本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ようやく「10年ぶりの新作公開」フィーバーも一段落し、昔からのファンはしみじみと、新たなファンは過去作見てみようかなと情報集めをしているのではないかと思われます「スター・ウォーズ」の今日この頃。

ちゃっちい子ども騙しの映画じゃん、一体どこが面白いのよ? とおっしゃる方々には、ハイさようでございます、でも子どもを騙すのこそ大変だと思いますけどね…と流しておき、

あれマニア向けの映画で面白くない、と言われれば、ハイさようでございます、初めて観る人にかなり気を遣ってたみたいですけどね、と庇っておく。

そもそも、良識のある作り手ならば、子ども向けの作品こそ、細心の注意とエネルギーを注いで作るはず。

何しろ、子ども向けの作品は当然大人も見に来ますし(付き添いで)、小さいときに目にしたものは一生にわたって影響力も大きく、成功すれば長く名声を手にすることが出来るということは、お子様を優遇するデパートしかり、世界のジブリしかりで、日常あらゆる場面で証明されています。

…って、別に宣伝部員でもマニアでもないのに、何で自分がこんな解説をしなければならないのだろうか....と思う、ごく普通の「スター・ウォーズ観たけど面白かった」ご同輩の皆様も、いざ、じゃどこが面白かったの、と言われると言葉に詰まるのではないでしょうか。

そこに焦点を当てた、ありそうでなかった本が「スター・ウォーズ論」

この本は、巷によくある、「○○論」といいながら、その作品の分析に名を借りて、他のことを論じようとしている便乗本でもなければ、作品のオタクすぎてそれしか見えてない、という本でもありません。

「スター・ウォーズ」の面白さを、映画産業に携わる人の目から見て、映画史の中での位置づけや、興行作品としての意味合い、シリーズ自体の価値といった面から、きちんと分析、紹介、考察している本なんです。こういう本はマニアやファンでは書けません。

マニアやファンが悪いと言うのではなく、そういう「ファンの声」を読むのも楽しいものなのですが、本として出版するならば、きちんと当事者に話を聞いて書いている、こういうレベルの仕事を取り上げて欲しいものです。

とは言っても新書なので、文章は堅苦しくないし、他の映画の話もいろいろ出てきて読み応えがあります。

この本を読むといちいち、へぇ、なるほどねぇ、とか、ふーん、そうだったのか、と感心してしまいますが、それはトリビアが満載だからじゃなく、映像作品を、芸術面や技術面、興行面など、各方面から知っている人でないと書けない内容だからです。

シリーズの生みの親ジョージ・ルーカスと作品の関わりや、最初はボツだった企画が、どのように映画史に残る作品になったのか、スター・ウォーズが描いているもの何か、スター・ウォーズが作り上げた文化とは何なのか、これらが説得力を持って考察されていきます。

ジャニーズ事務所と同じくらい業界の人が恐れている、ディズニー関係の内容もしっかり入っており、ディズニーの功績について評価すべきところはきちんと押さえている点にも好感が持てますし、

著者のレベルの高さに唸るのは、同じ著者によるもう1冊のいかにもファン向けなタイトルの本、

「スター・ウォーズ フォースの覚醒 予習復習最終読本」

でも同じです。

こちらは、新作「フォースの覚醒」の公開前に発行された本なのですが、驚くべきことに、今読んでみると、ここに書かれた予測内容は、ほとんど外れていません。

もちろん、ストーリーを公開前に知っているのが重要なわけではないのですが、それが出来る人の発信する情報に信頼がおけるという傍証にはなります。

あれほど厳しい情報統制がなされていたにもかかわらず、そんなことが出来たのはなぜかといえば、ズバリ、これまでの作品を良く知っていたこと、作品に愛情を持っていること、情報を幅広く集めることができ、その取捨が正しく、その読み方が正しかったからだ、と言えるからです。

ネット上には、新作に関して無数の推測や憶測が流れていましたが、ほとんどのものは、その正しさについて製作者側がYesともNoとも言っていません。製作者側のリークもなく、こうした玉石混交の情報のなかから正確なものを選び取れるというのは、正しくプロの書き手の仕事だと感じます。

つい「予習」の方ばかり取り上げてしまいましたが、この本の「復習」部分も周到に整理され、読みやすく書かれています。ただ単にあらすじ紹介にとどまらず、当時ファンが(現在と同じように)推測していた内容や、途中で放棄された設定なども上手いこと織り込んで、公開時の雰囲気や作り手の視点なども知ることができ、興味深いです。

春休みにリピート鑑賞をする前に、あるいは、次回作をより楽しむために、または、見なかったけどちょっと気になる、という方にも、ぜひにとお勧めしたい2冊です。

「スター・ウォーズ論」 河原一久著 NHK出版新書 

「スター・ウォーズ フォースの覚醒 予習復習最終読本」 河原一久著 扶桑社
[PR]
by silverspoonsjp | 2016-02-21 18:48 | センス・オブ・ワンダーの本 | Trackback | Comments(0)
a0003079_15404742.jpg
本が面白くなかったら、ほとんどの部分が書いた人の責任だけど、雑誌が面白くなかったら、それは100パーセント編集者のせい。

どんな素材を選ぶか、どう見せるか、誰に何を頼んで、何を載せ、何を載せないか。

限られた時間でこれらを的確に按配するのは難しいし、だからこそ、成功した号には心から感動します。

実は、最初特集タイトルを見たときは、全然ピンと来なかったんですけど、よくある映画紹介かな、と思ってめくってみたら素晴らしくて、初めてこの雑誌を買いました。

見開きのカラーで、冬らしいテーマをひとつ選んだ記事があり、テーマにまつわる映画が、隅のほうに控えめに載っている、というつくりなのですが、まずそのテーマというのが面白い。

普通、冬にしたいこと、というと、温泉に入りたいとか、暖炉であったまりたいとか、スキーに行きたいとか、そういうことを思いつきますが、「白い器」とか「コペンハーゲンの自転車」「帽子」とか、冬でもないし、「したいこと」でもない、というオキテ破りの記事がかなり挟まっているのに、ちゃんと冬の特集っぽく見えるのがまずスゴイ。

しかも見開きごとに、まったくバラバラな内容を扱っているのにもかかわらず、ちゃんと統一感がとれているのがスゴイ。

だから、眺めていて単調な印象がないし、「雑」な感じもしない。

ひとつのテーマは2ページしかありませんが、その中で過不足なく新鮮な情報が提供され、いい按配にテーマが展開している。

たぶん、レイアウトのフォーマットと写真の色味は厳格に揃える代わりに、内容はゆるく作っとく、という方針なのでしょう。

以前に眺めたことがある同じ雑誌の映画特集とかは、全然こんな洒落た作りではなかったので、編集した人が違うか、編集方針を変えたんだと思う。

同じ素材なのに、腕利きの料理人が作ると一味違うって感じでしょうか。

ほとんどが、読む人のことはともかく、広告が取れればいいや、みたいな印象しか与えなかった昔の女性誌に比べると、今はちゃんと中身で勝負しようという心意気が伝わってきて、ぜひこういう傾向が支持されて欲しいなと心から思います。

次号は児童文学特集だそうで、ちゃんと児童文学ファンにも声をかけて作っているらしい。同様の丁寧な誌面を期待しています。
[PR]
by silverspoonsjp | 2015-12-29 15:28 | 素敵なヴィジュアルの本 | Trackback | Comments(0)
a0003079_22221666.jpg


何の因果か、テレビドラマ『蘭陵王』をハイスピードで見る羽目に陥り、しかも結構面白かったので、別ブログでなぜか延々と記事を書いております。(ご興味がおありの方はThe Palantir の史実編)、テレビドラマについては(有話即長編)からどうぞ。)

『蘭陵王』はツッコミどころに事欠かないドラマだという点も大変面白いのですが、中国語や、中国の歴史を覗くにも恰好の題材で、これをきっかけに、調べ物したり、本を読んだりするのもなかなか楽しいものです...と思っていたら、やはり同様な事を考える方は多いらしくて、ついにこんな本 ↑ まで出版されてます。

って言っても、史実そのままだと脚色もしづらいから、ワザと変えてるドラマがほとんどだと思うんだけど、それで学んじゃって大丈夫なのかなぁ…といちおう史学科出身の私は思いますが、そこはそれ、フィクションだとわかる年齢の方が観てるってことで、OKなのでしょう。

それにしても、こんなにいっぱい史劇(時代劇)が日本語でもオンエアされてたんですね。ほぼ全時代網羅してるのが凄すぎる。

中国では、時代劇で一番近い時代が清代で、漢民族にとっては異民族(満州族)に支配されていた時代なので、それ以前のものとは使う用語から衣装、髪型、習俗に至るまで(貴族の名前なんかもカタカナ)、ガラリと違うんですが、意外に清代を舞台にしたドラマも人気あるんですね。

取り上げられているのは、古いとこで「封神演義」(これは「殷」代!)から清代の「書剣恩仇録」まで、約58本。

巻頭はスターや新作の話題などテーマ別、本編は時代順になっています。

各時代の年表プラス地図もついた本格的な歴史解説に続いて、各ドラマの解説があるのですが、歴史解説が本格的すぎちゃって、ドラマの解説とはかなりレベルに差があるのが気になるけど皆、ついていけるの?…きっといいんでしょうね、これで。

小ネタや史実の解説などもちょこちょこ織り交ぜてはありますが、どの辺が脚色かとか、もうちょいいろいろ解説する本も欲しい感じですね。まあ、どのくらいファンがいるのか分からないので、ドラマごとに本を出すのは難しいんでしょうけど…。

その辺は今後に期待するとして、1冊でコンパクトに見渡せるのがありがたいムックです。持ってて損はない本と言えるでしょう。解説を書いてる方々も、この方面では長いこと活躍されている方が入っていて、しっかりした内容だと思います。

キネマ旬報社
[PR]
by silverspoonsjp | 2014-12-23 11:12 | センス・オブ・ワンダーの本 | Trackback(1) | Comments(0)

続・デザビレの猫

a0003079_0183179.jpg東京、下町発のデザインの祭典、モノマチに行ってまいりました。日本発のものづくりや地場産業と組んだデザインを発信していこうということで、秋葉原駅高架下の2k540と台東区のデザイナーズ・ビレッジを中心に、千代田区や墨田区の工房や小規模なデザインショップなども参加して、プロダクツの展示や販売、各種イベントなどが行われています。

そこで見かけたのがこちら↑の小冊子。デザイナーさんが、仕事場にふらりと現れた猫の写真をまとめた本です。被写体の猫は、たぶん野良猫なんだと思いますけど、とっても自然体で、人間なんかふんっつて感じが、いかにも猫らしいです。

背景に映っているデザイナーズ・ビレッジの建物も、すでに廃校になった小学校ですが、洒落たモダンな造りで、とても素敵です。本のデザインが良いのはデザイナーさんが作ってるなら当然でしょうけど、写真も上手いなー。ご本人が撮ったのかしら。。。? 猫が好きな人じゃないと、撮れない写真ですね、これは。

これは「続」になっていますが、正編と、たぶんもう1冊くらいあって、どれにしようか相当迷いました。文庫版で薄いとはいえ、300円はお買い得です。他のも買えばよかったなー。

モノマチは明日5月25日(日)まで開催です!

詳しくはこちら
[PR]
by silverspoonsjp | 2014-05-25 00:19 | 素敵なヴィジュアルの本 | Trackback | Comments(0)
世田谷の生活工房で開催されている展覧会の図録です。

a0003079_2574914.jpg

(展覧会の紹介は→こちら

「窓花」とは、こんな場所で室内装飾につかう切り紙のこと。
(以下、写真は展示から)
a0003079_2464464.jpg


↑どう見てもホビット村なんですけどコレ。

中国の黄土高原地帯は雨が少ないため、山に横穴を掘ってヤオトンという家を作っており、
そのファサードに、はさみだけで作ったこんな「窓花」を貼って飾りにするのだそうです。

a0003079_2502594.jpg


そういや昔、障子が破れたときに、障子紙で桜とか梅とか作って貼ってたな…とか、思い出してちょっと懐かしい。窓花は繕いもの用じゃなくて、新年とかの飾りですけど。

窓花は素朴なだけではなく、意匠は大胆、かつ繊細で大変面白いものですが、そのほかのちょっとした日用品などにも、同じように手が入っていて、良いなと思います。

本は窓花の図案もカラーで入っているほか、現地でのフィールドワークの様子や、工夫を凝らした生活の様子が素敵なカラー写真やイラストで入っていたりして、とても楽しめます。「河童の覗いた…」シリーズとか、考現学がお好きな方もぜひどうぞ。挑戦したくなった方のために、中の図案で作れる「窓花」制作用の用紙もセットされています。

丹羽朋子、下中菜穂 著 エクスプランテ 1,800円
[PR]
by silverspoonsjp | 2014-03-16 02:56 | 素敵なヴィジュアルの本 | Trackback | Comments(0)
a0003079_0594426.jpg

装丁家+小説家+アーティスト+夫婦漫才(?)のユニット、「クラフト・エヴィング商會」の展覧会が世田谷文学館で開かれています。

京王線蘆花公園駅からだとゆっくり歩いても徒歩10分程度。入口に錦鯉なんか飼ったりしちゃってよくわからない世界なのですが、先日は坂本九の「上を向いて歩こう」をテーマに展示をするなど、「文学館とは、手書き原稿や作家の遺品が並んでいる場所」的な先入観を常に覆そうとしているアヴァンギャルドな姿勢が大変よろしい。

っていうか、展示の中身以上に、展示品を並べるセットや小道具に凝っているあたりが、さすが特撮のメッカ、砧(きぬた)を擁する区の正しいあり方というべきでしょうか。

ともあれ、今回の展示は装丁なので、いちおう装丁作品を並べているコーナーもありますが、それは何となく言い訳で、挿絵の写真の中だけでなく、きちんと存在する小物である、入口の「商品見本」の数々がちゃんとモノとして作られているのが圧巻だったりします。
a0003079_10224.jpg


展示のメインの、ぼんやりと街頭に照らされ、暗闇に浮かび上がる想像の古書店「一角獣書店」やクラフト・エヴィング商會の架空の事務所も実物大で再現され、後者は中に入って見学できるつくりとなっています。

小品の数々には説明がついているのですが、よくも考えついたな…と唸るものばかり。たとえば、

シガレット・ムーヴィー

なるものは、火をつけて口に加えれば脳内に映画が再生されるという代物。また、自作の詩はぜひ味わってみてほしい、と詩人が取り出す食べられる詩、

エピファイト

とか、Q&AのうちのAだけが書かれた書物(A41 猿を探すことが先決だったから って、質問は何だったんだろう? 答えた人はとりあえず、柴田元幸さんかも知れない)とか。

取りあえずといえば、

とりあえずビール

赤巻紙、青巻紙、黄巻紙

などは、実物を拝める日が来るとは思わなんだ、と人をして感嘆させる逸品ぞろいでございます。

店主の言う、世の中は「絶対にない」と証明する方が難しい、という言葉が、これらの商品が詰められた箱を覗くごとに腑に落ちてきます。

チケットもとても洒落たつくりで、こんなコースターみたいなデザインが、
a0003079_059342.jpg

展示を観終わったあとは、こんな感じに。
a0003079_0592242.jpg


展覧会のタイトルは稲垣足穂の本から取られているそうで、そんな感じの世界観がかなりしっかり出来上がっているあたり、好き嫌いはあるかも知れませんが、装丁ではちまちました(←褒めている)作品ばかりでなく、かなり大胆に白地を生かした『絶対音感』や、すっきりとした印象の国語の教科書なんかもあります。インスピレーションが刺激される、観て絶対損のない展覧会。モノとしての本がお好きな方は、ぜひお出かけください。

なお、展覧会の詳しい情報は、→
こちら

2014年3月30日まで
世田谷文学館にて開催中
[PR]
by silverspoonsjp | 2014-03-10 01:39 | 本にまつわるエトセトラ | Trackback | Comments(0)

代官山 蔦屋書店

a0003079_1144837.jpg


みなさま、こんばんは。またまたご無沙汰しておりました。
猛暑が一段落した昨日、渋谷に出たついでに代官山 蔦屋書店に行ってみました。

駅からほどよく離れたヒルサイドテラスの一角に、ガラス張りの、これまたほどよい高さの建物が点在しています。そのうち3つを蔦屋書店が占めています。

書棚と床は自然な感じの木でできていて、天井近くの吊り書架と、目線の高さまでの低めの書架がコンビネーションになっており、本の森に囲まれているといった印象です。

店舗の中は至るところに座れるスペースがあり、ところどころ、雑貨や食品などでコーナーを作っています。それぞれのコーナーが書架によってゆるく仕切られているため、どことなく森に迷い込んだようで、実際より広く感じます。お客さんも口々に、こりゃ一日じゃ回りきれないねー、と言っていました。

私も最初は探検家気分でワクワクしながら書架を見て回りましたが、仕掛け的には楽しいものの、どうも落ち着いて本が見られず、途中で本は諦めてテラスのソファでお茶する方にシフトしてしまいました。

a0003079_1223230.jpg


a0003079_1225424.jpg


建物の周りには木がたくさん植えられ、贅沢なスペースの使い方です。そういえば建物2階にあるラウンジにも読み放題の貴重な雑誌が並んでいて、まったりできそうでした。ここは本を探しに来る場所というより、本が小道具に写り込んでいるラウンジスペースといった方が正しいのかもしれません。ヘタすると、蔦屋本体より、併設しているスターバックスの方が儲かっているかも…?

空間を広く見せてはいるものの、各コーナーはあまり大きくなく、本自体のプレゼンテーションがイマイチだった気がします。棚の編集がイマイチというべきか…。

一日いられる本屋さんであることは間違いないので、ここはさらに頑張っていただきたいところです。
[PR]
by silverspoonsjp | 2013-07-21 01:31 | 書店めぐり国内編 | Trackback | Comments(0)
記事というよりはお知らせ。

多聴多読マガジンの今月号はホビット大フィーチャー。とはいっても、原作の方じゃなくて、映画のストーリーブックの一部が取り上げられていました。原作は多読向けにはやっぱりちょっと難しいのかも。

そして今月のインタビューはマーティン・フリーマン。

↓こちらのHPの試し読みからたどっていくと、インタビューの一部を聞くことができます。
マーティン・フリーマンの地声はとてもステキ。話し方もとても上品です。

http://www.cosmopier.com/eio/backnum/backnum_201304.html
ちょうど映画も終わっちゃったし、DVDには微妙なこの時期に特集というのは、1年で一番売れる4月号にホビットをぶつけよう!という企画なのかしら…だとしたら、ファンとしてはちょっと嬉しいかも。

コスモピア 刊
詳しくは こちらhttp://www.cosmopier.com/eio/backnum/backnum_201304.html
[PR]
by silverspoonsjp | 2013-03-14 22:46 | 「指輪物語」関連の本 | Trackback | Comments(0)
Amazon.com謹製のkindleを長く愛用してまいりましたが、バックライトつきで軽いpaper whiteが出たのを機に買い替えることにしました。

とは言っても、こちらは音声読み上げができないので、実際には買い替えではなくて併用ですね。
それはともかく、本体を箱から出して、セットアップ。

最近のこういう機械は、何のマニュアルもいらないから楽ちんです。アカウント情報を入力すると、勝手にチュートリアルが始まりました。じゃじゃーーん!

a0003079_21264088.jpg


が…あれあれ?
このコンテンツを買ったつもりはないんだけど…とりあえず選ぶと勝手に中味の説明が…

a0003079_21323359.jpg


なぜ、もっとも意味ありげな人物でサムをデフォルトで選ぶのーーー!
a0003079_2133122.jpg


勝手に語釈が…
a0003079_21335594.jpg


ちなみにこれは、自分の持っているamazon.comのアカウントで登録したときに出たチュートリアルの画面で、ためしにAmazon.jpの方でやってみたら、和書の別の本がサンプルになっていました。

ですので、このチュートリアルを観たい方は、Amazon.comのアカウントを作ってGO!


それにしても、kindleの中にも幽鬼が棲んでたとは知らなんだ。恐るべき指輪の魔力よ…

「こうして人は指輪貧乏になる」第一巻 完

でした…
[PR]
by silverspoonsjp | 2013-01-27 21:42 | 「指輪物語」関連の本 | Trackback | Comments(2)
ズドラストヴィーチェ!

ちゃんとロシア語も勉強している、銀の匙です。(勉強方法はこちら)

ラジオは聞いているだけなので、さっぱり出来た気がしていませんでしたが、現在の「ロシア語」ラジオ講座本放送のテーマ曲(グリンカの「忘れない、あの美しいひととき」という、とても素敵な歌曲)がインストなので、歌曲版のCDを借りたら、歌詞に意味の分かる単語がかなりあったうえ、知らない語でも発音が分かることに気づき、狂喜乱舞!

ロシア語、続けてよかった…。

さて、この放送を聞くにあたり、すでに「アンコール」と去年のテキストを6冊買った私は、かなり考えました。やっぱりテキストがないと、文字で見たとき解読できないし、買った方がいいのでは…でも、すでに2種類のラジオ講座で相当部屋の体積を喰ってるし、ワニに怒られそう…

この葛藤を解決すべくネットをさまよっていると、Fujisanで講座テキストのデジタル版の取り扱いがあるではありませんか。

読めるデバイスはiPhoneしかもってないのですが、逆にいつも持ち歩くからいいか、と思って購入してみました。

デジタル版のいいところは、場所をとらない(プリントアウトができるというのも利点かも)ということに尽きるので、以下はちょっとよくないところを。

買うのはクリックするだけだから簡単なんですが、そのあとが少々面倒。一番初めに雑誌を開くときは、Fujisanへのリンクから開かなければなりません。ログインするのが面倒だし、当初は骨董もののXPパソコンだったので、画面が開くまで待つことしばし。

一度開いてしまえば、次はそこから開けられるので楽ちんなんですが、雑誌データがダウンロードできるわけではないのが一番問題でした。

おそらくFujisan側のサーバーにデータがあるので、ネット環境必須。ネットの切れ目が縁の切れ目なわけなんです。私は主に自宅で使うので問題ないんですが、モバイル派の人は腹立ってるでしょうね、きっと。。。

ただし、iPhoneでは、アプリ経由という面倒くささはありますが、オフラインでも読むことができます。そのため、私は外ではiPhone版を使っています。画面が小さくてすごーく鬱陶しいですが…。一回お金を払えば、複数のデバイスで読めるのは実用的なサービスですね。

そして、これはデジタル雑誌の仕様の問題かと思いますが、NHKテキストはデジタル目次みたいなものがついておらず、先の方を読もうと思うと、サムネイルから飛ぶしかないんですね~。○月○日のテキストをみたい、と思ったら、サムネイルのだいたいその辺をえいやっ!とクリックして、前後へ戻るという、まさかデジタル時代に、ツメのない辞書で引きたい語を一発頭出しみたいな技を磨くことになるとは夢にも思いませんでした。

でも、発売日になると、読める雑誌のリストに、ひっそりと最新号が付け加わっているのを発見するのは、なかなか乙なものです。

NHK語学テキストのデジタル版はいくつかのデジタル書店からダウンロードできます。Fujisanを選んだのは定期購読と印刷ができ、海外にいても購読できるという、私にとっては一番付加価値の高いサービスだったからです。逆にAndroid対応のものが良かったりすれば、ほかのサービスが良いかもしれません(この編の情報については、NHKテキストのページに説明があります)

ただ、半年やってみて、こういったテキスト関係はやはり紙の方がしっくりくるなーと思うようになりました。感想の域を出ませんが、なんだか情報の定着度が違う気がして…。実証研究ができたら面白いかもしれませんね。

そういうわけで、続きのテキストは紙版を、これもFujisan経由で取り寄せています。Amazonでは雑誌を扱ってないので、つい頼ってしまいますが、そっけないけど(きっと利幅薄いんだろうな、と思ってしまいます)確実なFujisanが結構気に入ってる私です。

それでは、パカ~♪
[PR]
by silverspoonsjp | 2012-08-25 00:31 | 本にまつわるエトセトラ | Trackback | Comments(0)