本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
本日は千代田区立図書館の標題イベントに行って参りました。
日本科学未来館で開催中の「エイリアン展」とタイアップした催しで、会場には関係者もちらほら。定員25名の面々は、仕事で翻訳やってるか、修行中でしょ?という感じの人ばかり(ぱっ!と本格的な電子辞書を取り出すあたり、普通の会社員とは思えない)。

講師の土屋さんは、カズオイシグロの翻訳等でご存じの方が多いと思いますが、今回は展示説明の翻訳を担当された縁での講義、ということらしいです(ということは、「エイリアン展」、見るべきものはフィギュアではなく、説明プレートらしい…)。

で、講義も、実際の展示に使われている原文と訳文を例として示しながらの、とても具体的なものでした。

高校時代にアメリカにいらしたとかで、プレゼンテーションの仕方からしてあちらで教育を受けた人らしい、良く整理されたもので、大変勉強になりました。

演題には「わかりやすい文章」とあったのですが、「わかるとはどのような事か」から始まり、中心となったのは「単にわかりやすいだけにしない、土屋さんなりの工夫」の話でした。

まず、「わかるとはどのような事か」については、「自分のことばでそれが説明できること」と明快です。そして、原文のレベルをそのまま保つこと、これが「単にわかりやすいだけはない」ということです。

後者を実現するために、土屋さんはご自分なりの基準-セーフティネットとおっしゃってましたが-を2つお持ちでした。その2つとは、

①情報量の維持
②データ量の抑制

です。

情報量の維持とは、読んで字のごとく、原文に含まれている情報を落とさずに訳すということです。と言っても、ある文章にどんな情報が含まれていると判断するか、それは全くの主観によると、土屋さんは展示説明の実例で説明されていましたが、確かにその通りです。原文のあまり一般的でない例えなどは上手く回避されていますが、別の訳者なら、元の言い回しを生かしてそのまま訳出するかもしれないし、微妙なところです。

もう一つのデータ量の抑制とは、原文の分量を訳文でもほぼ保つ、ということです。一般に、他の言語を日本語に翻訳すると長くなると言われていますので、締まった訳文にするにはそれなりの技が必要です。

同趣旨のことを、以前、孫玄齢先生から伺ったことがあります。孫先生も、上手い訳者なら、日本語訳は原文の中国語とほぼ同じ長さになる、とおっしゃっていました。その理由については特におっしゃってませんでしたが、土屋さんはこれを、「各民族で知的レベルには差がないのだから、同じ内容を伝えようとするなら、どんな言語でもほぼ同じデータ量になる」と説明されています。英語から日本語の場合は、日本語が漢字交じり表記である分、少し短くなるそうです。

もう一つ、これはあまり他では聞いたことがなかった工夫ですが、土屋さんは、文単位ではなくパラグラフ単位で訳を作られるそうです。確かに、英語文の基本単位はパラグラフですから、その中で意味が通るように訳文を組み立てるというのは理にかなっています。

土屋さんは訳文から連想される通りのダンディな方で、やっぱり文は人なりだなあ、という感想を抱きつつ、「翻訳者の腕の見せ所」をたっぷり堪能させて頂いた2時間でした。
[PR]
by silverspoonsjp | 2008-05-27 23:39 | 英語の本 | Trackback | Comments(0)

【吉祥寺】Book Shop 百年

a0003079_23362965.jpg

百年」といえば、何でしょうね。

すぐに思い出すのは「夢十夜」?
百年待っていてください…と死にかけた女の人に言われてハイハイと待っている…
(雰囲気が全然違うし)

それとも「百年の孤独」?
それとも「百年戦争」?
いずれにしても、長いような、短いような不思議な時間です。
それが店名になっているのでインパクト大。

ジョウロを買いに来て(うちの近くにはこういうもの全然売ってないんですよ…)、吉祥寺の東急百貨店の横をふらふらと歩いていたら、まず立て看が目に入りました。
「妖怪本」という文字にピピッと反応したのです(髪の毛が、じゃありませんが)。
次に、白い正方形に黒い文字で「百年」と書いたお店の看板が目にとまりました。
ちょっと前に流行った飲料のロゴみたいな書体です。
もうその段階で、入るしかない、といった感じです。

階段を上がると、さらにもう一回黒板があり(↑写真)、入荷した本などが書かれています。
吉増剛造が入ったようです。妖怪と良い勝負です(違います)。

ぱっとすぐ見渡せる、ちょうど良いサイズの売り場に、面白そうな本が並んでいます。
新刊も古本も等しく並んでいる、近年流行の品揃え。
吉祥寺という場所柄か、音楽や映画の棚にお客さんが溜まっていました。
入り口近くは断腸亭のステッカーあり、ムナーリ本ありとディープなセレクション。
かと思うと、お料理の本が固めておいてあったりして、キチキチに趣味に走ってないところが良い感じです。

お客さん込みでの、この颯爽とした雰囲気は、なかなか他の街では出せないでしょうね。
オシャレ系雑貨屋さんだけが吉祥寺じゃないという、中央線の底力も感じます。お店と街とは持ちつ持たれつ。こういう本屋さんが存在できる街が誠に羨ましいです。

HPはこちら
お、エキサイトブログも持ってらっしゃいますね。
そうか、店頭に出てない本もあるんですね。しかもすごーーーーーーく良い本が…。

東京都武蔵野市吉祥寺本町2-2-10MURATAビル2F
電話:0422-27-6885 
火曜日定休
[PR]
by silverspoonsjp | 2008-05-25 23:53 | 書店めぐり国内編 | Trackback | Comments(2)
パター(って読むのかしら…?)おじいさんと猫のタビィが主人公のシリーズ。
日本語訳が出てるのかどうかはわかりませんが、40ページしかないパンフレットみたいな絵本なので、英語のまま読みました。

子ども向けなのでとてもシンプルな英語で書かれていて、それがまた、
とても良いんですね…。

Putterという名の通り、のんびり暮らしてるおじいさんとその飼い猫のお話です。
鉛筆と淡い水彩画で描かれた挿絵ともあいまって、何とも言えない味があります。
裏表紙を見ると、5才から8才向きって書いてあるんだけど、この本の本当の良さがわかるのは、読み聞かせをしているお父さん、お母さん…でもまだ早いかも知れない(爆)

Putterさんは一人暮らしのおじいさん。
おいしい紅茶を入れて
おいしいイングリッシュ・マフィンを焼いて、
楽しいお話もいろいろ知っているけど、いつも一人ぼっち。

で、ここはいっちょう猫を飼おうと思いつくわけです。

ペットショップに行くと、そこには可愛らしい子猫ばかり。
お店のお姉さんには、
年寄り猫なんて可愛くもないし寝てばかりで、
欲しがる人なんていません、と言われてしまいます。
とっくに可愛くもなく、ごろごろしてばかりのPutterさん、
やっぱり子猫は要らないんです…。

やっと見つけた年寄り猫と二人(?)、まったりしている描写が
たまりません。(Mr. Putter and Tabby Pour the Tea)

かと思うと、どうしても梨の御菓子が食べたいのに、
寄る年波で、たわわに実るわが家の梨を取ることが出来ないPutterさん。
昔とった杵づかで梨を取ろうとするのですが…
(Mr. Putter & Tabby Pick the Pears)

といった、ペーソスあふれるお話が展開します。

年を取ってしまったので、雪の日に外で遊べないPutterさん。
(Mr.Putter&Tabby Write the Book)

子ども時代の夢だった飛行機を手に入れるけど、
やっぱり子どもに譲ってしまうPutterさん。
(Mr.Putter&Tabby Fly the Plane)

Putterさん自身はそれはそれで諦めて、上手いこと他の楽しみを考えつくのですが、
年を取ることの哀しさは、やはり惻々と胸に迫ります。
しかし最後には、読者をほっとなごませて終わる。
ニクい、実に心ニクい展開のお話であります。

シリーズは10冊以上あるんですけど、読み出すと止まりません。
私のお気に入りは、上の 4冊以外に、

・Mr.Putter&Tabby Feed the Fish
意を決して魚を飼うことにしたPutterさん。
でも、ワクワクしてるご本人以外にも、ワクワクしてるのがもう1匹…

・Mr. Putter & Tabby Paint the Porch
いつも玄関先のポーチでお茶してるPutterさん。
いいかげんペンキを塗り替えようとするのですが、次から次へと邪魔が入り…

Cynthia Rylant著
Harcoutr Brace&Company
[PR]
by silverspoonsjp | 2008-05-24 22:45 | 英語の本 | Trackback | Comments(2)

ボヌール

以前に、ミュゼ浜口陽三で開催されていた南桂子の展覧会を見る機会があり、そのとき会場で見て以来、買おうかどうかずっと迷っていた画集でした。

気に入っていた鳥の絵が載ってなかった(泣)ということもあるんですが、荒くれ者なものですから、どうもこのメルヘンチックすぎる世界について行けない感じがしたからです。

もちろん、メルヘンチックに見えるというのはこちらの勝手な取りようであって、よく絵を見ると、ふわふわしたモチーフの中に驚くほど強固な意志がのぞいているのが、ありありと伺えます。

もう一度見てから考えよう…と、後日本屋に行くと、巻かれた帯に、谷川俊太郎の言葉が載っているのに気づきました。

物語は立ち止まり 詩は口をつぐむ
見つめる私たちを 見つめ返す絵…


これ以上的確に、この画の本質を捉えた言葉があるでしょうか。
中味の詮索はたちまちどうでもよくなり、この帯の文句を眺めるためだけに、
本を買ってしまいました。

恐るべし、谷川俊太郎!

南桂子 著
リトルモア
2940円
[PR]
by silverspoonsjp | 2008-05-21 23:39 | 素敵なヴィジュアルの本 | Trackback | Comments(0)

鉄のバイエル

昨日のエントリーのつづき。(まだやる気?)

何かホント、あちこちに短い音楽が溢れてるよなーと思って歩いていたら、東京堂のふくろう店のすみっこに置いてあった「鉄のバイエル」という本が目にとまりました。

「鉄の掟」「鉄の結束」「鉄のバイエル」…という訳じゃなくて、鉄道駅の発車チャイム音をピアノ譜にした本です。(東日本版と銘打っていますが、販売も限定なのでしょうか…?)

確か昔どこかで、発車音をベルから音楽に変えたときの苦労話を読んだことがあるように記憶してるのですが(別のホームのメロディが混ざって聞こえても不快にならないようにとか…)そこの会社の方が出した本なのかと思ったら、耳コピーして楽譜を起こしたそうですね。帯によるとTVでも話題だそうで、確かに潜在的に待ってた読者は多そう(笑)。

だけど曲が短いから練習したってどうなるってものでも…と思ったら、Amazonの該当ページにに動画があって、聞き惚れてしまいました。ちゃんと1曲として完成してるんだなと感動したり…(駅で発車時に、メロディの途中で止められると腹立つんですよねーひそかに)。メロディを聴くと、各駅独特の雰囲気がありありと思い起こされます。

この本の話題からは離れますが、発車ベル以外にも、電車にまつわるメロディーっていろいろありますよね。ロマンスカーの警笛(?)とか、電車の接近アナウンスの音楽とか。私が好きだったのは、チェコのプラハの地下鉄で流れる、モルダウの曲です。「次は◎◎駅」というアナウンスの前に、オルゴールのようにちらっと流れるんですが、毎回とてもなごみました。

松澤健 著
ダイヤモンド社
[PR]
by silverspoonsjp | 2008-05-19 22:10 | センス・オブ・ワンダーの本 | Trackback | Comments(2)
a0003079_22104635.jpg
神保町の裏メインストリート(って変な言い方ですが)、すずらん通りも、変わらないように見えてほんの少しずつですが変化があります。

地方出版の息吹を伝えてくれた「書肆アクセス」が閉店し、一等地に「ドトール」が開店、そして仏具やさんだったところにインパクト大な看板が目印の「ボヘミアンズ・ギルド」が移転して来ました。

元のお店は偶然通るってことはありえないんじゃないかと思うような場所にあったため(それなのに偶然通りかかったのですが)滅多に行かなかったのに、移転後は良く目立ち、立ち寄るお客さんも多いようです。

通り沿いに並べられた本棚には、メインの美術書以外の本におっ、と思わせるものもあって、ついチェックしてしまいます。2階はギャラリーになっていて、先週は「ヴィジョネア」が入荷してました。横田稔の「草原の手帖」とか、見てみたいですがお値段がねー…(エコー)

若い店員さんが何人も店番しているのも、あまり神保町じゃ見かけない光景です。ぜひ頑張って頂きたいものです。

お店のHPはこちら
[PR]
by silverspoonsjp | 2008-05-17 22:22 | Trackback | Comments(0)

私の保存食手帖

最近早く帰れるものだから、夕食も家で食べてます。
そんなの、当たり前じゃないー!とお叱りを受けそうですが、やっぱり帰宅が9時過ぎると、作って食べて10時半、毎日は疲れるんですよね…。
人間らしい生活をしようと思ったら長時間労働はダメだなーとしみじみ感じる次第。

ということで、この時期は例年、たまにしかやらない料理をやるもんですから、ダシを取ってみたり材料に凝ってみたり。まさに、男の料理ってヤツ?(←地道に料理をされてる男性の皆さまごめんなさい)

で、ついつい秋になったら使わ(え)ないのにー!と思いながら、ホームベーカリーを買ったり、電子レンジを買ったり(先月まで、トーストを焼いたり冷凍食品を解凍したりはガスグリルでやってたんです。目を離さなければ、流行りのスチームオーブンよりおいしくできるスグレモノなんですけどね…)、クック膳を買ったり、さんざん無駄遣いしてしまいました。(蛇足でございますが、クック膳というのは、電子レンジで使う調理用の容器です)

ちなみに、これってTVショッピングで売れてる商品なんですってね。TVも見ない拙宅でなんでクック膳なんか買ったのかというと、なんと使い方指南書とセットで、容器本体まで本屋で売ってたからなんですよ!!(すっかり丸善oazo店の策略に嵌っている) しかしまあ、おかげさまで大変重宝しております。買って以来、使わない日はないくらいの活躍ぶり。プラスチック製なのが微妙に気になるけど(同じ仕組みで耐熱ガラス製とか陶器製って出来ないのでしょうか…)

ええーっと、本題から逸れまくっておりますが、そんなお家でお料理ムード絶好調の折、またまた本屋で見かけてしまいましたのが表題の「私の保存食手帖」でございます。

初夏って一人暮らしを始める人も落ち着いたころだし、梅やらっきょうなど保存食用の食材が出回るので、こういう本を出すにはタイミングが良いんでしょうね。

春のいちごジャムに始まって、春夏秋冬、いろいろな保存食の作り方が50ほど載っています。それぞれの保存食を使ったレシピなども載っているので実際はその倍くらい使える感じ。

実際、ジャムだの梅酒や梅干しだの、別に本なんか見なくたって作れるんですが、この本は写真がキレイでレイアウトもすっきり素敵だったのでつい買ってしまいました。たぶん、編集側も眺めるだけの人をかなり見込んでるんじゃないかと思います。だって、料理本なのにカバーがマット加工なんだもん。普通、料理の本は濡れるからPP貼りにするでしょ?でも、この質感が、中味に絶妙にマッチしてるんですねー。

そして、去年、あの赤いフタがどうしても気に入らず、中味を飲み終わったら速攻処分してしまった梅酒ビンの代わりにフタまで総ガラスの梅酒ビンを「私の部屋」で買ってしまいました。

ああー、どこまでつづく、散財よ…!!(憎)

飛田和緒 著
扶桑社 1400円
ISBN 9784594056223
[PR]
by silverspoonsjp | 2008-05-15 20:23 | 素敵なヴィジュアルの本 | Trackback | Comments(6)
(以下の講演に言って参りました。詳しくはこちらのエントリーにて)

千代田区立千代田図書館にて、
「日の名残り」「わたしを離さないで」等々、数々の名翻訳をされている土屋政雄氏の講演会があります。

この方の訳文は素晴らしいなといつも思っておりましたが、産業翻訳から出発された方とは存じませんでした。

以下、千代田図書館のHPより

開催日時 2008年5月27日(火) 18:30-20:00
場所 MIW 交流サロン
( 千代田区男女共同参画センター/千代田区役所10 階)
※千代田図書館と同じ建物内です
定員 25名(申込先着順)
参加費 無料
申込方法 お電話または千代田図書館10階カウンターにてお申し込みください
※事前申込制(先着順)
※受付時間 月曜日~金曜日 10:00-18:00
※申込受付開始しました
お問い合わせ 千代田図書館 イベント受付担当
TEL:03-5211-4289・4290

[PR]
by silverspoonsjp | 2008-05-13 00:16 | 本にまつわるエトセトラ | Trackback | Comments(2)

【四谷】ドン・ポスコ

a0003079_2365397.jpg
専門書店というのは、門外漢にはただでさえ敷居が高いものなんですが、宗教関係というと高い敷居にプラス門の狭さが加わるとおぼしく、なかなか入りづらいものです。

その中では、キリスト教関係書店は入りやすい方なんじゃないかと思いますが、いかがでしょうか…?

東京には、銀座の一等地に鎮座まします「教文館」、お茶ノ水のCLCなどの専門書店があります。前者には楽譜やCDを探しに良く行きますが、四谷駅至近のこちら「ドン・ボスコ」は、規模としてはこぢんまりしているものの、店構えなどもなかなか渋くてどことなくイタリアの街にある同業のお店みたいな感じ(?)というか、雑貨屋さんか手芸用品店みたいな感じで私は好きですね。

本当はありがたい教えや聖人の生涯などを記した本を買い求めるべきなのでしょうが、ついつい「巻き毛グッズ」に心を奪われてしまうのは、俗世間に生きる者として致し方ないところでございましょう(←おまえだけだろ、という天の声はこの際無視)。大天使ミカエルの木彫りフィギュアが何とも良いんですが…(お値段もお手頃ですし)。

わざわざバチカンまで行かなくても、バチカングッズがいろいろ揃うあたりはカトリック系の書店ならでは。その他、普通めったに見ることのない典礼用品や綺麗なメダイ、ロザリオほか教会グッズも揃っていて、しかも大変お求めやすい値段なので、通りかがったら覗いてみてください。にわか信者だからって怒られることはありませんので…。

どんなものがあるかはドン・ボスコ社のブログをどうぞ。通販もやってます。お店にはもっといろいろ置いてます。
[PR]
by silverspoonsjp | 2008-05-12 23:39 | 書店めぐり国内編 | Trackback | Comments(4)

本をまるごと…。

「i tune」と「i pod」の登場で、わが家の有効利用体積は劇的に増加しました。押入一つ占領していた音楽資料がハードディスク1枚に収まり、アクセスも簡単。

そうなると、次に大きな体積を占めている本も何とかならないのか…と耳元で、あ、クマがささやくのであります。本の場合、冊子になってる方がアクセスしやすいものもあるので一概には言えませんが、データになってると助かるなーと思う本が多いのも事実。

だけど1冊ずつスキャナーすると手が疲れるし、そのうちページ破っちゃうかもしれないしなーと思っているところへこのニュース。

本を1冊まるごとスキャンする機械
。非常にけなげであります。

前は確かこんな可愛らしい動きだったのに、格段にオトナっぽい動きになっていますな。(はい?)

しかしながら、サイズを見ると本棚以上に場所を取りそうですね。

Googleで図書館の本をデジタル化するプロジェクトがあると聞いていますが、ひょっとしてこういう機械を使っているのでしょうか。

さて、以前、貴重な資料の複製を作ったときの話を聞いたことがあります。データベース化する話ではなく、展示用にレプリカを作るのですが、それでも印刷所がもっている高解像度のスキャナを使ってまずデジタル画像を作るんだそうです。ファイルも莫大な容量なのだとか…。

それを紙に刷るんですけど、現物と同じような紙、綴じ糸(古いので変色している)にするのが、また大変らしいです。

そうやって、ホンモノそっくりに刷ったレプリカではありますが、通常の内容研究の時にはやっぱりスキャンしたデータの方を使うそうです。
[PR]
by silverspoonsjp | 2008-05-09 23:19 | 本にまつわるエトセトラ | Trackback | Comments(2)