしてくださるんですか?

▼尊敬
「指輪物語よもやま」のたかなしさん。とにかく驚異の記憶力です。一回見ただけの映画もまるで脳にプリントされているかのように鮮やかに再現されちゃうのを見ればどなたも納得のはず。加えてあの分析力、尊敬以外の何物でもありません。

全然違うー!とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、笑って赦してやってください☆
[PR]
by silverspoonsjp | 2006-10-23 22:53 | バトンいろいろ

お題バトン

今回も、書店めぐりはちょっとお休みでバトンのお返事を。

foggyかおる様より頂戴したお題バトン。
ご指定はなんと「巻き毛」!

好きなだけに(爆)難航しました。かおるさん、長いこと引っ張りまして申し訳ありませんでした<(_ _)>
いろいろな実物を写真でお見せすれば面白いかもと思っていたんですが、
見つかったときにはカメラがない(泣)
あまりお待たせするのも何なので、とりあえずエントリーしてみました。

さて、お答えするまえにまず、私の愛する「巻き毛」について、定義をしっかりしておきましょう。
まずはお約束の「広辞苑」を見てみると、
「渦のように巻いた毛」
(…喧嘩売っとんのか、ヲイ)

続きましては「大辞林」。
「頭髪などの、縮れて巻いている毛」
(定義される用語を使って定義するとは、コラっ!)

ちなみに、wikiではこの項目がまだなく、仕方なく「天然パーマ」で引いてみると、
「生まれつきウェーブがかかった髪 質のことを言う俗語」

とあって、例がお笑いタレントの東野幸治さん。
いえ、いいんですけどね、
何なのよ、あだ名が「かたやきソバ」って(激怒)。

他にもいっぱい巻き毛の有名人はいますよ!
大泉さんとか、磯野波平さんとか…(詳しくは10%研究所をどうぞ)

ちなみにweblioで引いてみたら、関連項目がウェルズの「タイムマシン」になっててびっくりしました。なるほど、エロイって巻き毛がデフォルト設定なのか。

巻き毛自体を定義するのは難しそうなので、私の主張は以下の通りです。

1.巻き毛はカーラーでは作れない!
天然こそが巻き毛の王道であります。パーマをかけたり、
お蝶夫人みたいにホットカーラーで作った巻き毛は問題外。
よっておばさんパーマは巻き毛ではありません。
さあ、フロド@旦那様を「おばさんパーマ」呼ばわりした方、
ここに来てお座りなさいっ!
ええ?!じゃ、ヅラなら良いんですか?などというツッコミは禁止です!
(ぜいぜい)

2.アフロはアフロである!
マイケル・ジャクソン(変身前)、アムロ・レイ、パパイヤ鈴木氏の髪型はカワイイですが、
あれはアフロヘアです。悪いけど巻き毛とはカウント致しません。
あちらも巻き毛なんかと一緒にされたかないでしょう。
ちなみに私はくせ毛ですが巻き毛じゃありません。アフロでもないです。(哀)

Q:PCもしくは本棚にはいってる『巻き毛』
「巻き毛」と関係ある本なんかあるのか?
と思いつつ、本棚を洗い出してみると、あるわあるわ…(核爆)
「ウィリアム・ブレイク」なんて、巻き毛の出てないページを探す方が難しい。
「花より男子」はなぜいいムードのシーンになると、
いつもは天然パーマの道明寺が巧みにストレートになってるんだか理解不能。

Q:今妄想してる『巻き毛』
スポーツ選手に長髪の人はいないと思ってたから、アン・ジョンファン選手の髪型は衝撃的でした。野球で長髪は花形満くらいだけどサッカーはいいのね?
敵味方全員巻き毛なら面白いだろうなあ(何のため?)。

巻き毛は人間だけじゃありません。
「巻き毛モルモット」
「巻き毛カナリア」
「巻き毛スパゲティ(タリアテッレ)」
…何でもアリ。
Elfarranさんのブログによると、パッションフルーツにも巻き毛があるとか
奥が深い。
希望としては、つる巻バラと巻き毛パッションフルーツに囲まれたおうちで
巻き毛カナリアを飼ってタリアテッレを頂くという生活が良いのですが、
どんなもんでしょうか。いえ、何でもないです。

Q:最初に出会った『巻き毛』
これはたぶん宗教画でだと思います。
ストレートヘアの天使って見たことないもん(爆)。
日本では「鬼」が巻き毛ですけどね。
中学に入ってはじめて天然パーマの同級生を前にした私は、
端から見たらさぞや挙動不審だったことでしょう。
先方が女の子だったのが悔やまれます…(はい?)

Q:特別な思い入れのある『巻き毛』
全員が巻き毛のカツラをかぶる香港の法廷(マジです)…はやめといて、
やはり、絵画作品に出てくる巻き毛ですね。
萩尾望都の作品に登場するふわふわの巻き毛の少年少女とか、
バーン=ジョーンズの作品に登場する巻き毛とか。
まー、でもとどめはやはりイライジャ@フロドでじょうか。
「二つの塔」で沼に落っこった後、髪が真っ直ぐになってるシーンは
断じて容認できません
ましてや、タコ坊主だのクルーカットだの七三分けだの(以下自粛)

今回、回したい先があったのですが最近更新していらっしゃらないため、
また様子を見てバトンをお持ちします。面白いと思った方、どうぞ拾っていってくださいませ。
[PR]
by silverspoonsjp | 2006-06-29 23:05 | バトンいろいろ

Musical Baton

chubb's chamberchubbさん、Diary NoteDADA.さんからmusical batonを頂きました。ありがとうございます。

こういう企画はさらっと答えるのがカッコいいんでしょうけど、こと音楽に関しては思い入れが強すぎて、とてもとてもそんなこと、できませんわ…。

ちなみに、crannさんから「映画音楽で」とご指定を頂きましたバトンはこちらでお答え致しました。

音楽に関する4つの質問
1 現在自分のパソコンに入っている音楽ファイルの容量
2 最後に買ったCD
3 いま聴いている曲
4 よく聴く、または特別な思い入れのある5曲


バラードよりは、グルーブのある曲が好きです。グルーブって何?と聞かれると答えづらいけど、「グルーブがある曲」は自分を取り巻いて回転してるように私には聴こえます。あるいは、聴いていると自分が回っているように感じるというか…。酩酊するってこんな感じかな?というノリがあるんです。お酒を飲まない代わりに、音楽を飲んでるのかも…。

1 現在自分のパソコンに入っている音楽ファイルの容量
22GB。ほとんど圧縮していません。バックアップ用にとiPodを買ったのに、そこからハードディスクには書き戻せないことを発見。ショック大きすぎ…クラッシュしたら、また1枚ずつ入力し直すのね…気が遠くなりそう。もう一つ心配の種はカセット。持っている音源のほとんどがカセットなので、早いとこデジタルに変換しないと、テープが伸びて聴けなくなってしまいそうです。

2 最後に買ったCD
System of a down (システム・オブ・ア・ダウン)「Steal this album」(スティール・ディス・アルバム)a0003079_035482.jpg
2曲目のinnervision が特に気に入ってます。11曲目のHighway Songも好き。


3 いま聴いている曲

Everything but the girl(エブリシング・バット・ザ・ガール)「Walking Wounded」 (へ?「哀しみ色の街」…邦題つけるのも良し悪しだわ…)a0003079_0341915.jpg


夜が更けてくると聴きたくなる曲。トレイシーのクールで気怠いボーカルと、ドラムン・ベースのノリのミスマッチが面白い。リズムに良く乗った歌詞も好きです。
それにしてもAmazonの試聴ファイルって音が悪いですね…。これを聴いたら買おうと思ってた人もやめちゃうんじゃないかと、ひとごとながら心配です。

4 よく聴く、または特別な思い入れのある5曲

5曲!それは不可能…。そうだ、バトンを2本頂いたから、倍でも良いですよね(掟破り)。

竇唯(ドウ・ウェイ)「黒夢」(ブラックドリーム)表題の曲を初め、彼の音楽はどれも好きです。プロモーション用のMTVを見たことがあるんですけど、音楽も映像も暗くて不思議な色彩感覚と強烈なグルーブをもっていました。オルタナ・ロックの要素が強いですが、ロシア音楽風、レゲエ風、ラップ風、中国の伝統音楽などが、彼一流のセンスで絶妙にミックスされています。特に好きなのはドラムの音。シャープで冷たくて、聴いているとリズムのラインが銀の線になって見えるようです。歌詞も素晴らしい。

The Smashing Pumpkins(スマッシング・パンプキンズ)「Rotten Apples: Greatest Hits」 a0003079_0355232.jpg
90年代にロックを聴いた人なら必ずや通る道、と言われておりますスマッシング・パンプキンズ。通る、ってことは、たいていの人はここを出てっちゃう訳で、いうなればロック界の太宰治のようなものでしょうか(?)。でも私にはどうしても彼らが卒業できません。キャッチーな中にもそこここにヨーロッパ的なメランコリーが沈殿している曲調で、アメリカのバンドと知ったときには本当に驚きました。

よし、では聴いてみようか、と思われた方は、ぜひアルバムを通して聴かれることをお勧めいたします。狂ってるとしか思えないパッションととろけるような叙情性が交互に現れるのがスマパン最大の特徴。どちらかだけでは聴いたとは申せません。このアルバムはベスト盤ですので、「鶏を絞め殺したような声」とも称される(怒)ボーカル、ビリー・コーガンのシャウトと猫なで声の波状攻撃を思いっきり堪能することができます。16の「Try Try Try」はアルバム中一番好きな曲。素晴らしいグルーブ。イギリスあたりで夏にさあっと降ってくる雨に洗われたような、回転する遊具に乗っているような、そんな気持ちがします。飛行機が離陸するときにいつも聴く曲。

Rediohead(レディオヘッド)「Amnesiac」(アムニージアック)a0003079_0364794.jpg
トム・ヨークの煙るような歌声と、物静かな音楽が霧のように立ちこめてくるアルバム。気持ちが落ち着いているときでないと聴けませんが、飽きることがありません。



Dervish (ダービッシュ)「At the End of the day」(アット・ジ・エンド・オブ・ザ・デイ)a0003079_063458.jpgアイルランドのトラッド。ケルト風のメロディーラインが好きで探しているんですけど、妙に現代風な味付けのものがあるかと思えば、いかにも民族音楽してますといった作りが鼻についたりとか、なかなかこれというのに巡りあえなかったのです。
このアルバムは器楽曲と女性ボーカルの曲が入っていて、古拙な味わいと、現代生活にも合う選曲が良い1枚。ボーカルの気取らず優しい歌声が好きです。

Queens Of The Stone Age
「Rated R」
a0003079_071265.jpg退廃的という言葉の真の意味を知りたければ、このアルバムをお聴き下さい。メンバーのうち誰かは絶対クスリをやってるに違いない。いや、全員か?と思わせる、実に奇妙な音楽です。ポップですけど。普通ポップスって、イントロがAでサビがBだとすると、ACBCBとかACBCとか、そんな風につなげますよね。この人たち、ものによっては
Aメロ→Bメロ→Cメロ→Dメロ(あれ?)→Eメロ…
と出かけていったっきり二度と帰ってきません。何拍子だかも全然わかりません。ヘンです。絶対ヘン。大体なんですか「子羊の脚」って。そんなタイトルの歌、お姉さんは知りませんよ。

ドビュッシー「ベルガマスク組曲」一番好きな音楽のジャンルは何か、というとそれはたぶんクラシックなんですけど、CDはこれしか持っていません。CDで聴くクラシックって、何だか別の音楽のような気がしません?まあ、いいステレオがあれば話は別でしょうが…。

ワイセンベルクのドビュッシー、評はさんざんですね。ははは。ドビュッシーはつっけんどんに弾いてナンボです。ワイセンベルクくらい突き放しているのがよろしい。思い入れたっぷりの甘ったるい解釈のは聴いていられません。硬質で蒼白い「ベルガマスク組曲」は夜光る鉱物のような美しさです。

Pulp(パルプ)>Common People(「Different Class」所収a0003079_039399.jpgこの曲、友達の家で映像を見ながら聴いたんですけど、もう最高。ボーカルのジャーヴィス様のバカっぽい踊りが素敵すぎです。その場に居合わせた全員がハマってしまい、「コモンピ~プル♪」と歌い踊りながら何十回も観ました。隣の部屋の人!悪い友達でごめんなさい。

FOUR TET(フォーテット)
Unspoken(アンスポークン「Rounds」所収)a0003079_082982.jpgときどき何かに取り憑かれたように、CDのデザインだけ見て買う、いわゆるジャケ買いをすることがあります(響きが恐ろしく「ヤケ食い」に似ているのはなぜでしょう)。そしてたいていハズします(T T)。これもまさにそんな1枚。ジャンルとしてはエレクトロニカ(と言う割にはアコースティックですが)かと思いますが、聴いてるうちに、あんたたち、自分さえよければいいと思ってるでしょ?と詰めよりたくなるノイジーな音楽。ところが中に1曲、もの凄く気に入った曲があったのです。

それが「Unspoken」。ピアノとタンバリン、ドラムの音を中心に、船をこぎ出すような感じで音楽が始まります。途中に入るカウベルのような音、モビールのふれあうような音…聴いているうちに、強い風に吹かれながら、通り過ぎていく家畜の群れを見送っているような、寂しく不思議な気分になります。何度も何度も繰り返し繰り返し聴いてしまいます。(アマゾンのこの曲のファイルの音質は割とマシです。もちろん原曲の雰囲気の10分の1くらいしか伝わらないけど…)。

CORNELIUS(コーネリアス)「Point」(ポイント)
「ファンタズマ」より、こっちの方が好き。気持ちのいいリズム、グラスにはじける泡のようなボーカル、響きの面白い歌詞。聴きながらいろいろな映像が頭に浮かんでくるアルバムです。

浮世繪「愛花的少年」(リンク先は利用したことがありません。ごめんなさい…)浮世繪は香港の男性二人のユニット。ジャンルは…オルタナ…うーん、何て言ったらいいんでしょう。ボーカルが重い質感ので夜の雰囲気はありますが、ダイナミック。まさにこのジャケットの絵の感じ。電子楽器の使い方が上手いです。三拍子で、鮮やかな雨の中のネオンを思わせる曲「憂傷的美有誰知(憂傷の美を誰か知る)」、洒脱な「無力再回首(もう振り返る力がない)」とか、面白いです。

Beyond「亜拉伯跳舞女郎」(アラビアン・ダンシング・ガール)a0003079_091661.jpgBeyondは香港の男性4人のバンド。アマチュア時代に「再見理想(理想よさらば)」という自主製作のテープを作って解散のはずが、プロデューサーの目に止まってデビューしたという話を聞きました。このアルバムがたぶん1stだと思うのですが、それまでのアングラなイメージから一転、ポップスに…っていうかキワモノ?に走ったため「ロックの裏切り者」とかなんとか、評論家からさんざんなこと言われたらしいです。アラビア調の音階に広東語の歌、そりゃキテレツなことは認めますが(でもこのタイトル曲、好きだも~ん・笑)、インディーズらしい骨のある曲もたくさん入ってます。ボーカル黄家駒は本当に素晴らしい。このアルバムでも「泣きの家駒」の本領を発揮しております。もうすぐ彼の命日。心からご冥福をお祈りします。

長々とすみませんでした…ほかにもエイフェックス・ツインとかオウテカとかシガーロスとか好きなものが多すぎて収拾がつかなくなりつつあるのでいい加減やめます。

さて、もたもたしているうちに、皆様もうバトンを受け取っていらっしゃるご様子。ここは一つ、掟破りついでに質問を置いておきますので、答えてみよう、と思った方はバトンを拾って前進してくださいませ!拾った方はもしよろしかったら、この記事にTBしてくださいね。

ではでは!

音楽に関する4つの質問******************************

1 現在自分のパソコンに入っている音楽ファイルの容量
2 最後に買ったCD
3 いま聴いている曲
4 よく聴く、または特別な思い入れのある5曲
****************************************************
[PR]
by silverspoonsjp | 2005-06-27 00:09 | バトンいろいろ