本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:文房具 ( 8 ) タグの人気記事

ここ数年、スケジュール管理はスマートフォンにお任せだったのですが、それだけではちょっと味気なく感じてきたのでまたアナログの手帳も使ってみることにしました。

せっかくカムバックするなら、少し新しいアイディアも取り込んでみようかな、と思い、手にしたのがこの本。

『マンスリー&ウィークリーで幸運を呼び込む「2度書き」手帳術 さとうめぐみ 著 東邦出版

ひゃー勘弁してくださいよ、1回書くのも面倒くさいのに2度書きっすか?!とおっしゃられるなかれ。確かにスゴイ面倒くさいですが、その面倒くささが秘孔を突いてくるので、気になる方はぜひ、トライしてみてください。

タイトルが胡散臭いのが気になる方もいらっしゃるかと思いますが、その辺は飛ばしてつまみ食いでも、やってみる価値はあります(後述するように、必ずしも続けなくてもよいのではと個人的には思います)。私はここのところ本当にツイてなかったので、この際、胡散臭くてもいいから実行してみるかと投げやりな気分でした。

さて、手帳術的に紹介すると、手帳のマンスリーページ、ウィークリーページの両方を極限まで利用するテクニックなのですが、そのやり方のあらましは以下の通り。

1 まず、自分が実現したいことを考える

2 それを月で割る

3 マンスリーページに、するべきことのほか、したいことも3つまで書く

4 仕事は青、プライベートは緑、体調に関することは赤、日常のことは黒、夢に関することは好きな色で、月の予定を書き込む。この色分けは手帳のどの部分を書くときも統一します。

5 日々の予定の中に、夢に向かって行動する、5分程度でできる予定項目を書き込んでおく。また、1日1縁と称して、安価またはただで、一人でできて時間がかからない、ワクワクする予定を記入しておく。

 
6 毎週はじめに、ウィークリーページに月の予定を写し、予定の詳細も記入。毎日繰り返してやること、定期的にやること(9時から5時まで仕事など)も必ず記入する。 

  そのほか、各日の頭に、今日はどんな日にするか、スケジュールに合わせてあらかじめ書いてしまう。同窓会で思わぬ人脈を得られたとか…

7 1日の終わりには、予定外に起こったことを後からわかるように書き込み、今日終わらなかったことは繰り越すかどうか考えます。

8 さらに、頂きものなど物質的・金銭的に得した(自分が相手に得をさせた)こと、精神的に豊かになれたこと(相手を豊かにしたこと)を「ハッピーマイレージ」と称して、それぞれ1行ずつメモする。

また、出来事・行動、結果・感情、学び・宣言をそれぞれ1行ずつ書きます。

この非常に面倒な作業を2週間ほどやってみたところ、驚くべきことが分かりました。

8番目のハッピーマイレージ、つまり、得したり、心豊かになれたことが、毎日各1行じゃ書ききれないほど起こっているということです。

「小確幸」なんて言葉もありましたが、気づけばなんとラッキーな毎日を送れていることか。文句を言ったらバチが当たるとはこのことです。

この方式でずっと記録していって、後で振り返ってみると面白いだろうと思いますが、かなりの手間がかかります。「作業事が大好き」「記録魔」みたいな人にはお勧めですが、システマティックすぎて、クリエイティブな人にはあまり向いてないかも知れません。で、もっとアバウトにラッキーになれる方法としておススメなのはこちら↓です(新年なので、妙なエントリーですが許してください…)

『書くだけで運と幸せが集まる「願いごと手帖」のつくり方』 ももせいづみ著 PHP文庫

これは、願いごとだけで1冊ノートを使う方法で、願いを思いのまま書くだけでいつの間にか叶ってしまう、というもの。せっかく買いためたお気に入りのノートの使い道を考えているときに目に留まった本です。

しかし、願いごとを思いつくままに書けって言われても、そりゃ願いごとはたくさんありますよ!っていう人は良いけど、あんまりツイてないと、自分の願いごとが何かさえ分からなくなってくるのが人間というもの。自分が本当にしたいことは何か。本当に欲しいものは何か。自分の事なのに、的確に文字にするのはとても難しいものです。逆に、書けるようになれば、それは実現への第一歩ということなんです。そうです、叩けよ、さらば開かれん。だけど、どこを叩くんだかわからないと、開けませんもんね(月光文字で書いてあったら、なおさらですよ)。

で、いったいどうなったら自分は嬉しいんだろう…と考えていくと、ぼちぼち思いあたることも出てきます。見つからない場合、この本ではこんな方法がおススメになってます。

好きなノートを用意して、願い事を書きます。

1 いま座っている場所で、足りないとずっと思っているものや、あったらいいなと思うものを書き出す
2 いまの自分自身を見て、こうなったらいいな、こんなものが欲しいというものを書き出す
3 家族や周りの人との関係を思いだし、こうだったら嬉しいな、と思うことを書き出す
4 仕事や趣味、地域活動のなかでこうなったらいいな、と思うことを書き出す
5 「身」「知」「社」(地位や資格)「財」「心」(充足感、満足感)など、自分の中に眠る大きな願いについて
書き出す

あとは基本、放っておく。たまーーーに、ノートを開いて、実現したことに印をしてみたり、少し違ったけど出た結果について、メモしておいたりする。年に一回は見直してみて、気になっていてずっと動かない願いごとは3つだけアクションを考えてみる(が、それをToDoにはしない。別の場所に書き出すだけ)

ここで大事なことは、目標じゃなくて、願いごとを書くことだ、と著者は言います。たとえばTOEICで何点を取るとか、○○の資格を取るとか、目標にしてしまうと、本当の願いのありかが分からなくなるし、いまの自分が目指せる範囲でしか、自分の未来を設定できなくなってしまう恐れもありますし、向上心のある人だと目標を達成したらまた次の目標を設定することになって、どこで幸せを感じるべきか分からず、無限ループに陥ってします。

足るを知る、というとむやみにガマンするみたいですけど、全然自分に必要じゃない目標を追っかけていくのではなくて、自分が本当に幸せと思うことは、小さいけれどたくさんある、ということに気がつくことが大事なんですね…

また、ToDoリストにしてしまうのも厳禁。そうすると、しなければならない義務で時間が埋まってしまい、本当にしたいことが見えなくなってしまうからだそうです。確かにそうですね。なので、願いごとは棚ぼた式で実現したように書くのがコツとのこと。プラス、自分が本当に手にしたいことは何かをよく考えて、手にする仕方や程度(さくさくと、すんなりと、あっさりと、など)までなるべく分かりやすく具体的に書くこと。できれば今自分が持っているものも有効利用して、たとえば、


・○○のバッグを買う→○○を偶然手に入れて、かっこよく使いこなす
・オーディションに受かってモデルになる→モデルになる話が舞い込んで充実した楽しい活動が続く
・来年は試験に絶対合格する→○○の試験にうかって家族と合格パーティーを開いて弾ける
・昇進して給料が増える→とんとん拍子に収入が○パーセント上がって、新車に買い替えた

…なんか大物小物の物欲満開な例ですが、この大小取り混ぜて、っていうのもコツの一つ。

大きいことはなかなか叶いにくいけど、小さなことで願いが実現するというのは結構あるもの。それに気が付いていくと、だんだん大きなことも実現するようになる。実現する大きなことというのは、実は、無意識の中にある、自分がこうしたいという望みなんだろうと思います。

自分でそれを探らずに、どこかで聞いてきたようなこと、たとえば、将来息子が○×大学に入学するとか、自分が24歳までに結婚するとか、そんなことを書いても実現しないし、実現してもおそらく幸せではないでしょう。

おおかたそれは自分の望みじゃなくて、お父さん・お母さんの希望だったり、世間の期待だったり、周りに言われてその気になってたり、ということだからです。もちろん、進学したい、結婚したいという願いについて本人がきちんとその行きつく先について考えていて、強くそれを願っているのなら、いまの日本の状況だったら実現するでしょう。

そう考えると、深いですね、このやり方は。

ある人にとって何が幸せであるかということは、他の人には決められないことなので、それを自分との対話の中で探っていくというのは、シンプルではありますが、心理カウンセリングに通じる、一種の内観法といえます。

どんなことでも良いから願いごとを書いてみるというと、ブランドもののカバンが欲しいとか、おいしいケーキが食べたいとか、個人的で俗っぽい望みしか出てこないように見えるかもしれませんが、表面的な事が叶って、その先を考えていくほどに、なぜその望みが出てくるかというところへ考えが至り、自分が本当に本当に欲するものは何なのかについて、多くの人が向き合うことになるでしょう。

なんて、エラそうなことを書いておきながら、自分はといえばつい、「エルフ語ネイティブに道を聞かれて答えられる」なんて願い事を書き込んでしまったりするんですが、なんか実現の暁には恐ろしいことになりそうな、と思ってるうちは、あり得ないんでしょうねぇ…
[PR]
by silverspoonsjp | 2013-01-15 21:13 | センス・オブ・ワンダーの本
一時は飛ぶ鳥を落とす勢いだったモレスキン。オシャレじゃない人にも行きわたったせいか、ひところほどのブームではないですが、すっかり街にはなじんだ様子(私はこの現象を「スタバ化」と呼んでおります)。

そのモレスキンからThe Hobbitの限定ノートが出ました。このハードカバーが微妙に使いづらいし…と迷っているうちに買いそびれていたら、今日になって公式HPに再発売のお知らせが出ていました。

もともと定番品ではないので、そのうち無くなっちゃうかなと思い、つい注文してしまいました。また「指輪貧乏」への道を歩もうとは夢にも思ってなかったのに…

気になる方はショップか公式HPでご確認ください!

★追記 2013年1月14日現在、ネットでは売り切れましたが、銀座LOFTで在庫発見です!
[PR]
by silverspoonsjp | 2013-01-08 23:24 | 「指輪物語」関連の本

お気に入りを買いに…

a0003079_21522932.jpg


皆さまこんばんは。
最近気に入ってるお仕事整理帳がございまして、消耗品なので買い足しに行きました。
写真左側の付箋紙で、名前は「テンミニッツ」。

要は、付箋紙が数種類、台紙に貼ってあるだけなのですが、これがなかなかのスグレモノ。
公式HPを見て頂いた方が早いかと思いますが、要はやらなきゃいけない仕事を1件ずつ付箋紙に書き出して、それを時間割の上に貼っておくという、ただそれだけのことです。

付箋紙に書くと並べ替えが簡単なので今までもやってましたが、値段を付けて売るだけあって、この製品にはもう少し工夫があります。

それは、時間の長さ(30分、60分、それ以上)を付箋の太さで分けられるようにして、見た目でかかる時間がはっきりするようにしたことと、動かせる用事と動かせない用事の付箋が色分けになってることです。

使ってみると、ものすごく便利。LOFTの丸ビル店で試しに買ってみたその日から、手放せない相棒になっています。

買い足しに行って嬉しかったのは、デルフォニックスの定番手帳・ロルバーンに月間ダイアリーがついたもの(写真右側のノート)が発売になってたこと(公式HPには何もアナウンスがないけど…)。取りあえず、ここのサイトのが見やすかったのでURLを貼っときます。

大きいのは見たことあったのですが、いつも使っているMサイズのは初めて見ました。毎年手書きしてたので、これは大変ありがたい…!ま、リングノートはすぐ角がよれてくるので、1年持たせるのは無理そうだけど(笑)これまでみたいに、3ヶ月ごとに1冊買って、マンスリー部分を貼り付けることになりそうです。

ありがとう、メーカーさん!!
[PR]
by silverspoonsjp | 2009-09-06 22:10 | プチ日記

デコトラ風スクラップ

a0003079_1454116.jpg
最近、こまごました紙モノがたまっているので、スクラップブックを作って片づけちゃおうかなーと思い(我ながらチマチマした趣味だこと…)、使えそうな紙を探しておりました。

本の形になってさえすれば良いというのであれば、少部数印刷を引き受けてくれるところで最低ロット作ることも出来ますが、凝ったことをするのは難しい。ただ、自分で書いて自分で製作する私家本とまでは行かなくても、工夫次第で面白い本はできます。

いま世間で流行っているかどうかは存じませんが、最近面白いと思うのは、すごくハデハデに飾り立てたスクラップブック。シンプルシックなモレスキン等とは対照的に、こんなデコトラみたいなスクラップブックのキットもあるんですねー。何ともアメリカーンな感じがたまりません。

旅のスクラップといえば、フランス人のユニット、ツェツェの作品も思い浮かびます。(ツェツェの旅行絵本とか。)

本は大事に…という教育を受けた方にはお目玉食らいそうですが、私はよく本をカスタマイズします。一番使う辞書に、載ってない単語とか、他の辞書でこれはと思う語釈の切り抜きを貼って使ってます(厚くなるけど)。蔵書票を貼るというのも、一種のカスタマイズでしょうか。

そして今一番やってみたいことは、活版で組んでくれるところに、自分の好きな詩を集めて印字してもらい、本にすることです…とはいえ、予算ないからダメだけど…まずはモリスを見習って、豪華手書き挿画本を作るとこからにしましょうか。
[PR]
by silverspoonsjp | 2009-01-28 01:25 | 本にまつわるエトセトラ

ポスタルスクウェア

a0003079_23164483.jpg

海外の郵便局にたいていあって、日本にないものといえば、それは封筒と便箋でございます。
成田空港で突然手紙を出す必要がおき、地下から出発階まで駆けずりまわって結局買えなかったときの、あの空しさよ…。

まったく、なぜ今の今まで売ってなかったのか、本当に不思議。
しかしこれからは違います♪
エキナカならぬ局中に、封筒や便箋、郵便グッズなんかを扱うPOSTA COLLECT(
ポスタ・コレクト)がついに出現したからです。

しかも、印刷・製本サービスまであります。印刷はともかく、一冊からでこの値段の製本サービスはかなり嬉しいかも。すでに来年の手帖はここで製本してもらおうと虎視眈々、狙っております。雑誌の切り抜きも製本してもらおうっと。テープ製本の他、リングや中綴じ、ツインループもokです。
a0003079_23171026.jpg

全国にたったの5軒しかないけど、まあ、そのうち増えるでしょう、好評なら…。
まだ宣伝期間らしくて、ちらしを持って行ったら↑鳥の形のスポンジをもらいました。切手を貼るのに使って☆ですって。かわいいな~。

ですが、全国展開の暁には、ビジネス用の一筆線とか封筒とかも扱ってもらえると嬉しいです。あと、リクエストとしては、日本郵便オフィシャルグッズとかも置いて頂ければと。…ほら、イギリスの郵便局にある、郵便ボックスのヘッドがついたレターナイフとか、中国の「集郵」窓口にあるオフィシャル切手帳とか、そういうものです…(私はコレクターじゃないです!!違うんですよーー!!)
[PR]
by silverspoonsjp | 2008-06-21 23:25 | 本にまつわるエトセトラ

来年の手帳は…

a0003079_22442479.jpg

気の早い年は10月から、
そうじゃない年でも11月の声を聞くと、
来年の手帳はどうしようかなーと、自分の中の手帳虫が騒ぎ出します。

去年も申しました通り、私は手帳に多くは求めてないんですが、記憶容量の関係上、結構手帳に頼っておりますので、例年、使いづらさを我慢しつつ、既製品を使っておりました。

ちなみに、私が手帳に求める条件はコレ。

1.月間スケジュールのみでOK。ブロックタイプ。
2.月ごとにタスクを管理したい。
3.メモがいっぱい書けるけど分厚くないもの。
4.大きさはA6。
5.ビニールポケットがついている。
6.表紙の内側に付箋が貼れる。
7.できればメモは方眼紙。
8.筆記用具がセットできる。
9.きちんと開いて書き込みがしやすい。

今回旅行に行って、改めて、書き込みやすい手帳を持っていることの利点に目覚め、ついに来年からは、自作手帳で行くことにしました。そう、愛してやまないRollbahn手帳↑のカスタマイズに取り組んだ訳であります!!

どうだ!

a0003079_22444179.jpg

って割にはショボイですかね?

しかし、これ、条件4以外は全て満たしているんですよ。
巻頭に、見開きを6つ分残し、その日、その週、その月、いつかやろう、ということと、読もうと思う本や気になる場所なんかを付箋で貼るスペースを確保してあります。
続く見開きは月間スケジュール。ブロックを書いて、次の見開きはメモ。これを3ヶ月分+それ以降の予定、のページを作って、あとは全てフリーメモなんです。ちょっとした日記を書いたり、映画の感想をメモしたりと便利に使っています。3ヶ月ごとに1冊使う勘定になりますが、メモをいっぱい取るし、過去のスケジュールを参照することはあまりない(仕事の記録は会社の日誌に書いてある)ので、スケジュール手帳としては、これで十分。

Rollbahnは最後にビニールポケットがついてるし、軽くて持ち運びやすい。
180度開くし、リング部分にペンがさせます。何より、本文用紙が方眼だし、表紙が厚くて台代わりになるので、外出先でも書きやすいんです。

ビニールカバーがないので、表紙にはフィルムを貼りました。これで多少の雨でも大丈夫です(と思いたい)。

A判じゃないので、A4の紙を折った資料を挟み込みにくいのが欠点。A6判出してくれないかなー。
[PR]
by silverspoonsjp | 2007-11-04 23:04 | プチ日記

年末に向けて。

ホントについてなかったトホホな2006年もようやく終盤にさしかかって参りました。早く年が変わってくれと思う心がそうさせるのか、思わず手帳売り場で足が止まってしまいます。皆様は来年の手帳をもう準備なさいましたか。

いつも使うのが決まってればいいんですが、ぴったり合うのがないので、毎年苦労します。
え、どんなワガママ言ってるかって?
私の、手帳に対する要求はですね、

1.月間スケジュール欄中心で使いやすいこと。
2.軽くて薄いこと。
3.A6サイズ。

の3つだけ。これだけなのに~!

私だって「ほぼ日手帳」には、憧れております。
でも、結局荷物が軽くなるという誘惑には勝てません。どうせ書かないし。ってことで、手帳は出来る限り薄くしてます。月間スケジュールだけという手帳もかなりたくさん種類がありますし。

ただ、その月間スケジュールがなかなか難しいんです。
私の仕事は、事前にいつが休みか決めておけないのです。だから、私用はなるべく月単位で最大限メモしておいて、その日スケジュールが空いたら実行する、という風にしてます。
それから、月の予定も一週間単位で把握できるように、ブロックタイプがいい。

ただ、たいていブロックタイプは余白がないので、やりたいことをメモするのに苦労するんです。そこで、ここのところ数年使っていたのは、月のスケジュールの上にメモ欄がいっぱいあるコレ。フランクリン・コヴィーのプランナー。なんか今年は異常に恥ずかしい表紙になってますね…。
カバーを取ればシックなんですけど…(- -)

別にこの手帳で「七つの習慣」を身につけようと思ったわけじゃなくて、月間スケジュールのページが使い良かったんですよ(リンク先のページの下の方で、月間スケジュールのレイアウトが見られるようになってます)。

ただ、私はウィークリーは使わないので、その分厚いのがもったいないといつも思ってました。あと、縦長すぎるのが嫌い。もうちょい横幅があれば、書き込みしやすいのに…(←実は結構うるさい?)。それに、この手帳の精神?にそった書き込み欄が設けてあるんですけど、使わない人には邪魔なだけ。

で、去年はアーテミスの絵はがきが入るサイズのクリアファイルがついてるタイプにしました(去年はもっとシックな柄がありましたが、今年はちょっとゴタゴタしてる気がします)。

これは、土日が続いてないのが使いづらかったんですが、薄くてどんなバッグにも入るし、後ろのクリアファイルのページが以外に使えて重宝したのと、カバーがツヤ加工だったので使いやすかったです。

最近は、カバーがマット加工の手帳が多いですけど、キズがつくと却って目立つし、見返しにポストイットが貼れないので不便。

で、今年も引き続きアーテミスにしようかと手帳売り場に行ったところ、バーチカル・タイプの良いのがあったので、ついそちらに浮気してしまいました。
Lab Clipというメーカーの飛行機シリーズなんですけど、私の買ったのは黒で、リングじゃなくて平とじのもので、HPに出てません。これから載せるのかしら…?

最近時間の使い方がルーズになってきたので、一週間どういう風に時間を使ったかちゃんと確認しとこうと思って…。(去年までこれをしなかったのは、3時間の映画を観る、とかロクでもないことしてたせいかも・地下核爆)

本当いうと、旅行日記用に愛用しているRollbahnのリングタイプが、広がらないし、ファイルはついてるし、リングの部分に筆記用具を差しておけるので一番使いやすいんですが、お客さんの前でスケジュールを書き込むとき、くだけすぎてて失礼かもと心配だったのと、ひと月使ってると表紙がヨレヨレになったので手帳代わりにするのはやめました。

自分でカスタマイズしてプリントアウトして使えばいいんだろうけど、手帳用の紙は手に入らないし、製本できないのが難ですね。さりとて、システム手帳は重いし…。どなたか名案をお持ちの方、教えてください!

ここで、ささやかなアイデアを…。

ポストイットを使う
その日にやりたいこととか、読みたい本のタイトルなどは、スケジュールのページには書かず、1件ずつポストイットに書き出して、開けてすぐ目立つ見返しや扉に貼り込んでいます。

すぐ出来ることは小さな付箋に書き、用事が済んだら剥がします。
いつか出来たらいいなあと思うことは、大きな付箋1枚にいっぱい書き出して、実現したら消していきます。やりたい、と思っていることを書けば、いつかは実現するものです。宝くじに当たりたいとか、他力本願の項目はダメですよ…。

乗り換え路線図を追加する
東京の交通は複雑なので、所要時間を割り出すのは大変です。乗り物に乗っていたりして携帯で調べられないことが多いため、100円で情報誌(「賃貸住宅情報」がいいみたい)を買って、折り込みの所要時間つき路線図を入手し、手帳に挟んでいます。

アイデアついでのおまけ・大学ノートを使ったメモの取り方
この方法を参考にして議事録を書いていますが、ものすごく便利です。

皆様も手帳を使うとき、いろいろ工夫していらっしゃると思います。どうぞアイデアを教えてくださいね!
[PR]
by silverspoonsjp | 2006-11-18 23:48 | プチ日記
皆様こんばんはー!
この時期書店にいくと目につくもの、それは来年度の手帳です。
手帳には書籍のルートで流通するものと文房具のルートで流通するものがあり、ふつうの書店で見かける手帳のメーカーに偏りがあるのは、たぶんそのためでしょう。
この時期、気が利いた本屋さんだと、手帳売り場の近くに、ど~んと「手帳の使い方!」系の書籍が山積みになります。

どうせ続かないくせに、そういう本を物色してしまうのは悲しい文具好きの性なのでしょうか。
いろいろめくってみましたが、今年の白眉はダントツでこちら
「手帳200%活用ブック」
日本能率協会マネジメントセンター
でございましょう。

a0003079_20405363.jpg
数々の手帳ノウハウ本のうち、これはと思うものの内容が著者インタビューの形で網羅されています。この中の「ポストイット」方式は私も長年愛用しております(これほどマメではないですが)。サワリだけの紹介で1000円は高いとみるか、安いとみるかは難しいところですが、手帳の活用法を考えている人にとっては良いヒントになると思います。

糸井重里さんの対談はさすがコピーライターって感じで、短い中にも名言が含まれております。
「カッコを埋める仕事ってギャラ安いんですよね。
ギャラが高いのは、白紙に書く仕事!」

おっしゃる通り!ただし、白紙に書く仕事は大儲けかゼロか、どっちかなんですよね。
カッコを埋める仕事は安いけどコンスタントにあるってことで…糸井さん。

発売元が能率協会というあたりもなかなか面白いですね。能率手帳という製品がありながら、他の手帳も紹介してしまう太っ腹さがさすが大手。さりげなく自社製品の使い方をアピールしているところもやるな!って感じです。しかも本の内容はほとんどここに書いてあるし…(^.^;
手帳の本は大きくて四六判くらいが相場ですが、B5サイズと大きいので、読みやすいです。

ちなみに、私は軽いのが好きなので、毎年同じA6の薄い手帳を使ってたんですが、最近本屋さんで見かけなくなってしまいました。仕方なく、別のを使ってます。本当は自分で作れれば便利なのに…。
[PR]
by silverspoonsjp | 2004-11-09 20:59 | 本にまつわるエトセトラ