本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

日食ツアー

皆さま大変ご無沙汰致しました。

この数ヶ月、ブログ休止へ追い込まれる羽目になった私事につきまして、いろいろとお心遣いを頂きました皆様、本当にありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。やっと少し何かしようという元気も出て参りましたので、ご放念ください。

まあ、私がどんなに心配したって事態が好転する訳ではない(そうだったらどんなに良いか)というか、きっとむしろ悪くなるので、記事を再開することに致しました。もう二度と長期にエントリーを止めなくても済むことを、私は心から神様にお祈りしております。本当、こればかりは神様がお決めになることなので…。

気を取り直して。
復帰第一弾なので、時事的にズレた話題になってますことをお許しください。

さて、拙ワニこと、家の者はワニのくせに果物が大好きなため、拙宅では「果子狸(くだものタヌキ=ハクビシン)」と呼ばれております(ハクビシンは果物が大好物なので美味しいらしい)。彼によると、果物が好きなのはハクビシンだけではないらしく、こんな話があるんだとか。

茘枝といえば、あの楊貴妃が、夜に日を継いで届けさせたという逸話があるくらい、中国では高貴で美味しい果物の代名詞。そして逸話からもわかるように、摘みたてででなければ美味しい茘枝とは言えません。で、わざわざ香港や台湾のグルマンが、摘みたてを賞味するために名産地である広東省までやってくるらしいです。いわば、「茘枝狩り」とでも言いますか。

しかも、究極の「茘枝狩り」とは、そんな甘いものではなく、つぼみの段階から始まってるらしいのです。

お茶にも名樹があるように、茘枝にも有名な樹があるそうで、それは何と、栗と茘枝の掛け合わせになってるらしい。というのも、元々美味しい茘枝として知られた老木が雷に打たれ、隣の栗の木と強制的に接ぎ木されたからだというんです(そんな事が本当に起こるものかどうか、私の知るところではございませんが…)

で、たった1本のその樹には、つぼみのうちから買い手がついてるそうです。当然、そこから実がなるかどうかは運次第。今年は途中で散っちゃった…とか涙目の人が毎年いるんだろうなあ…。

という話をしてたら、ネットニュースにかじりついてた拙ワニが、「上海にもグルメツアーがある」と言いだしました。

「えっ、まだ上海ガニの季節じゃないよね?何なの?」
「だって、ヨーロッパからわざわざ日帰りだって。すごく美味しいものだと思う…」

ヨーロッパから日帰り??

「だって日食ツアーって…」
[PR]
by silverspoonsjp | 2009-08-01 22:26 | プチ日記

西の魔女の家

「西の魔女が死んだ」が映画化され、そのロケ地が公開されているという話を聞いて、
長らく行きたかったのですが、ようやく実現しました。
実はまだ映画をみてないので(^^;建物自体に感心しただけで帰ってきちゃったんですが、きっと映画をみたあとなら感激もひとしおなのでしょう(ラッコ庵さんのブログで拝見して以来、行く気まんまん)

a0003079_2351583.jpg

ロケ地は清里にあります。私のイメージの中の清里は、ファンシーなお店が立ち並ぶ、原宿のような場所(←何せ、バスで駅周辺を通ったことしかなかったので)。わざわざ出かける気にはなれない場所でした。

ですが、実際に出かけてみると(天気がよかったおかげもありますが)、爽やかでゴミゴミしていない良いところで、とても気に入りました。
ロケ地は、キープ協会が遊歩道を設置している林の中にあります。そこに、映画撮影のために2ヶ月ほどで家を建てたのだとか。
a0003079_23523927.jpg

模様ガラスや木枠など古い昭和の家っぽいディテールと、いかにもイギリスな家の設備が何とも良い雰囲気でした。

セットなので建物の中には入れませんが、神奈川から今年3月に移住してきたという感じの良いお嬢さんが応対してくれました。40年住んでいる家の感じを出すのにわざと汚しを入れてるので、窓の掃除も周りを拭き残すとか。

a0003079_2353696.jpg

a0003079_23535240.jpg
入場料は300円ですが、係の人も常時いるし、庭先で紅茶が飲めるし、却って持ち出しなのではないかと思うほどです。
a0003079_0102622.jpg

朝8時過ぎに東京を出ると、高速バスでも電車でも、だいたいお昼に清里に着きます。
日帰りですと、帰りは3時半くらいに出て、帰りつくのが7時過ぎ。

とはいえ、こちらは公共の交通手段で行きますのでドライブするわけでもなし、普通の格好だからトレッキングもできないし、そんなに長いこと居るようなとこなのかなあ?と思っていましたが、キープ協会の持っている牧場をみたり、牧場の売店に入ったり、富士山を眺めたりしていると、あっという間に帰る時間になってしまいました。

噂にたがわず、牧場でいただくヨーグルトや牛乳のおいしいこと!これまではニュージーランドが一番だと思っていましたが、こちらの牧場のは味の面でまた違ったおいしさで、すっかりファンになってしまいました。ロールケーキもおいしいし。。。(湯布院の有名なロールケーキより数倍おいしいと思う)

ということで、清里に行ったというよりはキープ牧場詣ででしたが、大変楽しめました。どんなところかみてみたい方はこちらを。通販もやってるそうです(できればその場で食べたほうがおいしいとは思いますけど)
天気がよければ、お食事は有名な聖泉寮より、ファームショップのテラスをおすすめします。秩父連峰や富士山も見える絶景の高原です。

帰りは臨時列車「ホリデー快速」で小淵沢から新宿までノンストップ。祝日でしたが、臨時だったおかげかきれいな二階建ての列車はガラ空きで、お値段も普通乗車券の料金とリーズナブル。「○ずさ」「○まかいじ」「あ○ま」なんかよりずっと快適でした。

清里駅の売店では3時の時点ではや「峠の釜めし」は売り切れ。小淵沢の駅でも他のお弁当しか売っておらず、快速は車内販売してないので今回は駅弁なしだったのが、グルメ旅としては(いつのまに?)ちょっと惜しかったです。
[PR]
by silverspoonsjp | 2008-09-23 23:57 | 本にまつわるエトセトラ
a0003079_2054658.jpg
買うと思ったでしょー?はーい、すみません、買いました!

旅・鉄道・北欧の三題噺で買わない人がいるでしょうか。鉄板企画ですよ、これは、良い意味で。(←最近、良い意味で、と付けるのが流行ってますが、「裏切られた」等、本来は悪い意味の言葉を発した上で、「良い意味で」と付け足したって全然フォローにならないから気を付けましょう)

あー、ともかく、この特集は編集に愛情が感じられて大変素敵です。
駅舎、車窓、車内の写真を載せてる特集はあるけど、駅務室のはあまりないでしょう?
運転席まで載ってるんですよ。地球の歩き方でもないのに券売機まで載せてるし。

時間軸に沿って載せてる体験記も良いですね。ついでに「北斗星」のパンフみたいに、その時間どこを通ったかも載せてくれたらさらに嬉しかったけど、まあ、良しとしましょう。

北欧の鉄道自体で感心することは、トータルデザインを徹底していることですね。ヨーロッパでは乗り物全般に言えますが、デザインコンセプトを建物からチケットまで貫通することは、移動の手段としての機能性という意味でも、常に移り変わる車窓を際だたせるというサービスの意味でも、優れた手法と言えます。

デザイン鉄道に乗って、北欧デザインめぐり。もう明日にでも出かけたくなること請け合いです。

スウェーデンのデザイナー、オーレ・エクセルの特集も入ってお買い得。

2008年夏号(No15)
えい(木偏に世)出版社
本体1200円
[PR]
by silverspoonsjp | 2008-05-30 20:05 | 素敵なヴィジュアルの本
本日は講演会のお知らせです。

関西の皆さまに朗報です。
映画「ロード・オブ・ザ・リング」日本語吹き替え版でエルフ語の監修をされた伊藤盡先生の特別講義が西宮の神戸女学院で行われます。

貴重なお話&あの神戸女学院の校内に大手を振って入れる、滅多にないチャンス(爆)をお見逃しなく!

詳しくはトールキン協会日本スミアル「クウィヴィエーネン」のブログを御覧下さい。

テーマ エルフに森の中で出会ったら・・
        「エルフ語」の解説と実践

講師 : 伊藤 盡 杏林大学外国語学部准教授

日時 : 7月5日 土曜日 14時~15時半
場所 : 神戸女学院大学 理学館 S-24
      〒662-8505 兵庫県西宮市岡田山4-1
              神戸、大阪より阪急電車で15分
       西宮北口駅よりタクシー5分または、
                門戸厄神駅より徒歩10分
資料費:500円 (要参加申し込み)
定員:50名
申し込み締め切り:6月30日
    どなたでもご参加いただけますので、お気軽にどうぞ♪    

主催:英国トールキン協会 スミアル クウィヴィエーネン
共催:神戸女学院大学

問い合わせ・お申し込み :クウィヴィエーネンまでメールでどうぞ。
*件名「エルフ語」 お名前(HNでも構いません)と参加人数をお知らせください。
       e-mail:cuivienen@infoseek.jp

駐車場はございませんので、どうぞ公共の交通機関をご利用の上、お越しくださいませ。
尚、構内は全面禁煙となっておりますので、ご協力よろしくお願い申し上げます。


万一変更などがありました場合は、上記「クウィヴィエーネン」のブログに掲載されますので、参加を予定される方はご注意下さい。
[PR]
by silverspoonsjp | 2008-05-29 21:48 | 「指輪物語」関連の本

鉄のバイエル

昨日のエントリーのつづき。(まだやる気?)

何かホント、あちこちに短い音楽が溢れてるよなーと思って歩いていたら、東京堂のふくろう店のすみっこに置いてあった「鉄のバイエル」という本が目にとまりました。

「鉄の掟」「鉄の結束」「鉄のバイエル」…という訳じゃなくて、鉄道駅の発車チャイム音をピアノ譜にした本です。(東日本版と銘打っていますが、販売も限定なのでしょうか…?)

確か昔どこかで、発車音をベルから音楽に変えたときの苦労話を読んだことがあるように記憶してるのですが(別のホームのメロディが混ざって聞こえても不快にならないようにとか…)そこの会社の方が出した本なのかと思ったら、耳コピーして楽譜を起こしたそうですね。帯によるとTVでも話題だそうで、確かに潜在的に待ってた読者は多そう(笑)。

だけど曲が短いから練習したってどうなるってものでも…と思ったら、Amazonの該当ページにに動画があって、聞き惚れてしまいました。ちゃんと1曲として完成してるんだなと感動したり…(駅で発車時に、メロディの途中で止められると腹立つんですよねーひそかに)。メロディを聴くと、各駅独特の雰囲気がありありと思い起こされます。

この本の話題からは離れますが、発車ベル以外にも、電車にまつわるメロディーっていろいろありますよね。ロマンスカーの警笛(?)とか、電車の接近アナウンスの音楽とか。私が好きだったのは、チェコのプラハの地下鉄で流れる、モルダウの曲です。「次は◎◎駅」というアナウンスの前に、オルゴールのようにちらっと流れるんですが、毎回とてもなごみました。

松澤健 著
ダイヤモンド社
[PR]
by silverspoonsjp | 2008-05-19 22:10 | センス・オブ・ワンダーの本

トロッコ列車

間に牛肉をはさみまして(笑)、ちょっと京都の続き。

清水へ 祇園をよぎる桜月夜…はもう時期的に遅かったのですが、京都御所が特別公開になっていると知り、出かけてみたところ、御所の枝垂れ桜は満開でした。案内には糸桜、と書いてありました。いかにも京都らしい感じ。御所の周りの公園は広くて、とてもすがすがしいです。皇居の周りにも公園はありますけど、京都御所のような、清澄な感じはないですね。
a0003079_2164543.jpg

皇居はもともと将軍の住まいだったから、堀があったり、真っ直ぐ中に進めなかったりしてものものしい感じなんですが、御所は貴族の屋敷の規模が大きくなったような雰囲気で、感じが良いです。

御所の中は、なぜか生活シーンの再現展示?がしてあり、菊の紋章入りグッズがあれこれ売っています。私は思わず、菊の御紋入り朱肉入れを買ってしまいました(をいをい)。商売上手いな~。
a0003079_2162047.jpg


その後、JRに乗って嵐山へ。この旅の2番目の目的である、トロッコ列車に乗るためです。前日にNHKで中継があったそうで、嵯峨嵐山の駅は大にぎわいでした。切符は予約してあったので座れましたが、当日切符は売り切れていました。ただ、立ち席だったら乗れますし、嵐山から亀山まで25分間の旅も、車窓を見ているとあっという間です。天気が良かったらふらりと乗ってみるのもいいかも…。亀山行きなら、右手の車窓の景色が綺麗です。

トロッコの駅では保津川くだりの予約もできます。列車と連動しているので、着いたら待たずにすぐ舟に乗れます。混んでる時期には利用してみるのもいいかも。

急流くだりだと聞いていたので、ニュージーランドのラフティングみたいなものを想像していましたが、さすがにそんなことはなく(当然ですか)、至って平穏な2時間の船旅でした。前の席に座ってるおじさんが保津川の景色をプリントしたカップ酒を取り出したので、その用意の良さに思わず爆笑…。10何人も乗ってる舟を漕ぐのは重労働なようで、途中何度も船頭さんが交代します。彼らが船べりをひょいひょい移動するのを見たり、さっき乗ったトロッコ列車を見上げたりするのも、タイみたいに物売りの舟が伴走(?)するのも、なかなか楽しい。連れは身の程知らずにも「紅葉の時期にまた来たい…」と贅沢を言っておりました。

a0003079_2055458.jpg
初期のトロッコ列車。人力で押してたそうな。まー確かにゴブリンが押してくれる訳じゃないから…(殴らないでください!)

a0003079_2144382.jpg
駅の売店で珈琲を買ったら、こんな素敵なカップに入れてくれました(プラスチックですが)。車内で悠々と飲んでいると、隣の席で缶コーヒーを飲んでいる、台湾人観光客の熱い視線を感じました。ほほほ、駅で買わないとダメなんですよん。正義は勝つ!(意味不明)
[PR]
by silverspoonsjp | 2008-04-26 21:30 | プチ日記

京都の旧・駒井卓邸

a0003079_21285929.jpg先日、ちょっと京都へ出かけておりました。実はどうしても見たい場所がありまして…。

それがこちら、「旧 駒井卓邸」でございます。私の下手くそな写真より、こちらをどうぞ。
a0003079_21303425.jpg
a0003079_21304673.jpg







奥さんのつてで、建築家ヴォーリズに依頼した個人住宅と聞いておりました。ヴォーリズは御茶ノ水界隈では「山の上ホテル」を設計した人として有名で、その御縁もあって行ってみたかったのです。

しかし、ここはボランティアが管理している建物という関係もあって、週に空いてるのは金・土の2日間だけ。そこで、日程をやり繰りして出かけた訳です。

叡山電鉄を一乗寺で降り、念願だった「つばめ」に立ち寄ることもできました。店は内装からカップまでセンスがよく、また珈琲が大変おいしくて、豆を買ったら(密封してないせいもあったけど)くらくらするほど深い珈琲の香りがしてました。

一乗寺から隣駅の茶山まで歩き、駅からは疎水へ出て、疎水沿いに南へ向かいます。有名な銀月アパートを通り過ぎると、すぐのところに目的地がありました。

外から見ると、庭の木々に囲まれた、さほど大きくはない建物です。中に入るとボランティアの方が、見学者を案内してくれる仕組みになっています。

説明によると、ヴォーリズは施主が暮らしやすいよう、設計の段階でいろいろと気を配る人だったらしく、ゴテゴテした意匠がない代わりに、随所に暮らしやすそうな工夫がされています。特に収納は、玄関にある靴磨きセットの収納場所から始まって、どれもよく考えられていて使い勝手が良さそう。

台所はまだ修復されてないということで外から見せて頂きましたが、本格的なシステムキッチンになっていました。椅子に座れば山肌の大文字焼の跡が見え、たくさんある窓からは爽やかな風が入ってきます。

ここは日本ナショナルトラストが管理している建物で、都内にも管理している建物があるとは初耳でした。今度見に行ってみようかな…。

庭の温室にはお茶が用意されていて、一緒に案内してもらった奥様方とそこに座ってゆっくりしました。皆さま滋賀県の大津からいらしたとか。…と言われても場所がぴんと来なかったんですけど、京都からすぐなんですね。滋賀がどんなにいいところか力説されて、今度行ってみようかなという気持ちになりました。考えてみれば、国内ってあんまり旅行したことがないのです(老後の楽しみに取っておこうかなーと思って…)。

ヴォーリズは滋賀と縁が深く、かなりの建物が残っているそうです。そんなことも全然知らなかった私。旅先での出会いに感謝です。

この後は、またまた定番の長楽館にいってお茶をしました。ここも昔の建物なんですけど、なぜか内装がロココ調なんです。
a0003079_2155146.jpg
ちょっと奮発してアフタヌーンティーにしたら、別室にご案内~♪になってしまい、そこがまた、来た人がみんな通る回廊に面してる上に妙にゴージャスな空間で、ちょー恥ずかしかったです。

何もかもがシャレていてゴージャスで、おいしいものもいろいろあり、民度の高い京都。さすが千年の都!でも私はまぶしすぎてちょっと落ち着かなくて、やっぱり奈良が好きだったりする…。
[PR]
by silverspoonsjp | 2008-04-24 22:00 | プチ日記
4~6月、NHK教育テレビで放映される予定の英会話のテキスト。
「赤毛のアン」からの抜粋で、放送は、カナダ人による朗読、松坂慶子をゲストに迎え、講師の松本侑子先生による解説、原作のワンシーンを再現したドラマ(テレビシリーズからでしょうか?)、カナダロケ、「赤毛のアン 夢紀行」の再録を組み合わせたものです。

放送を見て驚いたのは松坂さんの英語が上手かったことですね。発音にも癖がなく、優しい人柄を思わせる英語です。

まー、ただちょっと、演出がロマンチックすぎて私のような荒くれ者にはついていけませんね…。

ということで、もっぱらテキストを愛読しております。こちらは、放送でカットされてしまった部分の原作の全文、それに日本語訳つきです。

このテキストを読むまで全然知らなかったのですが、物語に登場する「グリーンゲイブルズ」はじめさまざな場所は実在の場所がモデルだったんですね。19世紀当時の風俗習慣の説明も楽しいです。

放送は毎週火曜日の23時10分から20分間。
再放送は翌週の火曜日の朝6時40分~と昼0時10分からです。

1か月 380円

ところで、原作の方ですが…

続きを読む
[PR]
by silverspoonsjp | 2008-04-22 23:29 | 英語の本
ゆとりある熟年世代がターゲットのシブイ雑誌だけに、どこかびみょ~にこちらの趣味と合わないときもある「サライ」ですが、今回ばかりはこのサービス精神に脱帽です。

特集は「おくのほそ道を旅する」。
豪華付録は「おくのほそ道」全文と全現代語訳および、松平キャスターによる全文朗読CD。

おまけにつられてつい買いましたが、記事も充実しています。いまや定番の「松尾芭蕉スパイ説」の紹介のほか、江戸時代、「おくのほそ道」が出版されたあとの後日談というのが面白かったです。

江戸時代の俳人たちは、俳聖の句集が出た直後ぐらいから、「地球の歩き方」を片手に旅するバックパッカーよろしく、「ほそ道」片手にゾクゾクと芭蕉の足跡めぐりをはじめたらしく、句に詠まれたばかりに、次から次へと旅人に来られて迷惑した人の話が出てきます。今で言うと、マスコミに取り上げられちゃって困った…って感じでしょうか。

鉄道マニアには鉄道でめぐる「おくのてつ道」コーナーも嬉しいです。

それにしてもこの雑誌、連載コーナーが本当にピンポイントですよね…雑誌には定番のオススメCDやおすすめ書籍のラインナップが、その辺の雑誌とは一線を画しているのがまた勉強になりますね…。

小学館
750円
[PR]
by silverspoonsjp | 2008-04-20 22:00 | 人文科学の本

Pen 2008年5月1日号

a0003079_22104857.jpg
以前、「スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー」というドキュメンタリーを見ました。
建築家フランク・ゲーリーの人と作品を紹介した映画で面白かったんですが、中でも、彼の代表作といえる「ビルバオのグッケンハイム美術館」は大変なインパクトがありました。

街にぎゅうぎゅう詰め込まれたみたいに見える独特のフォルム、
空の状態によって変化する不思議な素材を見て、一体実物はどんな風なんだろう、
と誰しも思うことでしょう。

今回、「oen」の表紙がこの美術館だったので、おやと思って手に取ったのですが、
その時点ではバスクとゲーリーは全然結びついていませんでした。だって、たいていは、「スペインにある現代美術館」って紹介されているんですから。ビルバオがバスクに位置するとは、まったく予想外でした。

最近、女性向けの本でいくつかバスクを紹介したものが人気です。
バスクの布、バスクの人、バスクの料理…
今回も、それらについて言及してはあるんですが、
いちおう男性読者を意識している雑誌だけに、少し変わった切り口だったのが奏功しているみたいです。

まず、昔のバスクを撮った写真というのに惹かれましたし、経済やスポーツに触れているのも新鮮でした。テロとか内戦とか、暗い印象しかなかったのですが、今となっては、行ってみたいなあ、バスク。

あ、第二特集の「スペイサイドめぐり」も良かったですよ。タイアップなのかもしれないけど、写真に旅情を誘われます。
[PR]
by silverspoonsjp | 2008-04-18 22:18 | 素敵なヴィジュアルの本